Work

【即解決】行動力を高めるシンプルすぎる方法:3ステップで完了です

Gimonさん
Gimonさん
行動力が高い人間になりたい!成し遂げたいことはあるのに、行動しないで終わっちゃう自分が嫌だな…根本的に改善するための方法があれば知りたいな。

こんな疑問に答えます。

僕は全くスキルのないことに挑戦してフリーランスになりました。
のろまなりに行動した結果、次のような変化を体験することになります。

 

はじめた当初

成長した結果

期間

輸入物販

10万円仕入れて1,000円の利益

Amazonのあるカテゴリーでベストセラー

1つの商品で月収30万円(月1回の労働)

3年

ライター

文字単価0.3円

文字単価3円

一部案件を外注化

2年

ブログ

月1,000PV・収入ゼロ

月4万PVほど

収益4万円ほど

2年

以前の僕はバンドマンしながら日雇い派遣という生活を10年くらいしてました。今現在は、上記の仕事を軸にして世界を転々とする海外ノマドをしています。

亀のような成長スピードの僕ですが、行動することで人生が変わりました。

この記事が行動力を高めたいあなたの役に立てば幸いです。

行動力がない人の根本的な原因

行動力がない人の根本的な原因は「しない」か「やめちゃう」ですよね。

粘り強く行動しつづければ、確実に目標へ近づくのは明らかです。

ということで、行動力がない人の根本的な原因を次のように定義しました。

  • 全くしない
  • 完成しない
  • 途中でやめる

今の僕もそうですが、フリーランスになる前の僕は100%上記のような人間でした。

行動力がない人の原因①全くしない

「こんなふうになりたい!」と思ったものの、目標達成のための行動を全くしない人は行動力がないと言えます。

  • 面倒に感じてしまう
  • リスクを考えすぎ
  • できるか自信がない

上記のような人は、行動する前に心の奥底で「やりません」と選択します。

頭では「挑戦したい!」と思っていても、腹の底では「やりません」という感じ。
これだと、行動力は高くならず挑戦しない自分にストレスが溜まっていきます。

たちが悪くなると人の足を引っ張る

全く行動しない人の中には、自分の立ち位置を守るために行動してる人の足を引っ張るようになることも。

目標に向かって頑張る人に向かって

  • できるわけがない
  • そんなやり方じゃ無理
  • 時間の無駄だ

などと言ったりしますね。

行動していない自分に苛立って他人を批判するようになると、行動力は一行に上がりません。

行動力がない人は、目標について考えてはいるものの「挑戦する」という最も大事なことが抜けています。

全く行動しなければ、どんなに考えても目標達成できません。

【真実】環境を変えると人生は変わる:海外ノマドになった僕の体験談僕は2018年から海外ノマドになり、生活環境を変えることで人生が大きく好転しました。 それまでの僕は以下のように考えてました。 ...

行動力がない人の原因②完成しない

次は行動してみたものの完成しないタイプです。

これはいわゆる完璧主義者のことで「自分はまだまだだ」と感じて、成果を残すことがありません。キツイ言い方をすれば、行動していないのと同じです。

完成しない→発表しない→評価されない

目標達成するには、何かしらの成果を残していく必要があります。

  • ブログで稼ぐ→記事をアップする
  • プログラミングで稼ぐ→ポートフォリオ作る
  • ライターで稼ぐ→記事を納品する
  • 輸入で稼ぐ→仕入れて売ってみる

上記のような目標を達成するためには、誰かに成果を見てもらい評価されなければなりません。

完璧主義で成果物が完成しなければ、誰にも評価されず「まだまだだ」と自問自答する日々を延々と繰り返すことになります。

どんなに行動していても、成果として完成させなければ「口だけの人」というレッテルを貼られるのです。

「完璧」は一生かけて追い求めていくもの

成功してる人に限って「完璧にできた」という言葉を使う人は少ないです。
冗談半分で「俺は完璧だ」という人はいますが、別の話ですね。

行動力が高く成果を出してる人は「今できることは全部やった」と話します。

この文脈を紐解くと「完璧じゃないけど、今の自分のベストは尽くした」ということ。

つまり、行動力が高い人ほど完璧にできないことを痛感しつつ、ベストを尽くす努力をしているのではないでしょうか。

いろんな情報に惑わされて完成しない

情報を不必要にインプットすると動けなくなります。

  • 成功者Aの意見:ブログ記事は5,000文字以上にしろ
  • 成功者Bの意見:ブログ記事は3,000文字にするべし
  • 成功者Cの意見:ブログ記事の文字数は関係ない

