Work

フリーランス【必見】税金の計算方法とおすすめサービスを紹介!

User
User
新米フリーランスなんだけど税金ってどれくらい引かれるんだろう?具体的な税金の計算方法や簡単に税金が計算できるサービスとかあれば知りたいな。

この記事はこんな人に向けて書いています。

今回の税金の内容は青色申告を前提に解説しています。フリーランスで本格的に稼いでいくなら青色申告にしておきましょう。それでは、フリーランスの税金計算を解説していきます。

フリーランスの税金の種類

フリーランスには以下の5つの税金が課せられます。フリーランスの人がよく「沢山稼いだって半分は税金でもってかれちゃうからなぁ」って言っているのは以下の合計金額のことを言っています。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民健康保険税
  • 個人事業税
  • 消費税

1つずつ見ていきましょう。

所得税

所得税は所得に応じて税率が変わります。 所得税とは1年間で稼いだ金額に対してかかる税金のことです。仕事で得た収入の合計金額に対して経費や青色申告の控除分を差し引いた金額が課税対象になり、これを「課税所得金額」と言います。

課税所得金額は以下の計算式で求められます。

1年の総収入金額 – (必要経費+所得控除金額+青色申告特別控除) = 課税所得金額

内訳はこんな感じです。

  • 1年の総収入金額:入金金額や請求金額の合計
  • 必要経費:仕事のために使ったお金(交通費、接待費など)
  • 所得控除金額:医療費や配偶者控除など
  • 青色申告特別控除:青色申告者が利用できる控除のこと

このように経費や所得控除などを差し引いて計算された課税所得金額に対して税金が課せられます。
所得税は課税所得金額が多いほど税率が高くなる超過累進税率という計算方法になっています。

所得税の税率は以下のような感じです。

課税所得金額 税率 控除額
1,000円〜1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円〜3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円〜6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円〜8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円〜17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円〜39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円以上 50% 4,796,000円

ポイントとしては課税所得金額が多くなるほど税率も高くなりますが、同時に控除額も多くなるので税率全てを自己負担するわけではないということです。

住民税

住民税には前年の課税所得金額10%課税される「所得割」課税所得金額に関係なく定額を課税される「均等割」という2種類の税金を合わせた合計金額のことを言います。

確定申告をする際に住民税に関する記入をして提出することで納税額が決定し自治体から個人宛てに通知書が届き1回〜4回分割で支払います。

住民税は住民票を登録している市区町村によって金額が変わるのが特徴です。

国民健康保険税

フリーランスの税金問題の1つの要因になっているのが国民健康保険です。

国民健康保険は各自治体によって税金の計算方法が異なるので詳細は自治体のホームページなどで確認してください。

国民健康保険は世帯の合計所得対して金額が計算される「所得割」と国民健康保険の加入者数に対して計算される「均等割」があり、2つの合計金額が一世帯あたりの国民健康保険料となります。

このように一世帯あたりで複数名が国民健康保険に加入している状態で、それぞれに所得がある場合、一世帯の国民健康保険料は高額になる傾向にあります。

個人事業税

フリーランスが都道府県に対して支払う税金です。

個人事業税として課税されるのは法律で定められた70の業種が対象になっています。ただし所得が290万円以下のフリーランスは課税対象にはなりません。

フリーランスによくある「請負業」は個人事業税の課税対象になってしまいますが、特定の企業に常駐する形で案件をこなしている方は雇用されている状態とほとんど変わらないため非課税となることも多いです。

自分が個人事業税の課税対象かどうかを判断される資料になるのが区役所などから届く「個人事業税のお尋ね」です。企業でに常駐するような働き方をしているフリーランスの方はこちらの資料に明確に記入しましょう。基本、準委任契約なら非課税になることが多いです。

消費税

消費税はフリーランスとして前々年(2年前)の課税売上高が1000万円を超えた場合に支払う税金です。1000万円を超えていた方は消費税を計算して3月31日までに税金を支払います。

ちなみに課税売上高が1000万円以下の方は納税の必要はありません。

課税売上高 = 消費税抜きの売上高

商売をして課税売上高が1000万円を超えた場合、お客様から貰ったお金の中から消費税を国に納める必要があるということを覚えておきましょう。

フリーランスの税金計算ができるサービス

ここでは簡単に税金の計算をシミュレーションすることができる便利なWebサービスを紹介します。

  • 個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション
    税金・社会保険料計シュミレーションは年間売上や経費を入力するだけで税金を計算してくれるサービスです。白色申告と青色申告の両方のパターンを計算できるので自分のビジネスの所得金額に応じて、どちらを選ぶべきか判断sるう目安にもなります。
  • 税金・社会保険料計シュミレーション
    個人事業主のかんたん税金計算シミュレーションもフリーランスの税金を簡単に計算することができるWebサービスです。各税金の支払額も確認することができ、青色申告と白色申告を比較することもできます。税金を引いた手取りの年収や月収の確認もできる便利なサービスです。

どちらのサイトでもフリーランスの税金計算が簡単にできます。

尚、国民保険や住民税などは自治体によって金額が異なるのであくまでも目安として活用してください。

源泉徴収された報酬について

源泉徴収とは仕事を依頼したクライアントが仕事を請け負った個人の変わりに所得税を国に納める制度です。

フリーランスの方でクライアントから源泉徴収されている方も多いのではないでしょうか?

