Work

【選択】コワーキングスペースとカフェはどっちで仕事するのがベスト?

Gimonさん
Gimonさん
コワーキングスペースとカフェはどっちで仕事するのが良いんだろう?できれば仕事場のコストは下げておきたいけど、居心地もきになるし…仕事するならコワーキングスペースとカフェのどっちがベストか教えてほしいな。

こんな疑問に答えます。

僕は海外ノマドとして、世界を転々としつつ仕事をしています。今まで様々なコワーキングスペースやカフェを仕事場として利用してきました。そんな背景の僕がコワーキングスペースとカフェのどちらが仕事に向いているのか解説します。

結論:コワーキングスペースとカフェは仕事する時間で選択しよう

結論を言ってしまうと、コワーキングスペースとカフェは仕事の作業時間を基準に決めればOKです。

  • 3時間以内で作業を終えるならカフェ
  • 8時間以上働きたいならコワーキングスペース
  • 海外ノマドならゲストハウスやコリビングも

3時間以内で作業を終えるならカフェ

1日の作業時間が3時間以内なら、カフェで仕事をするのがおすすめ。

3時間以上になると若干気まずくなったり、お腹空いたりなどカフェを出たくなる理由が浮上しますね。

3時間くらいまでなら、コーヒー1杯飲んで後は水もらってみたいな感じでちょうど良く終われるかなと。

カフェで何度も注文するのはコスパが良くない

「もうちょい作業したいから、コーヒー頼もうかな」

このように考える人も多いと思いますが、毎日カフェに行ってコーヒーを何度も注文していたらコストがかかりますよね。

コーヒー代:350円×30日=10,500円

コーヒー1杯の計算でも月1万円ほどコストがかかっています。
1日2杯注文したら2万円以上かかるということ。

「どこでも仕事ができる」とか言っていながら、無駄に高いコーヒーを注文するならコワーキングスペースに行くほうがおすすめです。

8時間以上働きたいならコワーキングスペース

毎日8時間以上、1つの場所で働きたいならコワーキングスペースですね。

コワーキングスペースを選択するメリットは以下の通り。

  • 長時間作業できる
  • 電源・Wi-Fi完備
  • PCを置きっぱなしにできる

カフェと違って、PCをデスクに置いたまま出かけられるのは楽ですね。

デメリットは月額がかかること。
1ヶ月の相場は1〜2万円ほどなので、そこまで高いわけではありません。

月額料金にはコーヒー代も含まれているので、カフェと比較したらおトクとも言えます。

1つの場所に長居したくない人には向かない

ノマドワーカーの中には、1つの場所に長居したくないと考える人もいるでしょう。

コワーキングスペースは毎日同じ場所で作業になってしまうので、ストレスを感じるかもしれません。
実際、僕もバンコクのコワーキングスペースを契約していますが、月の半分はカフェだったりします。

