Work

【真実】フリーランスはギブ&テイクではなく【ギブ】に徹するべき話

Gimonさん
Gimonさん
フリーランスはギブ&テイクが大切って聞いたけど、具体的にどういうことなんだろう?なかなか継続案件に繋がらないのは、ギブ&テイクができてないからなのかな?ギブ&テイクについて詳しく知りたいな。

こんな疑問に答えます。

僕はフリーランスとして6年以上働いてきました。「ギブ&テイクが大事」と言われますが、経験上思うのは「ギブが大事」ってこと。本記事では「フリーランスにはギブ&テイクではなくギブが大事だよ」って話をします。

ちなみに本記事と一緒におすすめなのが下記の本です。
ギブ&テイクについて詳しく解説されているので、ぜひ手にとってみてくださいね。

フリーランスはギブ&テイクよりも「ギブ」が大事な理由

結論はギブ&テイクではなく、ギブする精神が超重要ということ。

その理由は、、、

  • フリーランスに最も大事なのは【信頼】だから
  • ギブすることで長い交友関係を構築できるから
  • テイクを優先するとテイクできないから

などがあるからです。

フリーランスに最も大事なのは【信頼】だから

フリーランスにとって最重要は、クライアントとの信頼関係です。

クライアントに信頼してもらうには「何かを得よう」ではなく、まずは与えることを率先しなければなりません。

以下で2つのフリーランスを例に見てみましょう。

  • A:私は〇〇円以下の仕事はしません
  • B:そのお見積りでしたら〇〇まで請け負います

ちょっと極端ですが、クライアントからしてみると初対面で「〇〇円です」とか言われても「お前誰だよ」と信頼を失うだけですよね。

信頼を勝ち取るにはギブが欠かせない

見知らぬ人に信頼してもらうには、まず自分からギブすることが大切です。

特にビジネスシーンでは、多くの人がテイクしようとします。

  • 信頼より金が大事
  • 高い報酬をもらえないなら〇〇までしかしない
  • その条件では働きたくない

このように考えたことのあるフリーランスは少なくないでしょう。

以前の僕も全く同じように考えていました。
結果、上辺だけの繋がりが増えて、クライアントの気持ちが変わった瞬間に切られるといった感じ。

この経験から「まずはギブすること」を意識した結果、今ではより自分らしく働かせてくれるクライアントが集まるようになしました。

報酬は上がり、仕事もしやすい

このような高待遇になったことに感謝して、今でもギブし続けるようにしています。

ギブすることで長い交友関係を構築できるから

ギブすると長期的な交友関係を構築できます。

信頼関係が構築されていれば、長期間コンタクトを取っていなかったクライアントとも、円滑なコミュニケーションができるんですね。

ギブ&テイクやテイクばかりしていると、長い付き合いになることはほぼありません。

長期的な信頼関係の何が良いのか?

長い付き合いができるようになると何が良いのかというと、困った時などに本気で助けてくれることなんです。

  • 良質なクライアントを紹介してくれる
  • 新しい技術を分かりやすく解説してくれる
  • 資金不足の時に喜んで投資してくれる

このような感じで、マジで困った時に相手からギブしてくれるんですね。

信頼関係ができているからこそ助け合えると考えれば当然かなと。
仕事でもプライベートでも、信頼関係を構築することはライフラインに繋がります。

テイクを優先するとテイクできないから

テイクばかりを意識していると、最終的にテイクできずに撃沈します。

僕自身、いろんなフリーランスと一緒に仕事をしてきましたが、テイクを優先する人に出会ったら自然とフェードアウトになりますね。

特に多いのはギブ&テイクのバランスを取ろうとする人です。

  • 〇〇したんだから△△してください

これですね。

ギブした分だけテイクしようとする人は本当に多いですが、ギブを感じられたかどうかは個人差があるのもの。
クライアントにとって嬉しくもないギブをしても、テイクはなかなかできません。

