Work

【疑問】フリーランスと会社員はどっちが良い?結論:兼業が最適です

User
User
フリーランスと会社員ってどっちが良いんだろう?自由な感じのフリーランスには憧れがあるけど、収入が不安定になるのは不安。でも会社員だと未来が見えない気が…それぞれのメリットやおすすめ情報があれば知りたいな。

この記事はこういった方に向けて書いています。

フリーランスと会社員ってよく比較されますよね?僕はフリーランス1本ですが、現在会社員をしているなら兼業するのもありなのではと思います。この記事ではフリーランスと会社員を比較しつつ、兼業するメリットや求人サイトを紹介します。

フリーランスと会社員はどっちが良い?結論は兼業が最適

フリーランスと会社員はどちらかに絞らなければいけないわけではありません。

今あなたが会社員でフリーランスに興味があるなら、無理して辞めずに両立することも可能です。

ここでは

  • フリーランスのメリット・デメリット
  • 会社員のメリット・デメリット
  • フリーランスのように働ける会社員という選択肢もある

というお話をします。

フリーランスのメリット・デメリット

まずはフリーランスのメリット・デメリットです。

フリーランスのメリット

  • メリット1.時間を自由に使える
  • メリット2.通勤の必要がない
  • メリット3.収入に天井がない

フリーランスのデメリット

  • デメリット1.収入が不安定
  • デメリット2.社会的信用が低い

上記のような感じです。

フリーランスは自由に働ける分、計画性を持っていないと収入が不安定になりやすいですね。

ただ、頑張った分だけ見返りがあるというメリットがあります。
例えば、事業を立ち上げて自動化すれば最小の労力でお金を稼ぐことも可能です。

例えば、ブログアフィリエイトであれば年間1.5万円のコストで事業収入を得ることもできます。ここは給料制の会社員とは大きく異なるポイントです。

デメリットは社会的信用を得にくいところ。
クレジットカードを作るのも苦労しますし、クライアントからの信頼性も企業よりお取りますね。

会社員のメリット・デメリット

次に会社員のメリット・デメリットを見ていきましょう。

会社員のメリット

  • メリット1.収入が安定している
  • メリット2.福利厚生が充実している
  • メリット3.社会的信用が高い

会社員のデメリット

  • デメリット1.収入に天井がある
  • デメリット2.場所や時間が限定されやすい

会社はフリーランスと違って給料制なので、収入が安定しています。

悪い言い方をすれば「働いてるフリでもお金がもらえる」ということ。
これは会社員ならではの特徴かなと。

また福利厚生面でもフリーランスにはないメリットがありますね。有給やボーナス、育児休暇などは会社員だから受けられるものです。

デメリットとしては給料制なので、収入を伸ばしにくいこと。お金を稼ぎたいと思っても自由に収入を伸ばせる仕組みは会社員にはありません。

また、多くの企業では通勤するのが当たり前で、中には仕事が終わっているにも関わらず、上司が帰るまで待ってなければいけないこともあるでしょう。

社会的信頼が高く、安定した給料がもらえるかわりに縛られるポイントも多いという印象です。

フリーランスのように働ける会社員という選択肢もある

会社員は自由ではないと思いがちですが、最近ではリモートワークOKの企業も増えてきました。

会社に通勤せずにカフェなどで働く会社員。

ちょっとイメージしづらいかもですが、実際は結構多くの会社員がこのような働き方を始めています。

僕が海外で会った会社員

タイ・バンコクには日本企業に属していながら、リモートワークしている人に沢山会いました。

大体週3日くらい働く感じで週1回のオンラインミーティングなどをしていましたね。職種はエンジニアがほとんどで、中にはデザイナーもいました。

日本人だけでなく、外国人でも同じようにリモートワークしている人は沢山います。

リモートワークは会社員のデメリットをほぼゼロにできる

フリーランスに憧れるポイントとして

  • 通勤したくない
  • 自由に時間を使いたい
  • 複数のビジネスがしたい

などがあるでしょう。

リモートワークであれば、上記の問題を解決できますよね。福利厚生やボーナスなんかも受けられるので、まずはリモートワークOKの企業を探すのも良いかなと。

【注目】リモートワークに最適な職種7選+難易度&スキル習得方法解説 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は海外ノマドとして、ライター、輸入物販、ブログなどで収入を得ています。どれも場...

