Work

【根性】稼げないフリーランスは泥臭い仕事もすべき話:過去の自分へ

6月 30, 2019

フリーランスになったものの、思うように稼げなくて落ち込んでいませんか?

 

僕はフリーランス歴6年目に入りましたが、過去には全く稼げない時期もあり相当落ち込んだものです。

この記事では、そんな過去の自分に向けて「今のお前はこうすべきだ!」という思いを語ります。

 

稼げないフリーランスから稼げるように変わりたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

稼げないフリーランスに共通する特徴

まずはじめに稼げないフリーランスの特徴を見ていきましょう。

 

稼げないフリーランスには

  • 過去の成功体験にしがみついている
  • 稼げないと落ち込んで行動しない
  • 他人からの誘いにNoと言えない

という共通点があるかなと。

過去の成功体験にしがみついている

過去にちょっとでも稼げたことがあると、その成功体験にしがみついてしまうことがあります。

 

「前に稼げたんだからきっと大丈夫」と根拠のない期待を持ってしまい行動力がなくなる。

結果、稼げる行動をなかなかしないので、悩みを解決できないというスパイラルに陥ります。

 

これってものすごい無意味なことなんですが、過去の成功体験にしがみついて身動きが取れなくなる人も多いです。

今自分が置かれてる状況を分かっていない

当時の僕もそうでしたが、フリーランスとして稼げていないことがどんなにマズいことなのか理解できていませんでした。

 

フリーランスは給料制ではなく、やった分だけ稼げる出来高制です。

 

ここで稼げないということは、稼ごうとしていないのと変わらないですよね。

  • 稼げるフリーランス:仕事をしている
  • 稼げないフリーランス:仕事をしていない

シンプルに言えば上記のような感じ。

 

フリーランスで仕事してないなら、フリーターよりも痛いです。

周りの目を気にして動けなくなることも

過去にちょっとした成功体験がある人は、周りの目を気にして泥臭く稼ぐことを嫌います。

 

稼げてもいないのに、稼いでるように見せるのって精神的にも相当悪いですよ。

 

稼げていないフリーランスにとって最も大事なのは、稼ぐことにも関わらず世間体を気にして行動を起こさないのは最悪と捉えた方が良いでしょう。

稼げないと落ち込んで行動しない

「自分はダメ人間だ」と落ち込んで行動しないフリーランスもいますね。

  • 資金がないし…
  • これ以上失敗できないし…
  • 自信なんてなくなった…

稼げない時期は、上記のように考えて落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

しかし、ここで「では次に何をするべきか」を考えて実行しないと、問題はいつまでたっても解決しません。

落ち込むのは仕方ないですが、それ以上に対策を講じることの方が重要ということです。

そもそもなぜフリーランスになったのか

当時の自分に向けて「そもそも何でお前はフリーランスになったのか?」と聞いてみたいです。

 

フリーランスになった目的が

  • 自由な生活を手に入れるため
  • 誰かの下で働きたくない
  • 収入を増やすため

などだった場合、稼げないと落ち込んで行動しないのってかなり矛盾しますよね。

 

正直な話、フリーランスって辛くないですし、しっかり行動すれば収入も伸びます。

にも関わらず行動しないということはダラケているにすぎないかなと。

 

日雇い派遣のころは、日勤、夕勤、夜勤を立て続けにしてたりしたのに、フリーランスになった途端、動かなくなるって人間としておかしいです。

 

「しっかり働け!」

これだけですね(笑)

1つのビジネスに固執すると良くない

しかしながら、1つのビジネスに固執していると実質、動けなくなってしまうことも。

 

分かりやすい例で言えば資金が必要なビジネスです。

僕の場合、輸入物販をしていた頃に資金がほぼなくなってしまったことがありました。

 

仕入れた商品がことごとく不良在庫になり、資金を回収できずにいたからです。

こんな状況になると次に取るべき行動が分からなくなって途方に暮れてしまう。

 

ちなみに僕の解決策として、ライター業を始めることでした。

資金がいらずPCのみで稼げるライターは、本当にやった分だけ稼げます。

 

今現在、稼げないフリーランスで少しでも収入を得たいなら、ライターに挑戦するのも選択肢としてありですよ。

関連記事
【執筆】ライターでノマドワーカーになる!登録すべきサイトと考え方

他人からの誘いにNoと言えない

稼げないフリーランスの中には、他人からの誘いにNoと言えない人もいます。

  • 飲みの誘い
  • 遊びの誘い
  • 他人の仕事の手伝い

上記のような誘いにNoと言えないと、結果的にフリーランスとして稼ぐ時間が目減りしますよね。

 

常に人の時間軸で生きてしまうと、稼げるようにはなりにくいです。

稼げないストレスからついつい誘いに乗ってしまう

フリーランスなのに稼げなかったりするとストレスがたまります。

この時、友人から「今日飲みいかない?」と誘われると「もうどうにでもなれ!」とテンションが上がって誘いに乗ってしまう。

 

今現在、稼げていないフリーランスで、上記のような経験がある方もいるのではないでしょうか?

