LifeStyle

30代の僕にあって良かった7つのスキル【成長を止めない方法】

こんにちはタロウです。

ライター、輸入、ブログなどをしながら海外ノマドとして生活しています。現在は、フランスのイヴォワールという場所で暮らしつつこの記事を執筆中です。

この記事を書いている僕は現在32歳。

ライター業では転職系の記事も書いていますが、その中で「30代 スキル」というキーワードが気になりました。

ググって検索画面の上位に表示されるのは、どれも転職するために必要なスキルを紹介しているだけで根本的な解決になっていないような…

ということで、今回は30代で海外生活とフリーランスを両立している僕が「あぁ。自分このスキルあって良かったな」と経験上思ったことを語ります。

30代の僕にあって良かった7つのスキル

会社員、フリーランスともに資本主義の社会で生きるには、人間としての価値を打ち出していかなければいけません。

しかし、だからといって「あなたには〇〇のスキルがあればOK」という表面的な意見は、社会で生きる僕たちの解決策にはならないはずです。

ここでは、僕が持っている本質的なスキルの中で良かったなと思えるものを紹介します。本質的なスキルなため、抽象的なものばかりですが「30代になって、その気持ち忘れてた!」と何かしらの気づきになれば幸いです。

1.失敗を恐れないし成功だけを求めてない

1つ目のスキルは失敗を恐れないし成功だけを求めていないこと。

過去の経験から言えることは、簡単に成功することほど長続きしないということです。

なぜなら

  • 簡単に成功する方法=誰でもできること
  • 真似される=価値がなくなる

ということでして、ビジネスでも会話術でも何でも同じだと思います。

30代になると失敗を恐れて新しいことに挑戦しにくくなる人は多いはず。だから心のどこかで「簡単に成功する方法ないかな?」と探してしまうものです。ただ、残念ながら簡単に成功するものは長続きしませんし、スキルの足しにもなりません。

僕は30代ですが、失敗を怖いものと捉えていませんし、成功することだけを求めてもいません。何かを始めてすぐに成功できたら、そりゃ嬉しいですが、それこそ怖いです。

失敗した数が多いからこそ真っ当な方法で成功を掴めた

この考え方って何かに挑戦する時にめちゃくちゃ大事なスキルになるんじゃないかな。

2.偏見を持たず若い世代から学ぶ

2つ目のスキルは、偏見を持たずに若い世代から学ぶこと。

Twitterなんかを見れば分かりますが、びっくりするくらい努力と失敗を重ねつつ大きな結果にコミットしている若者が沢山いるんですね。

僕は30代ですが、がむしゃらに頑張っている20代や10代から学ぶことが沢山あります。

一昔前は

  • 若い世代=下積み時代
  • 年配の世代=地位を確率

みたいな流れでした。

でも、今の時代、10代で会社を経営している人が普通にいたります。にも関わらず30代だからって若者を批判する人も沢山いますよね?でも、自分より結果出して挑戦し続けている若い世代を批判することにメリットはないはず。

年功序列の風潮が残っていた時代なら、年配=有利でしたが今は全く違います。

だからこそ、僕は若い世代からエネルギーをもらいますし、同世代で新しい挑戦を始めた人を絶対に否定しません。

 人を否定する=自分の行動範囲が狭くなる

ということでして、どんなにバカらしいことをしている人でも、それは道の途中だからであり経験値的にはとても有意義な時間なんじゃないかと。

若い世代から学ぶ姿勢や偏見を持たないことも1つのスキルだと思っています。

3.どんな情報も自分と向き合って考える

3つ目のスキルは、どんな情報も自分と向き合って考えること。

良い意味でも悪い意味でも型にハマりやすい30代って、物事をテンプレート的に考えやすくなるきがします。

「〇〇をする方法」でググって出てきた情報を鵜呑みにしたり、テレビで言っていることをそのまま信じてみたり…

僕は海外生活をしつつ仕事をしている海外ノマドですが、訪れる国で実際感じたことと、ネット上にある情報は一致しないことを痛感しています。何でもそうですが、情報と現実には常に何かしらのギャップがあるものです。

だからこそ

  • 情報を鵜呑みにしない
  • 自分の頭で考える

ということが1つのスキルだと感じます。

例えば、ネット上にある表面的な情報を読んだだけで

「腹筋をシックスパックに割るには、1日腹筋を100回すると良いよ」

みたいなアドバイスをする人いますよね(笑)間違ってもこういった人間にはなりたくないなと。

ちなみに単純にシックスパックの腹筋を手に入れたいだけなら

  • 基礎代謝を上げるために全身の筋肉量を上げる(全身筋トレ)
  • 体脂肪を下げるために基礎代謝以下の食事をする

という流れで誰でも確実に成果が出せます。人間の体の構造上、脂肪を燃焼させるにはカロリーカットか代謝量を上げるの2択しかないからですね。

4.本を自分の経験に結びつける

4つ目のスキルは、本を自分の経験に結びつけること。

読書が好きな人は沢山いますが、そこから自分の経験に結びつけるための具体的な行動に出る人は少ないです。

個人的には

読書=情報のインプット

でして、本から得られた情報は自分ごととしてアウトプットして初めて意味をなすと思っています。

特定の分野に詳しくなりたい時は

  1. その分野の本を5冊〜10冊ほど読む
  2. 読書の中で得た情報を発信or実践

である程度の知識を補完できますね。

ここで得た知識を元に、何かしらの行動に活かすことで自分の経験になるんです。自分になかったアイデアをインプットして新しい行動を起こす。これはスマホにアプリをインストールして新しい機能を追加するのと全く同じです。

フリーランスの仕事が上手くいかない時でも、本を読むことで一筋の光が見えてくることは沢山あります。これも成長を止めないためのスキルと言えるはず。

あのね…kindleのね…【ハイライト・メモ】が便利すぎて泣けるの 紙の本にこだわる人もいますが、Kindleのハイライト・メモという便利すぎる機能を使いだしたら、もとには戻れなくなるかも。効率的...

