Work

【ライター必見】InstagramとTwitterの画像検索スキル

まとめ記事や店舗や施設の紹介記事を書くことの多いライターやブロガーの方は、InstagramやTwitterで画像を埋め込むことも多いはず。

ほしい画像がなかなか見つからずに時間ばかりかかってしまっている方に、各サイトの画像検索方法を紹介します。

まとめ記事などを書くことの多いwebライターの方は、店舗紹介やメニューの紹介などで画像を見つけることも多いでしょう。webライターやブロガーで活動していきたいなら知っておいて損はない画像検索スキルなので、ぜひ参考にしてみてください。

【Instagram】位置情報付きの画像の検索方法

Instagramで最もスタンダードな検索方法であり、簡単に店舗や施設を検索することができるのが位置情報付きの投稿です。位置情報付きの投稿は店舗名などを入力した時に下画像のように住所が表示されるものです。

位置情報付きの投稿があれば場所が特定されているので、ストレスなく店舗や施設の画像を探し出すことができます。

例えばチェーン店で複数の店舗がある場合は、スペースを入力してエリアのキーワードを入力するとヒットすることが多いです。

ただし地方の店舗で画像自体の数が少ない場合もありますので、そういった場合は繁盛している店舗のメニューの画像を埋め込む方がおすすめですね。

【Instagram】ハッシュタグからの検索方法

次にハッシュタグから検索する方法です。

ハッシュタグは1つの投稿に対して複数設置できるので、必ずしも探している店舗でないこともあります。同じ名前で青森のおでん屋と京都の和食屋なんてことも少なくありません。

そんな時はハッシュタグから位置情報付きの投稿を探すのがベストです。

「#」が目印のハッシュタグ付きの投稿では、同じ単語でもどれが自分の求めているものか分からない場合が多いので、ハッシュタグ付きの投稿一覧の画面で適当に画像をクリックして単独表示させます。

上の画像では位置情報がないのが分かります。

この場合ラーメン店の店舗名である「春紀」のハッシュタグ以外に。地名などのハッシュタグが入っていれば探している店舗と断定できます。しかし、店舗名のみのハッシュタグが設置されている場合は、位置情報付きの投稿を探した方が良いです。

上画像の投稿には位置情報が付いています。尚且つ、店舗の特徴でもある「メギス」や「行列」などのハッシュタグも設定されているので間違いないことが確認できます。

ここで位置情報をクリックして投稿一覧を表示させます。

これで位置情報付きの投稿を表示することができました。

位置情報付きの投稿を検索欄から探せなかった場合も、微妙な表記の違いなどでヒットしていないことがほとんどですので、ハッシュタグから入って位置情報付きの投稿を探すのも1つの検索テクニックとして活用できます。

【Instagram】検索時の注意点

Instagramには複数の画像をまとめて投稿できる機能がついていますが、複数まとまった投稿は運営サイトのエディタでは表示できないことがほとんどですので、使わないようにしましょう。投稿にマウスカーソルを合わせた時に上画像のような表示が出てきた投稿は複数セットの投稿になっています。

きれいな画像や自分の好みの画像に限って複数投稿が続く時もありますが、そんな時は欲張らずに単独の投稿を設置するのが記事を早く完成させる一番の近道になります。画像の選択に時間を割いていてもwebライターの単価が上がるわけではないので、そこは割り切って仕事をしましょう。

【Twitter】特定の画像がヒットしない時にやるべき対処

Twitterの画像検索の際に店舗名のみ入力して検索すると、下画像のように関係ない画像まで表示されることがよくあります

そんな時はスペースと地名を入力したり、キーワード(ラーメン)を入力して絞り込んであげましょう。

このように地名などのキーワードを追加すると効率的に絞り込むことができます。

検索の際のコツは、より多くの画像を見つけるためにも沢山の人が使っている単語で検索をかけることです。例えば「春紀 新潟」よりも「春紀 上越」の方が沢山の画像がヒットします。

理由は地元の人は県名よりも市名などで投稿することが多いから。

GoogleでもInstagramとTwitterの画像検索ができる

実はGoogleでも各サイトの画像を検索することができます。方法は簡単で「単語 Instagram or Twitter」で検索するだけ。

このように検索上位にハッシュタグの投稿や位置情報付きの投稿が表示されます。Instagram上で検索しても見つからなかった投稿もヒットすることもあるので、試してみる価値はありますね。

Twitterも同じように検索することができます。Twitter上で検索する場合は単語をしっかりと入力しないとヒットしないこともありますが、Googleで検索すると候補として探していた店舗の投稿が表示されたりするので便利です。

どうしても画像が見つからない時の対処法

店舗名が正確に入力されているかチェックする

店舗名はGoogleマップや食べログの表記が正解なわけではなく、Instagram上で登録された表記があることも多いです。

店舗公式の位置情報付きの投稿と、そうではない位置情報付きの投稿などもありますので、店舗名に関連するキーワードなどを入力してヒットしないか見てみるのも良いでしょう。

ローマ字や英語で検索してみる

例えば、おしゃれな画像を設置したいなと思った時や、海外の観光名所などを検索する時に日本語のみで検索するのは非常にもったいないです。

上画像は「cafe」で検索したものです。投稿数も31,405,269件と多く海外の方の投稿も含まれるので、本気でインスタグラマーで活動している質の高い投稿も簡単に見つけることができます。

次に「カフェ」で検索した結果です。投稿件数は7,149,353件と「cafe」よりも少なくなりました。「カフェ」というキーワードには日本人に限定された投稿になってしまうので、日本ぽくない画像を使いたい場合などは英語で検索した方が良いですね。

その他にも「富士山」「fujiyama」「fujisan」など海外の方が作ったハッシュタグなどで表示される画像が変わってきますので、ローマ字や英語で検索するのも有効な手段です。

似たような画像を使って記事を完成させる

店舗や施設の画像が全く見つからない場合もあります。様々な方法を使っても見つからなかった場合は似たような画像で代用するのがベストです。

例えば、地方のマイナーな焼き鳥屋がテーマの記事なのに、店舗の画像がInstagramやTwitterから見つけることができないなら「焼き鳥」で検索して代用してしまいましょう。

上画像は「焼き鳥」で検索したものです。赤枠で囲んだ投稿なんかは、どの店舗でも代用できそうな画像なのでそういったイメージの投稿を活用するとスムーズに記事を作成できます。

ちなみに「駐車場」のまとめ記事などはほとんどの場合画像がありませんので、近くの施設の風景画像を使ったり「駐車場」「コインパーキング」「立体駐車場」「Parking Lot」「Parking」などキーワードで検索するとスムーズです。

画像検索スキルを磨いて記事作成のスピードを上げよう

検索スキルを高めることによって不要な時間の浪費を防ぐことができ、結果として執筆速度を上げることができます。

検索スキルは何度も作業をしている内に早くなってきますが、検索する単語にバリエーションがあることを認識していない方は画像が見つからないと嘆きがちです。

なかには見つけることのできない店舗や施設なんかもありますが、検索スキルを高めることによって今まで見つけることができなかった画像を見つけることができるようにもなるので、是非頑張ってみてください。

僕はwebライターをはじめた当初、InstagramとTwitterで画像がなかなか見つけることができずに苦労しました。この記事を読んで少しでも画像を見つける苦労が少なくなれば幸いです。

主婦の副業にも最適な【在宅webライター】で初月から5万円稼ぐ方法子育てや家事などで、なかなか定職につけない方も多いですよね? 今回は主婦の副業にもおすすめの「在宅webライター」で月5万円稼ぐ方法を...