フリーランスの方で既に源泉徴収で税金が引かれているにも関わらず、年間の課税所得金額から更に所得税を引かれてしまっていることに気がついていない方も中にはいますね。

源泉徴収されていることを申告するためにはクライアントから支払調書や源泉徴収票をもらう必要があります。フリーランスが源泉徴収される場合は法人企業がほとんどですので、事前に問い合わせておきましょう。

これで余計な所得税を納める必要がなくなります。基本的にクライアントである法人には支払調書や源泉徴収票を発行する義務はありませんので、フリーランスから依頼する必要があるということを覚えておきましょう。

ふるさと納税も活用できます

ふるさと納税とは、自分が応援したい地域や好きな地域に寄付ができる制度のことです。

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本の個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体(都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。
https://ja.wikipedia.org/

「ふるさと」とありますが自分の地元でなくても全く問題ありません。嬉しいのは所得税や住民税が一部控除されるだけでなく寄付した地域の特産品などがギフトとして受け取れることなんです。「何がもらえるか」で寄付する地域を選んでも良いでしょう。

こちらのサイトが参考になります。

>>ふるさとチョイス

フリーランスに最適な確定申告ソフト

フリーランスの税金計算は本当に面倒ですよね。

僕の父親も自営業で全ての計算は母親が手作業で行っています。ついこの間も頭を抱えながら大量の書類と格闘していました。

両親はITに対してほとんど知識がないので手書きの方が良いと言いますが、確定申告の書類を作るなら絶対的にソフトを使うのがおすすめです。

日頃から仕事でのキャッシュフローをソフトに入力しておけば、確定申告の時期になったら数クリックするだけで確定申告の書類が完成します。しかもデータはPC内ではなくクラウド上に保存されるので、万が一PCが壊れてもデータが消えることもありません。まだ導入していない方は損をしまくっているので是非、導入してみてください。

おすすめの確定申告ソフトは以下のもになります。

  • freee
    
IT系のフリーランスに大人気のクラウド会計ソフトです。僕もfreeeを愛用していますが、入金元から勘定科目を予測する機能などが非常に優秀です。年会費も9800円から利用できるようになっており、フリーランスの売上に応じて最適なプランを選択することができます。無料で試せるので是非、使ってみてください。
  • やよいの青色申告オンライン
    やよいは昔から人気の確定申告ソフトです。freeeと同じように簡単に確定申告書類を作成することができますが、管理画面のデザインが違うので自分の好きな方を選択すると良いでしょう。サポートなしのセルフプランなら年会費8640円と安いのも魅力です。分からないことはググればOKですね。
  • MFクラウド会計
    こちらもクラウド会計ソフトで人気のサービスです。年会費8800円から利用できてメールとチャットのサポートを受けることもできます。フリーランスの売上に応じてプランを自由に変更できるのもポイントになっています。スマホアプリが利用できたりクラウドソーシングサイトとの連携もできます。

\下記記事で3つの確定申告ソフトを比較解説しました/

【比較レビュー】フリーランスにおすすめの確定申告ソフトは3つだけ この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はフリーランス歴5年目ですが、会計の知識はほぼ皆無です。しかし確定申告ソフトの...

まとめ:フリーランスの税金計算を解説しました

フリーランスって税金の計算も自分で行う必要があります。

正直、非常に面倒な作業なんですよね(笑)特にそんなに売上がなかった年とかマジでやる気なくなりますが、日本の法律上、確定申告を無視することはできません。

フリーランスとして節税できるポイントはどんどん活用して余計な支出がないようにすることは非常に大切です。

尚、確定申告ソフトを導入していない人は絶対的に損していますので、是非この機会に登録してみてください。

ノマドワーカーの人の気になる経費問題をまとめたこちらの記事も参考にしてみてください!

デジタルノマドの税金はどうする?宿泊費、飲食代は経費に計上できる?一定の場所に定住したり毎日違う国に訪れてみたり、自由な働き方が魅力のデジタルノマド。 PCとネット環境があれば場所を選ばず仕事ができる...

▼キャッシュフローを学びたい方におすすめの本▼