毎日ガッツリ仕事したいなら、コワーキングスペースを利用すると良いでしょう。

海外ノマドならゲストハウスやコリビングも

海外ノマドなら、ゲストハウスやコリビングも仕事場として活用できますね。

大きめのリビングがあるゲストハウスなら「住む」と「働く」を両立可能です。
バンコクなら1泊500円ほどで宿泊できるので、国際交流しつつ仕事できます。

コリビングは、コワーキングスペースと住居が一体化したもの。

分からいやすく言うと、ゲストハウスのお兄ちゃん的な場所ですね。
コワーキングスペースとベッドがセットになっている感じ。

バンコクの相場では1泊2,000円ほどで、快適な住居と作業スペースが確保できます。
集中して作業したい方には、コリビングもおすすめですよ。

仕事する場所を選ぶ際のポイント:コワーキング、カフェ共通です

コワーキングスペース、カフェなど仕事する場所を選ぶ際に重要なポイントをまとめました。

  • 室内の温度が作業に適しているか
  • トイレや喫煙所が近くにあるか
  • Wi-Fiの利用時間に制限はないか

作業場を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

室内の温度が作業に適しているか

仕事場を選ぶ時は室内の温度に気をつけましょう。

  • 暑すぎる
  • 寒すぎる
  • 湿気っぽい

上記のような環境で長時間仕事をするのは難しいです。

まずは入店してみて長居しても快適そうかチェックしてみてください。

座る場所も重要です

エアコンの風が直で当たる場所は長時間の作業に向きません。

太陽光がガッツリ入ってくるとディスプレイが見にくくなりますよね。
店内を見渡して「ここなら仕事しやすそう」という場所を見つけることをおすすめします。

真冬に店舗の入り口付近を選んでしまうと、ドアが開くたびに冷たい空気にさらされるので注意しましょう。

トイレや喫煙所が近くにあるか

仕事する場所からトイレや喫煙所が近くにあるかも重要です。

トイレとかが遠いと、集中力が切れてしまう原因になります。
「PC置いといても大丈夫かな」と心配したくない方は、事前に全てが近くにあるか確認しておきましょう。

タバコが嫌いな人は完全禁煙の場所を選ぼう

タバコの臭いって結構ストレスになりますよね。

カフェやコワーキングスペースによっては、喫煙所が室内にあったりして臭いがすることもあります。

室内に喫煙所がある場所で長時間仕事すると、家に帰った時に嫌な臭いがついていたりするので、気をつけてくださいね。

Wi-Fiの利用時間に制限はないか

最後はWi-Fiの利用制限です。

カフェでよくあるのが1回の注文でWi-Fiが1時間無料みたいなやつ。
これだと1時間後にまた注文する必要があるので事前に確かめておきたいところです。

コワーキングスペースでも、1つのアカウントで1台のデバイスしかWi-Fi接続できないとかあったりするので、契約する前に必ず確認しておきましょう。

ネットの回線速度も当然チェックするべき

どんなにおしゃれで居心地の良い仕事場を見つけたとしても、回線速度が遅かったら仕事になりません。

特にコワーキングスペースを契約する時は、事前に回線速度を調べさせてもらうと良いですね。
ちなみにネット回線の速度チェックは無料で利用できる下記のアプリがおすすめです。

Speedtest - インターネット速度

Speedtest – インターネット速度
開発元:Ookla
無料
posted withアプリーチ

最重要は仕事の生産性を高めること:場所はほぼ関係なし

最後に逆説的なお話になってしまいますが、ノマドワーカーにとって最重要は「仕事すること」です。

なので「どこで働こうかな〜」なんてぼんやりする時間は捨てた方が良いですね。

仕事は生産性を高めてなんぼなんで、コワーキングスペースを契約しても作業に集中できないなら使う価値はありません。

カフェを転々としつつ仕事をするなんてこともハッキリ言って移動時間の無駄ですよね。

特に駆け出しのノマドワーカーやフリーランスは、仕事場に悩むよりも仕事そのものにしっかりフォーカスすることが大切です。

ノマドワーカーは場所よりも作業にフォーカスするべき【場所にこだわるな】 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は何だかんだでフリーランス歴5年目になりました。海外でノマド生活を始めて8ヶ月...

仕事の生産性を高めるのに最適な本3つ

僕は「効率的」とか「生産性向上」みたいなことが大好きで、今ままでに沢山のビジネス書を読んできました。

最後に仕事の生産性を高める良書を3つ紹介します。

効率化の神とも言えるティムフェリスのベストセラーです。

この本の中には、ビジネスを仕組み化して最小の時間で最大の成果を上げるヒントが詰まっています。
本を読んで実践するだけで、大分生産性が上がりますよ。

こちらは20/80の法則を分かりやすく解説した1冊です。

無駄なことをあぶり出して、成果を出すノウハウが学べます。
何が無駄で何が重要なことなのか明確にしたい方は、ぜひ読んでみてください。

無料から収益を上げていく考え方が学べる1冊です。

コストをかけずに収益を最大化させていきたい方におすすめ。
僕はこの本を読んで、無から有を生み出せるようになりました。