Work

【事実】海外ノマドの現実を歴2年の僕が解説します:結論は慣れです

Gimonさん
Gimonさん
海外ノマドになりたいけど、実際どうなんだろう?海外に出てから困ったこととかあったのかな?実際に海外ノマドをしている人から、現実的な話が聞きたいな。

こんな疑問に答えます。

僕は海外ノマド歴2年ほど。現在はタイ・バンコクを拠点にしつつ海外ノマドをしています。この記事では海外ノマドの現実をお届けした後、快適に暮らすために知っておくべきポイントを解説します。

海外ノマドの現実とは?ノマド初期の僕が困ったこと

「海外ノマド」という生き方に対してキラキラしたイメージを持ってる人も多いはず。

しかし、ほとんどの人が海外ノマドになると直面する「苦労」があるんです。
ここでは、海外ノマドを始めた当初の僕が感じた現実をお届けします。

  • 仕事とプライベートの両立
  • 作業環境の確保と集中力
  • 言語や文化の違い

結論、新生活になるわけで、誰でも理想と現実のギャップを感じるかなと。

事前に海外ノマドの現実を把握して、ギャップを最小限にしちゃいましょう。

仕事とプライベートの両立

海外ノマドになって、まずはじめにぶち当たる現実が仕事とプライベートの両立かなと。

  • 観光地行きたいな
  • おしゃれなカフェで仕事したいな
  • 美味しくて安いレストランないかな…

海外ノマドは単なる労働者なんですが「好きな場所」で働いているおかげで、上記のような雑念が常につきまといますね。

このような欲に流されて行動していると、肝心の仕事が上手く回りません。

結論、ほとんどの海外ノマドが「仕事するのって意外に大変だな」という現実に直面します。

ゲストハウスに住んでると余計面倒くさい話

僕は普段からゲストハウスを好んで宿泊しています。

ただ、ゲストハウスには「観光客」が訪れますよね。
結果、いろんな国の観光客と話したりして、仕事が疎かになったり…

  • ゲストハウス以外で仕事する
  • 話しかけられないようにイヤホンでブロック
  • 海外ノマドしか集まらない宿に泊まる

上記のような対策をしておかないと苦労します。

僕自身、海外ノマドになった当初は観光客と遊んでばっかで、仕事の進み具合がバカみたいに遅くなってましたね。

作業環境の確保と集中力

海外ノマドがはじめての土地に足を踏み入れる際は、作業環境の確保と集中力の維持に苦労します。

  • 理想:サクッと仕事場を見つけて作業する
  • 現実:快適な作業環境が見つからなくてストレス

大体こんな感じ。

ミャンマー・ヤンゴンで仕事してた時は、1日に何度も停電したりしてイラッとした現実がありました。

作業環境が悪いと集中できない

国が変われば、価値観や文化、物価などもガラッと変わります。

海外なので、治安が良い地域でも多少の気はつかいますよね。
こうなると意外に集中できないもので、仕事に身が入らない原因になるんです。

例えば、フランスの片田舎では「カフェで仕事する」という文化がありません。

僕がカフェでPCを開くと店員さんが「何してるんですか?ここはカフェなので仕事はご遠慮ください」と言ってきました。

  • 理想:フランスでおしゃれに海外ノマド
  • 現実:外出時は仕事ができない

思ってもみなかったような現実が立ちはだかって、ストレスを覚えることはしょっちゅうありますよ。

言語や文化の違い

最後は言語や文化の違いですね。

海外では当然ながら「現地の言葉」を喋れるに越したことはありません。
言葉が喋れないだけで一苦労する現実は、多くの海外ノマドが感じていることでしょう。

ネット上の情報では「片言の英語が話せればOK」とかありますが、住む場所によっては差別されたりする現実があります。

日本人だけで固まっていれば問題ないかもですが、実際そうもいかない時が結構あるものです。

海外ノマドに必要な英語力はどれくらい?【結論なくてもOKです】 この記事はこういった人に向けて書いています。 海外で生活するのに英語力は必要なのか気になっている人も多いはず。今回は、実際に海...

