Media

【必読】バンドマンがSNSで集客する方法:戦略と継続がとても大切

現在、バンドマンをしている多くの方が何かしらのSNSを活用しているはず。

しかし、SNSから実際にライブへ来てくれる人や音源を購入してくれる人がほとんどいないバンドも多いですね。

売れないバンドマンの集客方法と言えば

  • 友達を誘う
  • メールの一斉送信
  • ストリートライブ

なんかが一般的ですよね。

しかし、SNSを戦略的に活用できれば、第三者に知ってもらうキッカケを作ることができるんです。

無料で集客できるのであれば活用しない手はないですよね?

そこで、今回はバンドマンが最低限知っておくべきSNSの集客方法をお伝えします。

僕は海外を転々としつつオンラインの仕事で日本円を稼ぐ元バンドマンです。このブログは現時点で月36,000PVほどのアクセスがあります。そんな背景の僕がSNSを活用したバンドマンの集客方法について解説します。

バンドマンによくあるSNSの間違った使い方

ほとんどのバンドマンがSNSでアカウントを持っていると思います。

しかし、バンドのために開設したSNSアカウントで集客に繋がらない運用をしている方はとても多いです。

バンドマンにありがちなSNSの間違った使い方としては

  • 自分目線の発言しかしない
  • 具体性がなく分かりづらい投稿が多い
  • 内輪話がほとんどでプロ意識がない

などがあります。

自分目線の発言しかしない

バンドマンのSNSを見てみると、ファン目線でなく自分目線の発信をしている方が目立ちます。

自身のプライベートを紹介することは、ファンからすれば嬉しいかもしれません。しかし、あなたのことを知らない人からすると内容が伝わらない原因になります。

  • 今日〇〇食べたよ!
  • 実家に帰ってきました!
  • 昨日は〇〇で飲んでました!

上記のような発言は内容がなく、ユーザーがバンドのことを知ってくれるキッカケにはなりにくいです。

自分中心の内容を発信することは悪いことではありませんが、集客を目的としたSNS運用には向きません。

第三者はあなたのプライベートに興味ありません

残念ながらあなたのプライベートに興味を持っている人は、ほとんどいないのです。

有名なバンドのメンバーがSNSでプライベートを公開すれば、もちろんそれなりの反響があります。

しかし、無名のバンドマンが同じような投稿をしたらどうでしょうか?

