Work

【ブログ】1記事にかかる時間は?半日→2.5時間になった方法も解説

[chat face="man1" name="Gimonさん" align="left" border="gray" bg="none"]ブログを1記事書くのに8時間かかるんですけど、みんなこんなに辛いこと続けてるんですか?できるだけ継続して更新していきたいから、少しでも早く記事を書ける方法が知りたい![/chat]

こんな疑問に答えます。

[chat face="IMG_0004.jpeg" name="Taro" align="left" border="gray" bg="none"]僕は2017年より、このブログを始めて現在では生活費を稼げるようになりました。しかし、ブログを始めた当初は、1記事書くのに10時間以上かかっていたことも…そんな背景の僕が、1日2.5時間で1記事かけるようになった方法を解説します。[/chat]

ブログを1記事書くのにかかる時間の目安

ブログを1記事書き上げるまでにかかる時間の目安は、正直言って決まっていません。

  • 日記みたいな記事:1〜2時間くらい
  • リサーチが必要な記事:3〜4時間
  • 文字数が5,000文字を超える記事:5時間以上

大体の目安は上記のような感じではないでしょうか。

ブログを始めて1年以内は時間がかかるもの

ブログを始めたての頃は、記事を書くのに何時間も費やすものです。

  • 記事の型が決まってない
  • 何を書こうか悩む
  • 何度も修正する

「良い記事を書きたい!」と思えば思うほど、時間がかかってしまうものですよね。

 

僕の場合は「記事を書く」という行動に慣れるまで1年以上はかかりました。

ブログ記事を書くのに時間がかかる理由:遅い原因

なぜ、記事を書くのに時間がかかるのか、原因を見ていきましょう。

  • 構成が決まっていない
  • 調べながら書いている
  • 執筆に集中できていない

構成が決まっていない

記事構成が決まってないと、当然ながら時間がかかります。

  • キーワード選定
  • 検索上位の記事を分析
  • 記事を構成

ブログで稼ぎたい人の多くが、記事を書く前に上記の流れを踏んでいるはず。

 

ただ、テキトーに記事構成を作って書き出してしまう方も多いのではないでしょうか。
こうなってしまうと、考えながら書かなきゃなので時間がかかります。

僕自身、ブログを始めた当初は記事構成の大切さを知らなかったので、時間を消耗していました。

 

明確に書くことが決まっていなければ、1記事書き終わるまでに時間がかかっても仕方がありませんね。

調べながら書いている

分からないことを調べながら記事を書けば、その分時間がかかります。

 

ブログ更新を継続している人なら、月に何度もこういった状況に遭遇するのではないでしょうか。
僕はライターでもあるので、調べごとをしながら記事を書くことがほとんどです。

  • 金利の低いカードローン
  • コスパの良い光回線
  • 2020年おすすめの副業

例えば、上記のようなテーマで記事を書く時は調査が必要になります。

 

記事を書く前に内容を理解しておくのが理想ですが、書いている途中で新たな疑問に遭遇することもありますよね。

リサーチしつつ書く記事は、どんなに経験を積んでも時間がかかるものです。

執筆に集中できていない

記事の執筆に集中できてないと、作業完了までに時間がかかります。

[chat face="man1" name="Gimonさん" align="left" border="gray" bg="none"]そんなこと知ってるわ![/chat]

本当にそうでしょうか。

 

人間、集中できてない状況を完全に把握できれば、解決策を見つけられるはずです。
にも関わらず、同じ失敗を繰り返しているなら、問題の本質を理解できていない可能性があります。

  • 誘惑に負けてしまうのはどんな時なのか
  • そもそも記事を書いている時間はどれくらいなのか

例えば「1記事書くまでに8時間かかった」としましょう。

ここでチェックするべきは実際の作業時間です。

  • SNSを閲覧した
  • 友達とビデオチャット
  • YouTubeやNetflix

上記のような行動を取っている場合、実際の作業時間は8時間よりも短いはず。

 

「何にどれだけ時間を使ったのか」を把握することで、時間の短縮はもちろん、集中して作業に取り組めるようになりますよ。

誘惑に負けて仕事が進まない時にやるべき7つの行動:論理的に解説

ブログ記事の執筆時間を高速化する方法

記事執筆に時間がかかっている方は、以下の方法を試してみてください。

  • 記事構成に時間をかける
  • 音声入力を活用する
  • スキマ時間にスマホで執筆

僕は上記の方法を使って、執筆時間を大幅に短縮できるようになりました。

記事構成に時間をかける

ブログ記事を早く書きたいなら、記事構成に時間をかけましょう。

 

