Work

【脱搾取】クラウドソーシングの問題点まとめ:解決方法も紹介します

User
User
クラウドソーシングを利用してるけど、搾取としか思えない現状です。これってクラウドソーシングに問題があると思うんだけど、実際本当に稼ぐことはできるのかな?クラウドソーシングの問題を解決する方法が知りたいな。

この記事はこういった人に向けて書いています。

僕はクラウドソーシングを活用しつつライターとして仕事してます。はじめての案件はめちゃくちゃ低単価でしたが、今は文字単価3円くらいになりました。そんな背景の僕がクラウドソーシングの問題点と解決策を紹介します。

クラウドソーシングの問題点まとめ:悩ましい現実

クラウドソーシングを利用している多くの方が「稼げない」という問題に直面していると思います。

ここではクラウドソーシングにありがちな問題点をまとめてみました。

  • 単価が低くて収入に繋がらない
  • タスク案件が全く承認されない
  • 詐欺クライアントが普通にいる
  • 円滑なコミュニケーションができない
  • 手数料が高くて搾取された気分になる

以下で詳しく解説します。

単価が低くて収入に繋がらない

クラウドソーシングの最も多いのが低単価問題ではないでしょうか?

この記事を書くにあたって、僕がクラウドソーシングを始めた頃の報酬をチェックしてみました。

枠で囲んだものはタスク案件と呼ばれる単発の仕事です。

これが僕のライターデビューした当時の初報酬ですが、1記事あたり1,000円もいかないというのは問題ですよね。

控えめに言って安すぎかなと(笑)

ランサー自体が相場を分かっていないのも問題

クラウドソーシングで働く人のことをランサーと言ったりしますが、このランサー自体にも問題がありますね。

結論、全てのランサーが低単価な案件に手を出さなければ問題はなくなります。

しかし、現実では当時の僕のように相場を理解していないからこそ、低単価な案件に応募してしまうランサーがいるのです。

  • 安くてもすぐにお金がほしい
  • 作業完了までの時間を正しく見積もれていない
  • 安い=簡単だと勘違いする

上記のような感じでランサー自体がついつい手を出してしまうというのも問題ですね。

タスク案件が全く承認されない

ランサーの中には、タスク案件を沢山こなしたにも関わらず全く承認されず報酬がもらえなかったという問題もあるようです。

タスク案件の場合、修正依頼などが来ることはなく承認、非承認の2択になることがほとんどなので、人によっては報酬に繋がらないこともあるでしょう。

タスク案件は

  • ランサー:手軽に仕事できる
  • クライアント:手軽に発注できる

というメリットがあります。

ただ、本質を言うとどんな仕事も質を求めるからこそ完成度が上がるわけなので、タスク案件というシステム自体が問題ありかなと。

詐欺クライアントが普通にいる

クラウドソーシングのクライアントの中には、そもそも詐欺を目的として案件を募集している人もいます。

  • 初心者でも月20万確定の方法を教えます!
  • スマホだけで簡単に稼げるビジネスを一緒に始めよう!

上記のような案件は完全に詐欺クライアントです。

どこの世界にも上手い話をふっかけて搾取しようとする詐欺師がいます。

クラウドソーシングの運営が詐欺クライアントを全て排除することは難しいでしょう。
ランサー側が注意するべき問題とも言えますね。

円滑なコミュニケーションができない

クラウドソーシングに限らずですが、オンラインで仕事をする場合コミュニケーションが取りづらいという問題があります。

特にクラウドソーシング上のチャットサービスを使っていると気づかないことも多く、疑問を解決するまでに時間を要してしまうこともありますよね。

質問の仕方で解決することはできる

コミュニケーション問題は自分の質問の仕方で解決することができます。

単純に「分からない」というのでは不十分なので、こちらから解決策を提示して確認してもらうようにすると良いですよ。

手数料が高くて搾取された気分になる

クラウドソーシングの手数料は大体20%ほどと高いです。

低単価な案件をこなしても、そこからさらに20%の手数料が引かれてしまうとやる気を削がれてしまう方もいるでしょう。

しかし、クライアントとランサーを繋げる役目を果たすクラウドソーシングというサービス上、手数料の問題を解決することは難しいと言えます。

クラウドソーシングの問題点はクライアント立場も考えるべき


ランサー側の問題点を見たところで、次はクライアント側の視点に立って考えてみましょう。

クラウドソーシングを活用するランサーは、クライアントの立場を把握することで問題の根本を理解することができるかもしれません。

クライアント側の問題としては

  • クライアントの中には相場を知らない人もいる
  • そもそも質を求めてないクライアントもいる
  • クラウドソーシング自体を信頼できないクライアントもいる

などがあります。

クライアントの中には相場を知らない人もいる

クラウドソーシングを利用するクライアントの中には、相場観が全く掴めていない人も多いです。

クライアントが個人ではじめて仕事を発注した場合、いくらで設定するのか知っている人は多くありません。

僕の体験談としては

  • SEOの知識を無料で聞かれる
  • 1記事2,000文字を500円ほどで書いてほしい

みたいな依頼がありました。

クラウドソーシング以外でライターと仕事をしたことのあるクライアントであれば、文字単価1円は安すぎると判断しますが、そういったクライアントはなかなかいないものです。

