Work

【完璧】フリーランスの源泉徴収を解説!請求書や確定申告のやり方も

User
User
フリーランスになったけど源泉徴収って何よ?ちょくちょくクライアントから言われたりするんだけど、よく理解せず了承してる。お金大切だし、フリーランスの源泉徴収について詳しくなりたいな。

この記事はこういった人に向けて書いています。

「源泉徴収」とか聞くと難しそうなイメージしか持てませんよね?しかし、源泉徴収について理解できてないと、結果あなたの手取りが減ってしまうんです。ぜひ本記事で源泉徴収に源泉徴収の理解と扱い方をマスターしてください。

フリーランスの源泉徴収:予備知識

源泉徴収とは、フリーランスの報酬に対する所得税をクライアント側が天引きして国に納める制度のことを指します。

クライアントに予めフリーランスの所得税を天引きさせることで、フリーランスの所得税未払いを防ぐ施策とも言えるでしょう。

源泉徴収は確定申告で還付されます

フリーランスが確定申告をする際、源泉徴収で事前に所得税を引かれた報酬があるにも関わらず、そのまま確定申告をすると二重で所得税を申告されることになります。

源泉徴収された分の所得税を還付してもらうには、確定申告の際に源泉徴収税額として申告する必要があるので請求書や源泉徴収票などの証拠を保管しておきましょう。

源泉徴収の対象になるフリーランスの仕事

源泉徴収は全てのフリーランスに当てはまるわけではありません。

源泉徴収の対象になる仕事については下記を参考にしてください。

  1. 原稿料や講演料など
  2. 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  3. 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  4. プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
  5. 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
  6. ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
  7. プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
  8. 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

参考:国税庁:https://www.nta.go.jp/

まぁこれみてもパッとしないですよね(笑)