このタイプはテイクするためにギブしていることが見え見えですよね。

結論、テイク優先という感じ。
これだと信頼関係はもちろん、仕事を継続的にしていくことは難しいでしょう。

見返りを顧みずに飛び込んでくるフリーランスこそ、最強なのかなって経験上思います。

フリーランスがギブ&テイクで意識すべきポイント

クライアントとの信頼関係を構築して、ギブ&テイクを自然な形で実現したい方に向けて意識すべきポイントを解説します。

  • 当たり前のことを着実にこなす
  • クライアントの予想を上回るギブをする
  • テイクを計算せずギブに徹し続ける

当たり前のことを着実にこなす

まずは、クライアントの要望に沿って当たり前のことを実行しましょう。

当たり前のこととは、、、

  • 案件の最低条件を守る
  • 納期を守る
  • 報連相は迅速に

などですね。

ここができてないと、そもそも信頼関係を構築するのは難しいのですが、意外なほどできてないフリーランスが多いです。

自分の都合を正当化して動こうとしても、信頼を得ることはできませんよね。
基礎的なマナーをしっかり守れるフリーランスになることを最優先すべきです。

クライアントは常に複数のフリーランスを抱えてる

フリーランスの中には「案件獲得=クライアントを確保」と思ってる人もいますよね。

しかし、これは大きな間違いです。
信頼できないフリーランスは、残念ながら他の人と交換されるだけですね。

フリーランスとして最低限やるべきことを徹底することで、最低限の信頼が得られることを忘れないようにしましょう。

【注意】使えないフリーランスの特徴:脱却する方法も解説します! こんな疑問に答えます。 僕はフリーランス歴6年以上。現在は自分の仕事を他のフリーランスに依頼したりしてます。仕事を依頼する中で...

クライアントの予想を上回るギブをする

最低限やるべきことができるようになったら、次はクライアントの予想を上回るギブを意識しましょう。

  • 納期よりも前倒しで納品
  • +αのおまけをつける
  • 何度でも修正する

クライアントにとって「この人に頼んで良かった!」と思えるフリーランスになること。

クライアントが本当に喜ぶこと=ギブ

ここを意識して行動すると良いかなと。

僕のエピソード

輸入物販を始めた当初の話ですが、当時は真空管を出品していました。

真空管マニアの方が大量に購入してくれたのですが、残念ながらほぼほぼ壊れた状態で相手に届いてしまったのです。

  • 購入者:壊れてるんですけど…
  • 僕:すぐに新しい真空管を発送します!

もちろん料金はいただかずに発送しました。

しかし、、、

  • 購入者:また壊れてましたね
  • 僕:本当にごめんなさい

本気で悔しくて、同じ真空管を中国から輸入しなおして、購入してくれた倍の数を再度発送しました。

  • 購入者:こんなに良いんですか?今回は全て動作しました!
  • 僕:もちろんです!出品者として当然のことですから!

この結果、何が起こったかというと、後日購入者の方から高級な地酒と手書きの手紙をいただいたのです。

手紙には以下のようなことが書いてありました。

「あなたは本当に良い人ですね。最後に真空管が動作した時は嬉しくて涙が出ました。このお酒は私の地元で作られたものです。よろしければ年越しのお供としてお楽しみください。また〇〇へお越しになることがあれば、ぜひご一緒に真空管について語り合いましょう。本当にありがとうございました。」

もちろん僕も泣きました(笑)

僕自身、バリバリの赤字でしたが、その金額を大きく上回る地酒が届き「ギブ&テイクじゃなくてギブして本当に良かった」と思いましたね。

このようにクライアントの予想を上回るギブをすることで、結果的に予想を上回るテイク(幸運)があったのかなと感じています。

テイクを計算せずギブに徹し続ける

上記のような経験から、テイクすることを計算せずにギブし続けることが何より大事だなと感じます。

テイクを考慮した途端、ビジネス臭がしだして相手に怪しまれるようになるんですね。
ギブばかりする人を「バカ」という方もいますが、結果として大きく成功している人はギバーだったりします。

  • ブログで有益な情報を無料で発信
  • YouTubeでコンテンツを毎日配信
  • 些細な悩みも親身になって相談にのる上司

見返りを求めずにギブする姿勢を継続することで、信頼を獲得できるはずです。

フリーランスは特にギブ&テイクのバランスを取ろうとしますが、テイクを計算しない方が結果的にテイクできる量が上がるのかなと。

クライアントの予想を上回るギブをし続けているフリーランスに仕事が殺到するのは当然のことなんですね。

ギブ&テイクではなく、むしろギブのみを意識して行動するとフリーランスとして幸せになれると思います。

フリーランスはギブ&テイクではなくギバーでいよう

結論、クライアントから信頼されたいなら、ギブし続けることかなと。

テイクを考えた途端、利益ばかりを追求して見苦しい感じになってしまいます。
ギブすることのみを意識することで、ギブ&テイクは自然と成立するはずです。

  • 当たり前のことを着実にこなす
  • クライアントの予想を上回るギブをする
  • テイクを計算せずギブに徹し続ける

得ることを考えずに与え続けると、最後に嬉しいことが起きるのかなと。

例えば、本ブログもそうですよね。
1年以上継続して無料で情報を発信してきたからこそ、収益やアクセスを得ることができたんだと思います。

常に与える側の人間であることを意識しつつ、フリーランスライフを楽しんでいきましょう。

【裏技あり】フリーランス求人サイトおすすめ5選と選び方【損ナシ】 こんな疑問に答えます。 僕は現在フリーランス歴約6年で、ライター、ブログ、輸入物販から収入を得ています。今は海外を転々としつつ...