見出しだけでなく本文の内容も明確にすると、最終的な執筆時間を短縮できます。
記事構成の時点で7〜8割ほど完成させてしまうイメージです。

  • 見出し①
    • 小見出し①(内容の大枠も記載)
    • 小見出し②(内容の大枠も記載)
  • 見出し②
    • 小見出し①(内容の大枠も記載)
    • 小見出し②(内容の大枠も記載)

こんな感じで記事構成をしていくと、構成を作っている段階で記事がほぼほぼ完成します。

 

あとは構成に沿って文章を肉付けするだけです。

記事構成にかかる時間の目安は大体1時間くらい見ておけばOKかなと。
僕の場合、実際に構成にかかる時間を計測してみたら30分でした。

 

「記事構成=面倒くさい」というイメージがあると思いますが、実際はそこまで時間がかかってない人も多いと思うので、サクッと行動しましょう。

キーワードは前日までに決めておく

ブログ記事のキーワードを当日に決めるのは、最も時間がかかる原因になるのでやめましょう。

 

「PCの前に座った途端、ネタが浮かばなくなる…」みたいな現象はブロガーあるあるです。
前日までに「明日は〇〇のキーワードで記事を書く」と決めておくと、翌日の執筆作業がスムーズにできますよ。

 

書きたいキーワードがまとまっていないなら、時間を作って「どんなキーワードでブログを作っていくのか」を明確にしておくと良いですよ。

【対策】ブログがめんどくさい人が試すべき方法:感情を排除しよう

音声入力を活用する

ブログを書く際のタイピング速度が遅い方は音声入力を試してみてください。

 

キーボードのタイピングって結構ストレスがかかるものです。

[box04 title="イラッとするケース"]

  • 変換ミスを連発
  • 半角英数で日本語を入力してた
  • 誤字脱字でDeleteキー連打

[/box04]

特にブラインドタッチできない人は、上記のようなミスをしてイラッとくることがあるでしょう。

 

音声入力なら「しゃべるだけ」でブログを執筆できます。
ライティングではなく、最早トーキングする感じですね。

僕自身、仕事に追われた時は音声入力を多用しています。

 

おかげで執筆時間が大幅に減りました。

音声入力ならスマホでも執筆可能

音声入力ならiPhoneやAndroidを使って執筆することもできます。

 

こと音声入力の使いやすさに関しては、PCよりもスマホの方が上です。
句読点や改行も「まる」や「かいぎょう」と声に出せば認識してくれます。

 

僕が音声入力を使う時は「スマホで下書き→PCで清書」する流れで記事を完成させています。

ライターに音声入力がおすすめな理由:iPhoneが最強!活用方法も解説

スキマ時間にスマホで執筆

携帯性抜群のスマホは、スキマ時間でブログ記事を書くのに最適なデバイスです。

  • 本業の休憩時間
  • 通勤電車の中
  • トイレでう○ちしてる時

例えば、音声入力なら電話してるふりしつつブログを書けます。

 

また、両手でフリック入力できるようになると、PCのキーボードよりも早くタイピングできるようになるらしいです(笑)

たった5分でも集中すれば小見出し1つくらい書けたりしますので、スキマ時間をなめてはいけません。

 

記事執筆に時間がかかると思っている方は、空いた時間を有効活用することも意識していきましょう。

ブログは続けるほど記事を書くのが早くなる

ブログは継続するほど、1記事にかかる時間を短くできるようになります。

 

経験を積み重ねつつ「どうやったら記事執筆を効率化できるかな?」と思考していけば、新しいアイデアが浮かんでくるものですよ。

[box02 title="本記事のまとめ"]

記事執筆に時間がかかる原因

  • 構成が決まっていない
  • 調べながら書いている
  • 執筆に集中できていない

執筆を高速化するコツ

  • 記事構成に時間をかける
  • 音声入力を活用する
  • スキマ時間にスマホで執筆

[/box02]

まずは「何を書くか」を明確にしてみてください。

 

ブログは継続するほど慣れてくるものなので、無理のない範囲で続けていきましょう。

【実体験】雑記ブログで月10万円稼ぐには?達成のコツやタイミング

-Work
-

© 2020 Taro Moteki