Work

【楽勝】ブログで1000文字書けないあなたに知ってほしい真実の話

Gimonさん
Gimonさん
ブログ始めたけど、1000文字以上書くのがシンドすぎる…他のブロガーの記事を見ると、みんな3,000文字以上書いてたりして萎える。ブログで1000文字以上書くには、どうしたら良いんだろう?

こんな疑問に答えます。

僕はブログ歴2年以上、現在は月10万円ほど稼いでいます。しかし、ブログを始めたばかりの頃は1000文字以上書くのに苦労しました。そんな背景の僕が、ブログで1000文字以上書けないあなたへアドバイスします。

ブログで1000文字書けないあなたに知ってほしいこと

過去の僕もそうでしたが、初心者が1000文字以上書くのって以外と難しいです。

というのも、初心者と玄人ではブログに対する”見方”が全く違うからですね。
ここでは、ブログで1000文字書けないあなたに知ってほしいことを解説します。

  • 初心者は1記事8時間くらいかかります:覚悟しよう
  • ブログは読者の問題を解決するためにある
  • 1000文字以下の記事を量産しても稼げない

初心者は1記事8時間くらいかかります:覚悟しよう

残酷なお知らせですが、ブログ初心者が読み応えのある記事を書こうとすると、8時間ほどかかるかなと。

初心者は「ブログは文章を書くだけだから、そんなに時間はかからないだろう」と考えがちです。
しかし、実際はプロブロガーで早い人でも3時間ほど、時間を書ける人なら5時間以上がザラにいます。

つまりブログを書くのは時間がかかるということです。

初心者はブログに対する覚悟が足りない→だから挫折する

沢山の人がブログに挑戦するのに、稼げる前に挫折してしまう理由は安易に考え過ぎだから。

  • 初心者:記事を書けば稼げるんでしょ
  • プロ:毎日が真剣にブログと向き合う

ここですね。

例えば、会社で「1日1000文字以上のブログを2記事書け」と言われたら、あなたは恐らくできるでしょう。

しかし、自身で運営するブログになると急に手が止まってしまう…

これは

  • 教えてくれる人がいない
  • タダ働き状態だからモチベーションが湧かない

という2つの問題があると思います。

ブログを書くのはガチで時間がかかる

この事実は常に心に留めておいてくださいね。

ブログは読者の問題を解決するためにある

ブログの存在意義って何のためにあると思いますか?

「自分はブログで稼いでいきたいから、、、やっぱり稼ぐためのものかな」

上記のように考えた方は、ちょっと誤解しています。

ブログの存在意義は読者の疑問を解決するためにあるんですね。
Googleが検索結果でブログを評価するのは、あなたを稼がせるためではなく検索した人に最適な回答を届けるためです。

つまり、自分の私利私欲を優先して考えると、ブログで成果を上げることはできません。
ブログで稼ぐには、ボランティア精神が必要なんですね。

ブログは親友の悩みを真摯に答えるようなもの

めちゃくちゃ親しい親友から悩みを相談されたら、恐らく誰でも1000文字以上の言葉が溢れてくるでしょう。

  • 悩みの本質を理解する
  • どんな言葉をかければいいか考える
  • 最適な回答で親友を励ます

例えば、親友だからこそあえて厳しい言葉を使うこともありますよね。

後は理解を示して相手の気持ちに共感したりなど。

転職に関して本気で悩んでる親友に対して「それなら〇〇の転職エージェントに登録すればOK」なんて回答はしないはず。

ブログも全く同じで、相手と同じ目線になって必要な情報を提供する気持ちが大切なんです。
この気持ちを持っていれば、ブログで1000文字以上書くことは難しいことではありませんよ。

1000文字以下の記事を量産しても稼げない

残念ながら、1000文字以下の記事を量産してもブログで稼ぐことはできません。
なぜなら、1000文字以下では情報量が圧倒的に足りないからです。

例えば、あなたが「どの転職エージェントにしようかな」と悩んでいたとします。

ここで、以下のような構成の記事だったら、あなたはどう感じるでしょうか?

  • 転職エージェント3選:600文字
  • おすすめは〇〇!:200文字
  • 転職エージェントに登録しよう:200文字

僕がこんな記事を見つけたら、最後まで読まずに次のブログを探します。

なので、僕なら下記のような構成にするかなと。

  • 転職エージェントおすすめ5選:1000文字
  • 各転職エージェントのメリット・デメリット:1000文字
  • 各転職エージェントの口コミ・評判:1000文字
  • 各転職エージェントに向いている人の特徴:500文字
  • 転職エージェントでよくある疑問:500文字
  • まとめ:300文字

読者が納得して転職エージェントに登録するのに必要な情報を入れる感じです。

疑問には次の疑問が浮かんでくるものなので、網羅的な情報が必要なんですね。
「なぜ?」を突き詰めていくと、1000文字はあっという間に超えます。

逆にいうと、1000文字に満たない記事のほとんどが「読者の悩みを解決できない記事」なのかなと。

悩みに寄り添って、解決に導いていない記事をGoogleは評価してくれません。

結果「どんなに記事を量産してもアクセスが集まらない」という悲しい結末になるブログが生まれる。
ブログで稼ぎたいなら、しっかり疑問を解決できる記事を意識しましょう。