相場を知らないクライアントの要望を鵜呑みにしてしまうランサーがいることも問題ですね。

そもそも質を求めてないクライアントもいる

クライアントによっては、そもそも質なんて求めていない人もいます。

例えば、個人のアフィリエイターがクライアントでSEOの知識が乏しい人の場合

記事の量産=儲かる

と勘違いして低単価で大量に記事作成依頼をしている人もいます。

現時点では儲かる手法かもしれませんが、将来的には確実に価値のないサイトとしてGoogleに判断されるはず。

しかし、このような思考を持った発注者も多いですね。

素人のクライアントと素人のライターがマッチしてしまった結果、双方にとってメリットのない仕事が生まれるのもクラウドソーシングの問題点です。

クラウドソーシング自体を信頼できないクライアントもいる

クラウドソーシングを利用するランサーには、副業目的の人からプロフェッショナルまで多種多様な人がいますよね。

良質な仕事をしてほしいクライアントが、クラウドソーシングを信頼できない理由はここにあります。

個人的な体験としては、良質なクライアントは直接依頼されることが多いかなと。

  • 案件を募集する:どんなランサーが応募するか分からない
  • 直接依頼する:ランサーのプロフィールで実績のありそうな人を探す

上記2つを比べると、より質の良いランサーを見つけられるのは直接依頼であることが分かるでしょう。

ランサー、クライアントともに良質な案件や出会いを求めるなら、通常のクラウドソーシングの使い方を抜本的に見直す必要があるのかもしれません。

クラウドソーシングの問題点の解決策

最後にクラウドソーシングの問題点を解決する方法を紹介します。

結論として稼げるようになるには工夫をしていかなければいけません。

クラウドソーシングの問題点の解決策には

  • 単価は安いです:しかし上げることは可能と断言する
  • そもそもクラウドソーシングだけで稼ごうとしないこと
  • タスク案件は今すぐにやめるべき
  • 複数のクライアントと仕事をしてみる

