Work

【核心】フリーランスのこれから:生き残るコツは柔軟性でしかない話

Gimonさん
Gimonさん
フリーランスはこれからどんな状況になっていくんだろう?将来も稼ぎ続けるためにやっておくべきことはあるのかな。フリーランスとしてこれからの時代を生き抜く方法が知りたいな。

こんな疑問に答えます。

これからのフリーランスライフを考えて不安になることありますよね。この不安を解消するにはどんな施策を打つべきなのでしょうか?この記事では小手先ではなく本質を追求して考えてみたいと思います。

フリーランスがこれからの時代を生き抜くには?

「変化の激しいこれからの時代を生き抜くには」という問いについて考えてみました。

  • 結論:柔軟性があればいつの時代も生きていける
  • 「おすすめの職業」なんてあてにしてはいけません

結論:柔軟性があればいつの時代も生きていける

フリーランス人口は増え続けており、時代の変化は激しくなるばかり。

この状況を考えた時に最適解は「柔軟性を持つ続けること」ではないでしょうか?

  • 問題に対処できる能力
  • いろんな視点で考える力
  • 変化を認められる余裕

上記のようなものがあれば、いつの時代でもフリーランスとして生きていけるかなと。

変われない人はそれだけでリスキーな時代なのかもしれません。

人間の祖先も柔軟でした

遠い昔、人間の祖先は氷河期に襲われました。

この時、人間の祖先は2つの道を選んだことが分かっています。

  1. その場に残って生き抜こうとした人
  2. 海を越えて新天地を探した人

生き残ったのは海を越えて新しい場所を探しだした人たちでした。

結果、人類は息絶えることなく進化を遂げて今にいたります。
フリーランスとして生き残るのも同じで、変化に対応できる人ではないでしょうか。

結局は腰が軽い人が勝てる

今は個人で稼げるプラットフォームがいくらでもありますよね。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • YouTube
  • note
  • ブログ

これからの時代、フリーランスとして何かしら「やった人」は価値を生みやすいはずです。

「でも…」とか「〇〇がなければできるんだけど…」みたいな人たちは「動けない人」として淘汰されやすくなるかなと。

「楽して稼ぎたい」って考えてるフリーランスは、これからの時代は恐怖しかないでしょう。

「おすすめの職業」なんてあてにしてはいけません

「これからおすすめの職業〇〇選」みたいな情報がありますけど、正直あてにするのは危険かなと思います。

なぜならコロナショックを予測できた人間なんていなかったからです。
これからの時代をバッチリ予想するなんて不可能に近いのではないでしょうか。

「IT系は伸びる」ってことは一理あると思いますが、世界的な停電なんかが起こってしまったらヤバいですよね。

ヒーロー物の映画を参考にすると分かりやすいです。

  • 順風満帆な日常
  • かつてないほどの強敵が現れる
  • 大切な人や幸せな日常を失う
  • 修行する or 戦略を練る
  • 強敵と再戦→勝つ

どんな映画も上記のようなストーリーですよね。

これからを予想することはできても、今まで体験したことのない出来事を想像することはできません。

結局は「問題が起きた時にどう変化して対応できるか」が、これからを生き抜く鍵になるんじゃないかなと。

【注目】ノマドワーカーの将来性は?リスクや働き方を解説します こんな疑問に答えます。 僕は海外を転々としつつノマドワークしています。いろんな国を旅して様々なノマドワーカーに出会ってきました...

フリーランスとしてこれからも稼ぎ続ける方法

前述したことを念頭に置きつつ、これからもフリーランスとして稼ぎ続ける方法をまとめました。

  • フリーランスには2つの道がある
  • 興味のあることを本気で追求する
  • いつでも捨てる覚悟を持っておく

フリーランスには2つの道がある

これからのフリーランスには、2通りの道があると感じます。

  1. スキルを磨いて1つの仕事をやり続ける
  2. 変化しつづけるフリーランス

①スキルを磨いて1つの仕事をやり続ける

簡単に言うと職人ですね。

いつの時代もトップ選手はいるもので、1つのことをやり続けるからこそ価値のある人間はこれからも生まれ続けるでしょう。

  • エンジニア
  • ブロガー
  • YouTuber

1つのことに特化しているからこそ尊敬されるパターンですね。

時代の波に逆らってるように見えるかもですが、好きなことをとことん追求できる時代でもあります。
ガチで得意なこととか好きなことを仕事にできた人は、こっちの道を選ぶ方がいいかもです。