ブログで1000文字以上書くための基礎知識

ということで、ここからはブログで1000文字以上書くための基礎知識を解説します。

  • 記事を書く際はライバルの記事を参考にする
  • 1つの大見出しで500文字以上書く
  • 余計な情報を盛り込まないように注意する

僕自身、ライターで様々なクライアントの記事を書いてきましたので、そこそこ説得力はあるかなと思います。

「1000文字も書くことないよ…」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事を書く際はライバルの記事を参考にする

ブログで検索上位を狙う場合、既に検索上位にあるライバルの記事を参考にしましょう。

というのも、検索上位の記事には読者にとって必要な情報がしっかり入っているから。
だからこそ、読まれているわけで、結果的にGoogleも評価しているわけですね。

  1. キーワードでググる
  2. 検索結果1ページ目の記事を全て読む
  3. 必要な情報を分析して記事を作る

上記の流れを踏まえれば、1000文字以上書くのは難しくないですよ。

記事の構成を分析する便利ツール

「とはいえ検索1ページ目の記事を全部チェックするのは辛い」という方は、見出しだけ抜き出せる便利ツールを活用しましょう。

おすすめは「見出し(hタグ)抽出 」です。
このツールを使えば、上位の記事がどんな構成になっているのか簡単に確認できます。

見出しの抽出は以下3ステップで完了します。

  1. h4」にチェックを入れる
  2. キーワードを入力
  3. 検索上位サイトから抽出」をクリック

検索上位サイトから抽出」をクリックすると、上位サイトの情報がズラッと一覧で表示されます。

特定の記事をクリックすると、記事の構成を確認できます。

h2、h3、h4」という表記は見出しの表記を表しています。

  • 大見出し:h2
  • 中見出し:h3
  • 小見出し:h4

見出しを使って、段落を分けることで読者に内容が伝わりやすくなるんですね。

ライバルの記事を参考にすれば「何を書くべきか」が分析できます。
この情報を参考にしつつ、構成や内容を決めていきましょう。

構成ありきで記事を書くこと

ブログ記事は、記事の構成を決めてから書きましょう。

  • 構成を決めて書く:スムーズに書ける
  • 構成を決めずに書く:筆が進まない、内容にまとまりがない

上記のように構成を決めてから記事を書くことは最早必須です。

構成を決めずに記事を書くと、後から見直した時に「なんて分かりにくい記事なんだ」と萎えてしまいます。
ブログを書く時は内容を明確にしてから執筆するようにしましょう。

1つの大見出しで500文字以上書く

絶対ではありませんが、1つの大見出しで500文字以上書くことを目指しましょう。

例として、僕が本ブログでよく使うパターンを紹介しますね。

大体、上記のような感じです。

この構成に冒頭のリード文を含めると3,500文字くらいになります。
後は記事に含める内容によってボリュームが増減する感じです。

結論ファーストで記事を書こう

「結論ファースト」とは、言葉の通り結論を始めに書こうということ。

例として「英語学習」をテーマにしたとします。

  • 季節も冬になってきました
  • みなさんは英語学習が捗っていますか?
  • 英語学習でおすすめの方法と言えば〜
  • おすすめの学習方法はオンライン英会話です
  • なぜならテキストで学習してもヒアリング能力が上がらないから
  • まずはオンライン英会話の無料お試し体験をしてみましょう

シンプルにまとめるとこんな感じです。

結論→根拠→結論」で文章を書くことで、読者が納得しやすい構成を作ることができます。

分かりやすい文章を書くコツは、下記記事で解説しているので一読してみてくださいね。

【基本】ライターとして質の良い文章を書くコツ:ライティングの基本ライターは副業、フリーランスの収入源として始めやすい仕事。 しかし、ライター経験のない人がクラウドソーシングで受注できる案件は単価が安...

余計な情報を盛り込まないように注意する

最後は余計な内容を盛り込まないように意識すること。

「1000文字も書けないよ」と考える人の中には、長文を書こうとしてついつい余計な内容を含めてしまうことが少なくありません。

しかし、読者にとって余計な内容を含めると、Googleから低評価をくらうので注意が必要です。
必須情報を分かりやすく解説することにフォーカスしましょう。

ブログは足すよりも引く作業が重要

1000文字以上書けるようになるのは、そこまで難しいことではありません。

もっと難しいのは引き算することなんです。
読者は最低限の文章で納得したいと思っているため、長文が必須なわけではありません。

自分の意見を盛り込みすぎると速攻で長文化します。
ただ、読者は意見よりも根拠を求めているので、感想文や日記のようにならないようにしましょう。

【必見】ブログと日記の明確な違い:稼ぎたい人がやるべきことも解説 こんな疑問に答えます。 ブログと日記って「文章を書く」という点は共通してますが、実際は似ても似つかない特徴を持っているんです。...

ブログで1000文字書くのは慣れたら余裕です

読者に尽くす意識を持てば、ブログで1000文字以上書くことは比較的簡単にできるようになるはずです。

  • 疑問・悩みへの回答
  • 補足情報

上記を検索上位のページから分析して、オリジナルな文章を作っていけば徐々に文章力も上達していきます。

まずは「時間がかかっても良い記事を書こう」と覚悟を決めて執筆に挑みましょう。

あなたの記事が、誰かの悩みを迅速に解決して収益となって帰ってくると良いですね!

【必見】ブログと日記の明確な違い:稼ぎたい人がやるべきことも解説 こんな疑問に答えます。 ブログと日記って「文章を書く」という点は共通してますが、実際は似ても似つかない特徴を持っているんです。...