しかし、相手はしっかり稼いでいたりしますので、このような誘いに乗ってあなた自身の収入が伸びなければストレスはいつまでたっても消えません。

 

稼げていないなら、あらゆる誘いにNoと答えて今すぐ行動を改めるべきと言えるでしょう。

稼げないフリーランスから立ち直る方法

ここからは稼げない状態から立て直していく方法を紹介します。

 

稼げないフリーランスから立ち直るには

  • 低単価でも今すぐできる仕事を取る
  • 支出を極限まで抑える
  • マイルールに従って行動する

という方法を取ることをおすすめします。

低単価でも今すぐできる仕事を取る

もしも今あなたが稼げていなくて、なおかつフリーランスを続けたいならプライドを捨てて安い仕事も引き受けるべきです。

 

例えば、エンジニアやライターなどのクライアントワークで、今まで避けてきたような仕事。

  • 時間ばかりかかって報酬が安すぎ
  • 今までと同じ労働で半分の報酬
  • ネットでもけなされているような低単価な案件

上記のような案件は稼げてる人からすると絶対にやりたくない仕事です。

 

しかし、今現在稼げていないのであれば、少しでも報酬が発生する案件を獲得した方が心が安定します。

どんな仕事にも学ぶべきことがある

低単価な案件だからといって、あなたのスキルにならないわけではありません。

 

「安い仕事=しょうもない」と決めつけてしまう人もいますが、仕事である以上学ぶべきことはあります。

また、あなた自身が稼げていないということは、価値が低い人間ということです。

 

市場価値の高いフリーランスであれば、単価の高い案件が舞い込んできます。

この点を履き違えるのは良くありませんよ。

 

まずは、安い仕事でも引き受けてしっかり仕事をこなすことが、稼げるフリーランスになる第一歩だと感じます。

支出を極限まで抑える

少なからず稼げるようになったら、支出を極限まで抑えてみてください。

 

稼げてもいないのに支出が多いとドン底から抜け出すことはできません。

 

過去に稼げていた人でも、今お金がないなら同じようなお金の使い方はやめた方が良いですね。

お金を増やすためにお金を使う

稼げないフリーランスの特徴として、無駄なお金の使い方をする人が多いです。

  • 遊び
  • 趣味

上記のようなものにお金を使っても、残念ながら稼げるようにはなりません。

 

稼げるようになるには、極限まで節約しつつも適材適所でお金を使っていくことが大切です。

例えば、新しい仕事を始めるために本を購入して知識をインプットしたり、作業効率を最大化できるツールを導入するなどですね。

 

最小限の投資でリターンの大きいものを厳選してお金を使う意識を持つと、人生が少しづつ変わってきます。

お金を使う時は常に臆病になること

稼げていない人が「どうせ500円だし」なんて考えてはいけません。

 

今のあなたはフリーランスとして500円を稼ぐことも難しい状態です。

にも関わらず、お金を使う時だけ「500円=安い」なんて考えるのはナンセンスですね。

 

「これって本当に必要か?」と自分に問いただしてみつつ、なるべくお金を使わないような生活にシフトすることも、稼げるようになる上で重要と経験上思います。

マイルールに従って行動する

最後はマイルールに従って行動するということ。

 

他人の意見や誘いではなく、自分の中で最も大事なことに時間を使うことで人生は好転していきます。

 

どんなに稼げない人でも、心の中ではやるべきことが見えていたりするものです。

  • 低単価な案件も取る
  • 徹夜も惜しまず働く
  • 営業して新しい案件を取る

上記のような行動は結果的にあなたのフリーランス人生を幸せにしてくれるはず。

 

ここで面倒に感じたり、プライドを捨てられずに行動できないのは本当にもったいないことです。

フリーランスをやめていく多くの人が結局は行動不足という問題を抱えています。

 

まずは、自分自身で自覚している「辛いけどやればできること」を実行してみましょう。

何よりも継続が大切です

マイルールを自分に定着させていくには、習慣化することが大切です。

  • 3日ほど継続
  • 稼げる道が見えて安心
  • 安堵から飲みに出かける

上記のような行動をしていると稼げるようになるのは難しいでしょう。

 

少なくとも3ヶ月くらいは、マイルールを継続して他人に自分の時間を奪われないようにしてください。

フリーランスの「稼げない」は言い訳にすぎない

結論、フリーランスで稼げないというのは言い訳にすぎません。

 

あなたがフリーランスを続けていきたいと思うなら、考え方や行動の仕方を見直して稼げる人間に変わる必要があります。

フリーランスの世界は弱肉強食ですし、言い訳を聞いて慰めてくれる人もいませんよね。

 

自分を守れるのは自分だけということを自覚して、本気で稼げるフリーランスを目指しましょう。

関連記事
【食えないフリーランスっているの?】稼ぐ気持ちがないだけでは?
関連記事
【フリーランス5年目】未経験から独立した僕の過去から現在まで

-Work
-

© 2021 Taro Moteki