僕はライター業をしているので、1番の原稿料に該当します。クライアントによっては源泉徴収されることも多いですね。

ただし、土木業とかで企業の仕事を請け負ってる人とかだと「源泉徴収ってどうするべき?」と疑問に思うでしょう。

判断が微妙な方は税務署に電話するか、ネットで「(職業名) 源泉徴収」と検索してみてください。

源泉徴収の有無は事前に取引先に確認する

源泉徴収をする必要があるかどうかは、クライアントによって異なります。

クライアントが企業の場合、例外なく源泉徴収されることになります。

クライアントがフリーランス(個人事業主)の場合

  • 従業員がいる→源泉徴収の必要あり
  • 個人で仕事をしている→源泉徴収の必要なし

という感じで分類されます。

つまり、クライアントが1人で仕事をしているフリーランスの場合、源泉徴収されることはないんですね。

源泉徴収義務者について

ちなみに源泉徴収する側の人を「源泉徴収義務者」と呼びます。

もしも、あなたが従業員を雇って給料を支払っている場合、源泉徴収義務者となるため、外注に仕事を依頼した際も源泉徴収を行う必要があるので注意してくださいね。

源泉徴収として差し引いた所得税は、原則として給与・報酬を支払った翌月10日までに納税することになっています。

>>国税庁公式サイト:源泉徴収のしかた

源泉徴収の話は取引開始時にすること

クライアントとスムーズにお金のやり取りを行うためにも、取引を行う際は源泉徴収について問い合わせておきましょう。

基本フリーランスが請求書を作成する際に、源泉徴収額に関する記載をして請求するながれになるかと思います。

源泉徴収額の計算方法:自動計算機あり

次に源泉徴収額の計算方法を紹介します。

源泉徴収額は案件の報酬額が100万以下か以上かで計算方法が変わります。

  • 100万円以下→報酬額×10.21%=源泉徴収額
  • 100万円以上→(報酬額-100万円)×20.42%=源泉徴収額

こんな感じです。

ただ、ほとんどの人が100万円以下だと思うので、前者の計算方法を押さえておけば問題ないでしょう。

自動計算機を活用しよう

便利なもので、源泉徴収額を自動計算できるサイトもあります。手動計算とか面倒すぎるので、ぜひ活用してくださいね。

>>源泉徴収税計算

源泉徴収税に関する請求書の書き方

請求書に源泉徴収税を記載する際は、上画像のような感じでOKです。

手軽に源泉徴収つきの請求書を発行したい方は、クラウドサービスのMisoca(みそか) がおすすめです。

無料会員登録するだけで、キレイな請求書を作成できますよ。

請求書作成時の注意点

請求書を発行する際は、消費税も明確に分けておきましょう。

というのも、消費税を別に記載していないと報酬額として見られて二重に所得税を取られる可能性があるんです。

こんなところで損するのは悲しすぎなんで、必ず別で記載するようにしてくださいね。

【無料】フリーランスの見積・納品・請求・領収書のテンプレート配布「フリーランスになったは良いものの、見積書だの、納品書だのやることが多いなぁ…全部をまとめられる便利なテンプレートが欲しいよ〜!」 こ...

フリーランスの確定申告:源泉徴収税の扱い方

最後は源泉徴収の確定申告方法です。

確定申告をする際は

  • 源泉徴収票
  • 支払調書

のいずれかに記載されている源泉徴収額を合計した金額を確定申告の書類に記載します。

源泉徴収票はクライアントからもらえるはずです。「はず」というのは、クライアントが面倒がって発行してくれない時があるから。

しかし、源泉徴収票を発行しないのは違反行為なので、発行してもらうようにしてください。

ちなみに支払調書は必ずしも発行の義務がないため、基本は源泉徴収票を参考にします。

源泉徴収税額を記載しないとあなたが損します…

「源泉徴収とか確定申告とかめんどくせ〜」という気持ちは分かりますが、そのまま確定申告をしてしまうと、ただただあなたが損をしてしまうんです。

例えば、年収400万円、経費が50万円、源泉徴収額30万円のフリーランスの場合

  • 源泉徴収未記載:20万円ほどの支払い
  • 源泉徴収記載の所得税額:8万円ほどの還付金

というようにかなりの違いが出てきます。

すでに所得税を源泉徴収で支払っているにも関わらず追加で20万円ほど払うのか、しっかり源泉徴収を記載して8万円ほどのバックをもらうのか。

圧倒的に後者ですよね(笑)

源泉徴収されていない報酬の確定申告方法

クライアントや仕事内容によっては源泉徴収されないこともあります。

この場合、見極めるべきポイントは源泉徴収するべき報酬かどうかです。源泉徴収義務者と仕事をしたにも関わらず源泉徴収票をもらえないこともあるでしょう。

クライアントが渋ってばかりな時は

  1. 「税務署に相談します」と伝える
  2. 「源泉徴収票不交付の届出手続」を出す

の順で対処すればOK。

クライアントは源泉徴収票の発行義務があるので、税務署に言えば確実に発行してもらえます。

源泉徴収を理解して賢いフリーランスライフを送ろう

フリーランスの中には、今まで確定申告の際に源泉徴収を考慮しなかった人も多いのではないでしょうか?

これって本当に損するだけですで、あなたにとってメリットは一切ありません。

でも「1年間の仕事の源泉徴収を全部計算するの面倒すぎる…」って思いますよね(笑)

そんな方は、ぜひこの機会に確定申告ソフトを導入してみてください。

ソフトで日常的に案件の報酬管理をしておけば、確定申告の書類を発行する際も数クリックで完了できちゃいます。

初年度は無料で利用できるソフトもあるので、ぜひ下記リンクからあなたに最適な確定申告ソフトを導入してみてくださいね!

【比較レビュー】フリーランスにおすすめの確定申告ソフトは3つだけ この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はフリーランス歴5年目ですが、会計の知識はほぼ皆無です。しかし確定申告ソフトの...