人によっては有名バンドのようにプライベートを醸してるバンドマンに対してネガティブな印象を持っている方もいます。

  • 有名人気取りかよ
  • 興味ね〜よ
  • ってか誰だよ

上記のような感じで悪いイメージを持つ人もいるため、集客目的でSNSを活用する場合はプライベートな発言を極力控えた方が良いでしょう。

具体性がなく分かりづらい投稿が多い

バンドマンの投稿の中には具体性がないものも多いですね。

例えば、ライブ情報をシェアする際に情報が不足しているなどが典型的な例です。

  • ライブ日程
  • ライブ会場
  • 最寄り駅(から徒歩で何分か)
  • チケット料金
  • 出演時間
  • イベント内容

上記のような情報は最低限書いておくべき項目です。

ターゲットが明確になっていない

SNSを集客目的で使うならターゲットを意識しましょう。

例えば、あなたの身内だけに向けた発信なのであれば、不足情報があってもそこまで問題はありません。

しかし、第三者がバンドを知ってくれるキッカケを作り、最終的に集客に繋げたいのであれば、丁寧な解説が不可欠になります。

不足情報が多く、テキトーな投稿ばかりが並んでいるとユーザーは離れていってしまうものです。

具体性のある情報を発信することはSNS集客でとても重要な要素になります。

内輪話がほとんどでプロ意識がない

SNS集客が上手くいかないバンドマンの特徴として内輪話がほとんどというものがあります。

  • メンバーの友達
  • 仲良しのバンド
  • メンバーの家族

上記のような身内に向けた投稿やコミュニケーションが多いと、第三者は自然と壁を感じて入りづらさを感じます。

知らない人が入りづらいSNSを作ってしまえば、当然ながら新しい出会いを増やしていくことはできません。

内輪話はプロっぽく見えない

バンドマンがSNSで内輪話ばかりしていると、素人感が出て売れてないイメージに繋がりやすいかなと。

数あるバンドの中で少しでもファンを獲得していきたいなら、外に対して適切な情報発信が重要になります。

SNSはネット上のバンドの顔になる部分です。

ここで内輪話をするのはもったいないことですよね。しっかし戦略を立てて新しいファンの獲得に繋げられる投稿が好ましいと言えるでしょう。

バンドマンがやるべきSNS集客戦略

ということで、ここからはバンドマンが最低限理解するべきSNSの集客方法について紹介します。

バンドマンがやるべきSNS集客戦略には

  • ターゲットに対して有益な情報を発信する
  • 頻繁に更新かつ継続する
  • ライティングスキルを身につける

などがあります。

ターゲットに対して有益な情報を発信する

SNSで集客を狙うなら、ターゲットを明確にすることがとても重要になります。

どんな人にあなたのバンドを知ってほしいのか、そのためにどのような情報を発信すべきなのかということを決めることで、第三者にも届きやすい投稿ができるようになるはず。

ポイントはターゲットが求めている情報を発信すること。

例えば、20代のロックバンド好きなファンに向けて情報を発信するなら

  • 有名バンドの情報
  • 各ライブハウスまでの行き方
  • ロックバンドの豆知識

上記のような投稿を意識するだけでも、第三者からのアクセスは確実に増えます。

自身のバンドのことではなく、ターゲットにとって有益な情報を届けることで結果的にあなたのバンドを知るというイメージですね。

有益な情報の調べ方

ターゲットが求める情報を見つけるには、各SNSやブログなどで人気の投稿を参考にするのがおすすめです。

人気の投稿=話題がある=需要がある

人気がある内容の投稿などをあなたなりの意見を添えて発信するなどは、SNS集客の基本テクニックですね。

「どんな情報が有益なんだろう?」と考えるのではなく、需要がある情報を扱ってバンドを知ってもらうキッカケを作る。

まずは、みんなに読まれる投稿を心がけようということですね。

頻繁に更新かつ継続する

SNSで集客を狙いたいなら、更新頻度が多いに越したことはありません。

もちろん中身のない投稿は無視されてしまいますので、質を保った投稿にする必要があります。

例えば、Twitterを活用して集客を狙うなら1日10ツイートくらいはしたいところ。

露出量を増やしていろいろな人にバンドの存在を知ってもらうには、数を売っていくことも大切なんですね。

はじめは疲れてしまうかもですが、フォロワーが増えればSNSでの発信力も高まっていくので頑張っていきましょう。

コンスタントに更新してくのが最も効果的

SNSで情報を発信する際は、定期的に更新するのがおすすめです。

なぜなら、定期更新をすることで決まった時間に投稿を見てくれるリピーターが増えるから。

また定期的に更新していると、ちょっとしたプロっぽさも出てきます。

ターゲットに刺さるような内容の投稿を決まった時間に更新できるバンドマンは多くいません。

バンドマンとしてSNSを最大限活用したいなら、まずはネタを考えて定期更新を継続してみてくださいね。

ライティングスキルを身につける

ライティングスキルとは、文章を書く技術のことです。

SNSのほとんどが文章によって人に伝える行為になります。ここでライティングスキルを身につけたバンドマンの投稿があれば、かなり上位に立てるはず。

ほとんどのバンドマンが感想文のような投稿をしている中で、論理的な文章構造を持った投稿は読みやすく興味を持ってもらいやすいでしょう。

ライティングスキルを身につける方法

ライティングスキルを身につける最も効率的な方法は実践です。

各SNSに投稿する文章ができたら、一度その場で読み直してみましょう。

  • もっと分かりやすくできないか
  • もっとシンプルに短くできないか
  • 必要な情報はすべて入っているか

自分で書いた文章に対して、上記のような疑問をぶつけて改善点を探してみます。

誰が読んでも理解しやすい投稿を目指して試行錯誤するのがポイントです。

投稿は分析するべし

SNSでの投稿はあげて終わりにしてはいけません。

各投稿に対してどの程度の反応があるのかを分析することで、徐々に集客に繋がりやすい投稿のコツが分かってくるものです。

ただ、バンドマンによっては投稿に全く反応がないという方もいるでしょう。

そんな時は、アクセスの多かった投稿やいいね!がついた投稿などを分析することから始めてみます。

投稿の分析が冷静にできるようになると、SNSからの集客アップに繋げられる機会をどんどん増やしていけますので、ぜひ投稿→分析の習慣をつけてみてくださいね。

バンドマンだからこそSNSを上手に活用しよう

今までバンドのSNSをテキトーに考えて運用していた方は、今回紹介したちょっとした活用方法を実行するだけで、第三者への認知度を高めていける可能性があるのです。

無料にも関わらず、集客に繋げることができるSNSは金のないバンドマンにとって格好にツールになります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

など、活用できるSNSは本当に沢山あります。

各SNSでターゲットを定めつつ、有益な情報を発信してバンドの存在を世の中に知ってもらえるようにしましょう。

【届け】バンドマン=貧乏は違う!夢を追いながら金を稼ぐ方法を紹介 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は15歳〜28歳まで東京でアルバイトをしながらバンドマンをしていました。現在は...