文化の違いでストレスを感じることも

言語だけでなく文化の違いも結構なストレスになりました。

  • トイレがめちゃくちゃ汚い
  • 食べ物が不味い
  • 約束を守らない

あなたは上記のような現実に対応できるでしょうか。

海外は日本とは異なる文化があります。
例えばトイレが汚いとか普通に生きててストレスを感じますよ。

海外ノマドは、基本「コスパが良い国」を選んで生活しますので、発展途上の文化でトイレが汚いとか多いです。

結果「こんなんなら日本に帰ろう」と、海外ノマド生活を断念する人が出てくるのも現実ですね。

  • 理想:小洒落たカフェで仕事
  • 現実:カフェのトイレが汚くて萎える

海外ノマドを始めた当初に感じるであろう、理想と現実のギャップでした。

海外ノマドになりたい人が知っておくべきポイント

ここからは、理想と現実を踏まえた上で、海外ノマドになりたい方が知っておくべきポイントを解説します。

  • 海外生活は慣れが必要
  • 目標があればどこでも楽しく生きていける
  • 自己管理と生産性アップを常に目指すこと

海外生活は慣れが必要

結論、海外ノマドの理想と現実のギャップを埋めるには慣れが必要です。

  • 定期的な移動
  • ビザ取得問題
  • イミグレでの延長手続き

上記のようなことは、海外ノマドなら少なからず経験すること。

はじめての時は、めちゃくちゃ苦労しますが次第に慣れていきますよ。
「新生活」を始めるわけですから、初期の戸惑いは当然のことですね。

海外ノマドの友達を作っておこう

分からないことは、海外ノマドの友達に聞けるようにしておくと便利です。

僕は現地で出会った「詳しい友人」と繋がるようにしています。
日本人はもちろん、世界各国のノマドワーカーと繋がることで情報を共有している感じです。

海外ノマド歴が長い人と繋がっておけば、疑問を迅速に解決できますよね。

  • 現地でおすすめの作業場
  • 快適に暮らせるゲストハウス
  • ノマドに最適なエリア

このような情報は、観光客から聞き出すことは難しいものです。

いろんなことに詳しい海外ノマドを見つけたら、FacebookやWhat’sAppなどで繋がっておくと良いでしょう。

あとは、経験値が貯まっていけば次第に慣れていくものです。

【必見】ノマドワーカーの働き方を3名の現役ノマドを元に解説します こんな疑問に答えます。 僕はノマドワーカー歴6年以上。現在は海外を転々としつつ仕事をしています。本記事ではノマドワーカーの働き...

目標があればどこでも楽しく生きていける

仕事に対する熱いビジョンがあれば、どんな場所でもブレることはありません。

  • ブログの毎日更新
  • クライアントワークの月収目標
  • 新規事業立ち上げ

上記のように、自分で考えた「絶対達成したいこと」があれば、誘惑に流されにくくなります。

明確な目標がないと雑念に流されやすくなるので注意してくださいね。
目的を持って生きることが何より大切ということです。

海外だからこそガチな目標を持とう

中途半端な目標を持ちつつ、海外ノマドをしているのは「放浪者」とほぼほぼ変わりません。

できる海外ノマドは、常に大きな志を持っているものです。

自分のビジョンに従って生きている人は、良質な友達や出会いも生まれやすく、結果として様々なメリットが得られますよ。

海外ノマドになる際は、事前に長期目標から短期目標まで、計画を立てておくことをおすすめします。

足を引っ張る人とは距離を置こう

海外で生活していると、あなたの脚を引っぱる人が必ず現れます。

  • 仕事中に話しかけてくる人
  • 意味のないメッセージを送信してくる人
  • 不要な繋がりを求めてくる人

こういった人は、あなたの貴重な時間を奪うだけでなく、目標に対するモチベーションも奪っていくので距離を置きましょう。

特に出会いの多いゲストハウスでは、ちょっと遠慮したい人も沢山いるので話してみて「違うな」と感じた際は徐々にフェードアウトすることをおすすめします。

自己管理と生産性アップを常に目指すこと

海外ノマドは、自己管理と生産性アップが鍵を握っていると言っても過言ではありません。

  • 自己コントロール
  • 短時間でより多くの仕事をする
  • 体調管理

規律を守ってクリエイティブに働ければ、海外ノマド生活は飛躍的に楽しくなります。

海外にいると、ついつい生産性が落ちてしまいがちなので、本でも読んで効率化のアイデアをインプットしておきましょう。

生産性アップには「エッセンシャル思考」がおすすめ

この本を読むと、単純に「何が無駄な行動か」が明確になります。

僕自身、エッセンシャル思考を読んだことで、無駄に悩んでいたことから開放されました。

  • 最も重要なことは何だろう?
  • やめるべきことは何だろう?
  • 自分を幸せにする行動とは?

上記のような疑問を解消したい方は、エッセンシャル思考を読みつつノウハウを実践してみてください。

かなり即効性があるので、海外ノマドの生産性アップには最適ですよ。

自己管理は超重要です

海外ノマドは誘惑が非常に多いです。

  • ナイトライフ
  • 観光地
  • コスパ抜群の料理店

例えば、バンコクの場合、酒やナイトライフは日本の半額程度です。

誘惑に負けていては仕事を前に進めることができません。
目標達成を実現するには、海外に住みつつ自己管理能力を高める必要がありますよね。

ちなみに僕は、毎日同じ仕事量を維持するために作業をルーティン化しています。

  1. ブログ
  2. クライアントワーク

至ってシンプルですが、これを毎日継続することで結果がついてきました。

僕自身、自己管理がめちゃくちゃ苦手なので、生活習慣にすることで仕事量を維持しています。

自己管理の方法は下記記事で解説しているので、興味があったら参考にしてみてください。

【必読】フリーランス向け6つの自己管理術:思考停止でも成果を出す方法 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はフリーランス6年目で、何度も自己管理能力のなさに絶望してきました。そこから少...

海外ノマドの現実は意外に普通ですよ

海外ノマドってキラキラしてるイメージがありますが、現実は「普通に働いてる」が正しいです。

今までいろんな国で仕事をしてきましたが、成果を出しつつ旅をするのは難しいことではありません。

海外ノマドを始めた当初は、分からないことだらけでストレスを感じますが、それって上京したての若者も一緒ですよね。

  • 目標を持つ
  • 自己管理を徹底する
  • 常にクリエイティブでいること

上記のような感覚を持って、海外ノマドをしていれば次第に慣れてくるものです。

僕自身、海外ノマドを始めて1年後には「海外にいることが日常」になって、違和感がなくなりました。

海外ノマドになるなら、今までの常識を捨てて新生活をクリエイティブに生きていくのがポイントです。

あなたの海外ノマドライフが楽しくて、生産性の高い生活になることを願っています。

【裏技あり】フリーランス求人サイトおすすめ5選と選び方【損ナシ】 こんな疑問に答えます。 僕は現在フリーランス歴約6年で、ライター、ブログ、輸入物販から収入を得ています。今は海外を転々としつつ...