フリーランスと会社員の兼業にはメリットしかない

フリーランスと会社員を兼業することで、双方のメリット・デメリットを補いつつ安定した暮らしが実現できます。

僕はフリーランス一本で特に問題ありませんが、不安定な収入を心配する方には2つの仕事を掛け持ちするのがおすすめです。

ここでは、フリーランスと会社員をするメリットと求人サイトを紹介します。

  • フリーランスで得たスキルを会社の仕事に反映できる
  • 会社員の給料をフリーランス事業の投資に使える
  • フリーランスと会社員の良いとこ取りができる求人サイト

フリーランスで得たスキルを会社の仕事に反映できる

フリーランスは会社員と比較してスキルを身につけやすい特徴があります。

なぜなら、スキルのない人間はフリーランスとして継続的に稼いでいけないからです。雑務などもこなすため、稼ぐための網羅的なスキルが身につくのがポイントですね。

培ったスキルを会社の仕事に反映できる

例えば、エンジニアとして会社員をしている方が、フリーランスとしてブログアフィリエイトを行うとします。

ブログアフィリエイトでは

  • SEOスキル
  • 集客スキル
  • ライティングスキル

などが身につきます。

簡単に言えば、エンジニアスキルにマーケティングスキルをかけ合わせることができるんですね。

2つのスキルを活用できる企業の場合、一社員としての価値は確実に上がるでしょう。フリーランスとして培ったスキルを活かせれば、昇給のキッカケになるかもしれません。

会社員のスキルをフリーランスに転用することも可能

逆に会社員で得たスキルをフリーランスとして活用することもできますね。

エンジニアの会社員がフリーランスエンジニアになったり、Webデザイナーがフリーランスとして案件を受注しても良いでしょう。

Webメディア担当の会社員なら、自分でWebメディアを立ち上げるノウハウもあるはず。アイデア次第でスキルをかけ合わせれば、収入を増やすことができるんです。

会社員の給料をフリーランス事業の投資に使える

給料を安定的に得られる会社員であれば、そのお金をフリーランスの資金として活用することができます。

例えば、給料の一部で海外から商品を輸入して日本で販売するとか。

アフィリエイトサイトを立ち上げて、記事執筆のためにライターを雇うこともできるでしょう。

プログラミングスクールの受講費に投資して、スキルを習得し、フリーランスエンジニアになることもできますね。

フリーランスの事業に投資すると収入の天井がなくなる

会社員は給料を上げるのが難しいですが、フリーランスなら収入の天井はありません。

給料をただただ消費していたら残るお金はありませんが、フリーランスの事業に投資すればお金を増やしていけますよ。

リスクゼロの事業も沢山ある

会社員の方はイメージしづらいかもしれませんが、フリーランスの事業や職種には失敗してお金を失うようなリスクがないビジネスがゴロゴロしています。

例えば

  • ブログアフィリエイト:初期費用1万円ほど、事業収入が入る
  • Webライター:初期費用ゼロ、書くだけ稼げる
  • エンジニア:初期費用ゼロ、高単価

などです。

これらの仕事はにおける失敗とは時間の浪費だけ。
お金を失う確率はほぼゼロで、収入アップを狙えます。

会社員の傍ら、フリーランスとしてこのような仕事をしていけば確実に収入アップができます。

これも兼業のメリットと言えるでしょう。

フリーランスと会社員の良いとこ取りができる求人サイト

とは言え、会社の仕事が忙しすぎたらフリーランスなんてできませんよね。

「でも会社員の安定感は捨てきれない」

そんな方は前述したリモートワークOKの会社へ転職するのも選択肢の1つとしてありですね。

そこで、ここではフリーランスと会社員の良いとこ取りができる求人サイトを紹介します。

以下で詳しくみていきましょう。

Midworks

Midworksは、フリーランスエンジニア向けの求人サイトです。

正社員と同等の保証を受けられるのが特徴で、安定感のあるフリーランスライフを実現したい方に最適なサービスになっています。保有案件数3,000件以上なのも魅力。

\無料会員登録はこちら/

【midworks】

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT/Web系の職種に特化した転職エージェントです。

リモートワークOKの企業が充実しており、専属のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。非公開求人多数でエンジニア職以外に、Webデザイン系の仕事もあります。

\無料会員登録はこちら/

レバテックキャリア

ワークポート

ワークポートは様々な職種の求人が見れる転職専門サイトです。

マーケティングやメディア運営などでリモートワークしたい方は、ワークポートで求人を探してもらいましょう。フリーランスと会社員を両立したい方は登録必須ですよ。

\無料会員登録はこちら/

ワークポート

フリーランスのスキルと会社員の安定で賢く生きるのもあり

フリーランスの人は「会社員は自由がなくて辛い」とか言うし、会社員は「フリーランスなんて安定しないし無理」とか言いますよね。

解決策は単純に両方やればOKではないでしょうか?

双方を回す時間がないのなら、リモートワークにしてフリーランスとして働く時間を作れば問題ありませんよね。

「フリーランスと会社員はどっちが良いんだろう?」と考えていた方は、ぜひ今回の情報を参考に、兼業生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

【注目】リモートワークに最適な職種7選+難易度&スキル習得方法解説 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は海外ノマドとして、ライター、輸入物販、ブログなどで収入を得ています。どれも場...