②変化しつづけるフリーランス

柔軟で変化に対応できるフリーランスは、スキルが未熟でもこれからの時代をサバイブできるかなと。

  • 時代の変化をキャッチ
  • 対応策を考える(仮説を立てる)
  • 実行して検証する

変わる勇気と行動力があれば、フリーランスとして稼ぎ続けられるはずです。

その時々でベストなチョイスをできる人は、これからも強い人でいられるでしょう。

興味のあることを本気で追求する

柔軟であり続けるにはトレーニングが必要かなって思います。

中でもおすすめなのが、興味のあることを本気で追求してみること。

今現在でもそうですが、趣味をお金に替えやすくなってきました。
発信の仕方次第ではファンすら獲得できる時代ですね。

  • 猫を撮影してYouTubeに投稿
  • 読書しまくってブログで紹介
  • ゲーム実況

追求しまくった人は、誰かしらの人間に価値を与えられると思います。

そのためにはお金が必要です

お金がないと趣味に投資できないし、安心して楽しむ時間を生み出すことができません。

「貧乏暇なし」とは本当にそうで、お金がないと選択肢の自由はもちろん、時間すら味方してくれないのです。
過去の僕は「やりたくてもできない」がスローガンのような人間でした。

フリーランスとしてこれからも稼ぎ続けていきたいなら

  1. まずは今の仕事で稼ぐ
  2. 稼いだ金で楽しいことを追求する
  3. そこから得た経験を発信してさらに稼ぐ

という流れがいいのかなと。

今現在、フリーランスとしてジリ貧生活を送ってる人は、一旦「稼ぐこと」だけにフォーカスすることをおすすめします。
十分なお金があれば、余裕を持って人生の舵を切れるようになりますよ。

【残念】貧乏人ほど物欲が多い5つの理由と解決策:元貧乏人の経験談 こんな疑問に答えます。 僕は人生の大半を貧乏人として過ごしてきました。過去を振り返るとローンを組んでは無駄遣いをしていましたね...

いつでも捨てる覚悟を持っておく

これからの時代「捨てる力」が重要になるはずです。

  • 柔軟に変化できる
  • 身軽に行動できる

この2つを考えた時、何かに依存している人はフリーランスとしてシンドくなりそうです。

これは何もミニマリストになれという話ではありません。
ミニマリストは物を持たないことに依存していますからね。

捨てる覚悟とは、時代や置かれている状況に合わせて取捨選択できることです。

例えば「昨日まで愛用していた〇〇を捨てて時代の変化に対応する」みたいな。

大事なものや考え方を捨てる力を持ってる人は、本当の意味で柔軟性があると言えます。
「これしかない」ではなく「なくてもいい」とか「他にもある」みたいに考えられると強いですよね。

フリーランスとしてこれからも稼ぎ続ける上ではスマホのアプリを削除したりアップデートするくらいの臨機応変さが求められると言えるでしょう。

これからのフリーランスは波乗り感覚が大切

ということで、フリーランスとしてこれからの時代を生き抜くには、上手に波乗りすることを意識すべきかなと。

大きな波に正面からぶつかって飲まれるのではなく、サーフィンで波を活用する側にまわるみたいな。

「ピンチはチャンス」ってよくいいますが、あれは本当です。

問題が起きた時こそ、よりベターなフリーランスライフを始めるチャンスになります。
柔軟な思考を持っていれば、いつの時代もサバイブできるはずです。

これらかも想定外の問題はいくらでも出てきます。

そんな時に備えて、いつ変化が訪れても大丈夫なようにフリーランスとしての「これから」を考察し続けていきましょう。

【裏技あり】フリーランス求人サイトおすすめ5選と選び方【損ナシ】 こんな疑問に答えます。 僕は現在フリーランス歴約6年で、ライター、ブログ、輸入物販から収入を得ています。今は海外を転々としつつ...