上記のような情報を同時期にインプットしたら、考えすぎてしまいますよね。

はじめは5,000文字にしようとして書き出したのに、成功者BとCの意見を見て「どうしよう…」となり完成しないという感じ。

結論から言えば、記事によって最適な文字数なんて変わるでしょうし、何より記事を公開してみなければ結果は分からないものです。

これも行動力が低い根本的な原因になりますね。

行動力がない人の原因③途中でやめる

最後は途中でやめる人。

目標を達成するための行動を始めたものの、思ったように成果が出ないからやめてしまう。
結果、いつになっても達成できない→つまり行動力がないとなってるかなと。

  • ブログ書いてみる→記事ネタ思いつかなくて挫折
  • ライター始める→修正多くて挫折
  • プログラミング学習→分からないことが多すぎて挫折
  • 輸入物販→儲かる商品が見つからなくて挫折

大体こんな感じではないでしょうか。

「行動力が高い=結果を出せる人」と定義するなら、途中でやめてしまった人は行動力がない人になってしまいます。

これ非常にもったいないですね。

僕は正にこのタイプでした(今でも)

例えば、このブログは2017年からスタートしていますが、本格的に記事を書き始めたのは2018年12月からです。

  • ブログで稼ぎたい
  • アクセス伸びない
  • やっぱ無理

僕は上記の感じで挫折しました。

とはいえ、過去に書いた40記事ほどのストックから月数百円の報酬が発生していたので「大変でも頑張ってみようかな」と考えました。

2018年12月24日からは、ブログの毎日更新を決意し1日も休まず更新してきました。
結果、月4万PVと月4万円ほどの収入が得られるようになったんです。

周りを見れば「ブログ始めて4ヶ月で月収30万円」とかゴロゴロいて萎えますが、未完成ながら記事をアップし続けた結果が今に残っていると思います。

挫折することは悪いことじゃない

1つ言っておきたいのは、挫折は悪ではないということ。

目標に向かって行動しても、環境やマインドの影響で諦めてしまうことは誰にでもあるはずです。

ここで「自分最低」とせめてしまうと、次の行動が臆病になってしまうので「やめたい時はやめてもいいじゃない」くらいの感じも忘れないでくださいね。

努力を継続するコツは無理をしないこと!勢いでは失敗する理由も解説 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は毎日ブログを1記事執筆して、ライターのクライアントワークをこなす日々を送って...