5.情報も人も嫌だったり合わなかったら逃げる

5つ目は、情報も人も嫌だったり合わなかったら逃げること。

僕は場所や時間に囚われない働き方を選びました。海外ノマドという生き方を選んだ1つの理由に自由に移動できるというポイントがあります。

人、環境、情報が自分に合っていないと思ったら、すぐに移動可能です。僕はこれを「逃げる」と言います。ほとんどの人が「逃げる」というキーワードをネガティブに捉えますが、これは自分を正常に保つ1番のスキルかなと。

ネット、テレビ、雑誌などのメディアの戦略は年々高度になっており、1つの場所でじっとしていると良からぬものに洗脳されてしまいます。

全ての物とバランス良く距離をオクことができる(逃げることができる)海外ノマドという働き方を身につけるのは、これから精神、体ともに健康に生きていくためのスキルと言えるはず。

6.落ち込むより可能性にワクワクする時間が長い

6つ目は、落ち込むより可能性にワクワクする時間が長いこと。

30代で何かに挑戦して失敗したりすると、落ち込んで立ち直るまでに時間がかかる人もいますよね?1日の中でネガティブな時間が長いと、毎日が悶々としてつまらなく感じたりします。

僕は大きな失敗をしたらもちろん落ち込みますが、とは言えワクワクしている時間の方が長かったりします。

  • 失敗から学べたね!
  • 次失敗したら終わりだね!
  • 今の挑戦が終わったら次何したい?

こんな感じで次のプランを楽しみになるんです。

どんなに失敗しても、次のことを考えてればネガティブになりません。仕事や人間関係でミスを犯しても、次、次、次とただ進むだけ。少々、無責任な言い方をすれば「どうでもいい」くらいの感じですね(笑)

日々、ワクワクする感情がなくなってしまうと、何もかもつまらなく見えてしまいます。これでは、どこに誰と出かけようとつまらない人生に感じるはずです。30代だろうが40代だろうが、1日1日を楽しんだ人の方がお得ってもんですよね?

楽しむ→ワクワク→落ち込まない

ということは、1つのスキルと言えるはずです。

7.継続が得意だけど潔くやめる

7つ目は、継続が得意だけど潔くやめるということ。

僕は、どんなにつまらない仕事でも良いところや楽しいところを見つけて継続するのが得意です。アルバイト時代は、ひたすら冷蔵庫を洗うなんていう仕事も体験しました。

「20代後半で何やってんだろう」と感じたこともありましたが、綺麗に洗うという目的を果たすために淡々と作業できました。輸入物販の商品リサーチも黙々とできますし、ライターの執筆業も継続しています。

ただし、自分の中で「もういいや」と思ったことは、どんなに儲かろうがやめます。これは1つのスキルかなと。またフリーランスとして正しい選択をしていく上でも重要だと思います。

30代になると嫌いな仕事なのに「給料が良いからやめられない」みたいな感じの人も増えてきます。

  • 嫌だけど〇〇だから仕方ない
  • 嫌だけど〇〇までは続けなきゃ

みたいな感じだと、永遠に終わりが来ないかなと。

なので、僕はやれるところまでやって、自分に合ってないと思ったら、キッパリやめます。仕事をする上では必ず人間関係がありますが、自分に合ってないと感じた人とは仕事しません。経験上、この生き方の方が全てにおいて上手くいっています。

継続する力と潔くやめる力も持ってて良かったスキルと言えますね。

30代はもっと楽しんで生きるべき

30代に必要なスキルなんて、実際なんなんでしょうかね(笑)

僕は何歳になっても、その時を楽しめる人間が1番強いと思いますし、人、金、物、情報などに依存してない人が最強だと思っています。今を楽しんでいれば自然と成長もできるはず。

僕はバックパック1つで世界を転々としています。当然持ち物も限られるので物に依存する生活を捨てることができました。スマホにKindleをインストールして読書しつつ2万円の格安PCで日本円を稼いでいます。

依存せず直感で生きつつ、出会った人とコミュニケーションしているとネガティブにならず成長していける自分がいるんですね。

今、30代のあなたが「なんかパッとしないな」とか「表面的なことに気を取られてるかも」と感じるなら、日本を飛び出してみるのもおすすめですよ。

まだ30代なんだし、好きなことしつつ楽しく成長していきましょう!

海外ノマドの持ち物【僕はバックパック1つで世界中どこでも行ける】 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は海外ノマドとして「仕事×旅」をかれこれ8ヶ月以上続けています。今回は海外ノマ...
【行動派限定】フリーランス×旅を実現するステップを簡単に解説します この記事はこういった方に向けて書いています。 僕は、2018年5月にタイへ出発して旅×フリーランスという生活をスタートしました...