などがあります。

単価は安いです:しかし上げることは可能と断言する

まず、クラウドソーシングの単価が安いことは事実です。
事実を捻じ曲げることはできないので認める必要があります。

しかし、低単価な案件が多いクラウドソーシングで単価を上げることも可能です。
僕がそうして来たので実体験として断言できます。

方法1.記事を沢山納品して単価交渉する

ライターを例にお話をします。

例えば、文字単価1円の案件の場合

  • 1ヶ月目:20記事以上納品する
  • 2ヶ月目:20記事以上納品する
  • 3ヶ月目:単価交渉

という流れで単価交渉すると文字単価を上げてもらいやすいです。

クライアントの要望に沿った記事が書けていて、月20記事ほど納品できていれば、あなたは間違いなく戦力になっているはず。

良いライターをクラウドソーシングで見つけるのは難しいことなので、単価交渉に応じてくれやすいですよ。

ポイントは納品数を数ヶ月キープしてから交渉することです。
信頼関係を構築してから提案することを覚えておきましょう。

方法2.クラウドソーシング内のSEOを意識する

前述した通り、良質なクライアントや案件は直接依頼で来ることが多いです。

ということはクライアントが自分を見つけてくれやすい状況にする必要がありますよね。

ここで重要なのがクラウドソーシング内のSEOです。

例えば、クラウドソーシング内でクライアントがライターと検索された時にあなたが上位表示されれば仕事依頼が来やすくなるはず。

では、どうやってクラウドソーシング上で上位表示できるかと言えば

  • 評価数が沢山ある
  • プロフィールが充実してて分かりやすい

などがメインになります。

評価数は案件をこなせば自動で貯まっていきますし、プロフィールの充実度は定期的にブラッシュアップしていけばOKです。

正直、近道はありません。

ただ、上記の2つの行動を意識すればクラウドソーシングで高単価な案件を獲得できるので、ぜひ試してみてくださいね。

そもそもクラウドソーシングだけで稼ごうとしないこと

もしも、あなたが本格的に稼ぎたいと考えているなら、クラウドソーシング以外の案件獲得の道も検討しましょう。

最も分かりやすいのは直営業です。

気になった会社に対して自ら「仕事をください」と営業することでクラウドソーシングの低単価問題を解決することができますよ。

ライターの場合であれば

  • 書きたいメディアを探す
  • プロフィールとポートフォリオをメールする

という2つの行動で直営業できます。

メディアにもよりますが、クラウドソーシングで文字単価1円の仕事が直営業だと1.5〜3円くらいのイメージですね。

自分が興味のあるメディアで記事が書けるというメリットもあるので、トライする価値はあるでしょう。

募集されてなくても営業してOK

例えば「ライター募集」という記載がないメディアでも営業した方が良いですよ。

まずは興味のあるメディアの問い合わせ欄からメールを送ってみましょう。

完全に数うち当たれなので返事がなかったり不採用でも落ち込まずにガンガン次のメディアに営業しちゃってください。

タスク案件は今すぐにやめるべき

今現在、クラウドソーシングのタスク案件をこなしている方で、低単価問題に苦しんでいる人はすぐにやめてしまいましょう。

まずタスク案件自体に問題があるので、クラウドソーシングを利用する際は少なくともプロジェクト案件に応募するようにしてください。

タスク案件は応募する必要がないため、初心者ランサーには魅力に感じるかもしれません。

しかし、タスク案件はコスパが最悪です。
ここで稼ごうとしても消耗するだけなので、一切手をつけないのがおすすめです。

プロジェクト案件はどんどん応募するべき

プロジェクトに提案して不採用になるのが怖いと思ってる方もいるでしょう。

しかし、重要なのは稼ぐことのはずです。

僕の場合、クラウドソーシングでプロジェクト案件に応募する際は

  1. 気になる案件を30件ほどお気に入りに追加
  2. 全ての案件に応募

という流れを毎回のように行います。

ちょこっと案件に応募して不採用になって落ち込んでいる方は最低20件以上の案件に応募してみてください。

こういった行動を繰り返していれば、プロジェクト案件で不採用が続く問題を力技で解決できますよ。

【海外ノマドの営業方法】仕事を取り続ける秘訣&営業テンプレ公開! この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は現在、フランスの田舎街で海外ノマドしています。仕事はライター、輸入物販、ブロ...

複数のクライアントと仕事をしてみる

良質なクライアントや案件に出会いたい方は数を打ちましょう。

1人のクライアントと仕事をしているだけでは、相場感や業界の常識に気づくことが難しいです。

できれば異なるタイプのクライアントと繋がること

クライアントによって単価の計算方法や仕事を任せる範囲などは異なります。

違うタイプのクライアントと仕事をすれば、あなたの経験値はどんどん増えていきますよね。

この経験値は単価交渉する時の付加価値にもなります。

  • 記事構成ができる
  • ペルソナ設定ができる
  • WordPress入稿ができる
  • 画像の編集ができる
  • SEO視点で記事ボリュームを決められる
  • スマホ目線のライティングができる

上記はライターの付加価値になりやすいポイントです。

クライアントごとに仕事に対する信念や大切にしていることは違います。
複数のクライアントから得た知識やノウハウは次の仕事に確実に役立つはず。

「仕事を沢山くれるクライアントが1人でもいればいい」

このように考えてしまうと、フリーでライターをする意義はほぼほぼなくなってしまうものです。

フリーのライターでスキルアップするには、複数のクライアントと仕事をして揉まれた方が成果が出やすいので、ぜひ一度冷静に考えてみて行動してみてくださいね。

結論:クラウドソーシングの問題はあなたの行動次第で解決できます

クラウドソーシングには確かに問題点がありますが、その問題はランサーの動き方でメリットに変えることもできるんです。

例えばクラウドソーシングのみ使っているライターで、月100万円以上稼いでる人がいることからも「やり方次第」ということが分かるでしょう。

  • 考え方
  • 動き方
  • 伝え方

クラウドソーシングの問題点に萎えて、ランサーを諦めようとしている方は上記3点を改善しつつ行動を積み重ねてみてください。

あなたが満足できる収益をゲットできる人間になることを心から願っています!

自己評価が低い人に知ってほしい【行動することがベストである理由】太郎(@motekispace)です。 僕は基本的に自己評価が低くて、人生において損をしてきました。 自分を低く見積もってしまうこと...
【考察】努力は無駄なのか?結論は「報われる」と信じないことです この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はバンドマンで成功するために上京しましたが、結果は失敗に終わりました。当時は努...
【解決】ライターで記事が早く書けない原因は?解決策は書くことです この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はライター歴3年以上で、現在は海外を転々と旅する海外ノマドをしながら仕事を続け...