行動力を高める本質は疑問解決と雑念に勝つのが鍵

行動力がない人から行動力の高い人間に変わるための本質を考えました。

結論「行動力が高い人=疑問解決と雑念に勝てる人」と定義できるかなと。

ということで、行動力を高める方法は次の通りです。

  • 雑念が湧いてくる場面を自覚する
  • 雑念に対して「No」を選択する
  • 時間をかけて疑問を解決する

詳しく解説していきますね。

行動力を高める方法①雑念が湧いてくる場面を自覚する

人間は「大変」とか「面倒」と感じた時に楽な逃げ道を探してしまいます。

そんな自分を自覚できるようになるのが、行動力を高める第一歩なんです。
なぜなら、自覚できればコントロールできるからですね。

ブログを例に出してみます。

  1. ブログ書こう
  2. キーワードを探してみる
  3. ネタが思い浮かばない←ここが雑念の湧くタイミング

ネタが浮かばない=大変・面倒」なので、もう1人の自分が「ちょっと休憩したら〜」と雑念をふっかけてきます。

ライターを例にしてみると

  1. 案件受注
  2. 記事を書き始める
  3. テーマが難しくて理解に苦しむ←ここが雑念の湧くタイミング

大体はこんな感じかなと。

どういった雑念が湧いてくるかと言えば

  • とりあえずYouTube
  • とりあえずTwitter
  • とりあえず読書

などですね。

行動力を高めたいのであれば、雑念に勝つことが大切なので、まずはどんなタイミングで雑念が湧いてくるのかをチェックしてみてください。

行動力を高める方法②雑念に対して「No」を選択する

雑念が湧いてきたのを自覚できたら、それに対して「No」と言う練習をしましょう。

「あっ今YouTube見ようと思っちゃってる」と気づいたら「No」という選択をして作業に戻る。

これを繰り返せば行動力は相対的に高まります。

勢いよりも落ち着くことが大切です。

「No」という選択をする際は、一度立ち止まって考えることが超重要です。

というのも雑念に流されてしまう原因は勢いだからですね。

  1. 作業につまずく:「分かんないよ〜!」
  2. 雑念が湧く:「YouTube見ながら休憩すれば?」
  3. 雑念に従う:「ラファエル新着出てるかな〜」

これは落ち着きがない証拠ですね。

  1. 作業につまずく:「はぁ分かんないなぁ」
  2. 雑念が湧くけど拒否:「YouTube見ながら…いやいや落ち着け」
  3. 作業に戻る:「とりあえず〇〇でググるか」

これだと目標達成に近づきます。

行動力の高い人になりたいなら、成果に直結する行動に時間を使う必要がありますよね。
だからこそ、落ち着いて雑念に「No」と言える訓練が効果的なんです。

行動力を高める方法③時間をかけて疑問を解決する

雑念に勝てるようになったら、後はひたすら疑問の解決です。

目標を達成したいなら、ゴールにたどり着くために分からないことを解決する作業を繰り返してみてください。これが行動力を高める最大のポイントかなと思います。

結局遠回りが一番の近道です

僕の経験談ですが、目の前に現れた疑問をどんどん解決することが目標達成の近道かなと。

行動力が低い時の僕は以下のようなパターンでした。

  • ライター案件開始
  • 難しい言葉が出現→「分かんねぇし面倒くさい〜」
  • YouTube見る→「まぁ明日やればいいべ」

面倒なことを先送りにしてるので、成果は出ず行動力も上がりません。

行動力が高くなった今の僕は以下のようなパターンです。

  • ライター案件開始
  • 難しい言葉が出現→「面倒だけど調べます〜」
  • また難しい言葉が…→「自分バカなんで調べます〜」

上記の繰り返しですね。

結果として時間はかかりますが「明日」にはならず、その日のうちに完了できています。

つまり、面倒だと思って手を止めてしまうのではなく、大変でも疑問を解決しつづけることで成果物を作ることができるんです。

漠然とした疑問に悩んだら「はい。まずは何が分からないのか調べましょう」と自分に言って作業する感じ。

行動力が高い人は、分からないことを分かるように努力してるのではないでしょうか。

行動力が高まると無駄な思考がなくなっていきます

本質的な原因を知って改善していけば、誰でも行動力の高い人に変われるはずです。

行動力がない原因

  • 全くしない
  • 完成しない
  • 途中でやめる

行動力が高い人になる方法

  • 雑念が湧いてくる場面を自覚する
  • 雑念に対して「No」を選択する
  • 時間をかけて疑問を解決する

目の前の分からないことをググりまくって解決していきましょう。

疑問を放置しても目標は達成できませんからね。

ということで、本日も大変で面倒な疑問の解決を、雑念に「No」と言いつつ行っていきます!

【なぜ?】考えると仕事の質が高くなるという話【思考法も解説】 この記事はこういった人に向けて書いています。 毎日何となく仕事をして、特に問題もなく終わっていく日常に危機感を感じていませんか...
【必読】フリーランス向け6つの自己管理術:思考停止でも成果を出す方法 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はフリーランス6年目で、何度も自己管理能力のなさに絶望してきました。そこから少...