Work

【不要】仕事はポジティブ思考の方が良いの?結論気にする必要なし

Gimonさん
Gimonさん
仕事で思ったように結果が出ない…原因はやはりネガティブ思考なのかな?ポジティブ思考で仕事するにはどうしたら良いんだろう?

こんな疑問に答えます。

僕はフリーランス歴6年以上ですが、ポジティブな時もネガティブな時もありました。そんな僕の結論は「仕事の結果を思考や気分に任せちゃいけない」です。この記事では、ポジティブ思考とか関係なく仕事で結果を出す方法を紹介します。

仕事でポジティブ思考になりたい方へ:必要ありませんよ

結論、仕事で結果を出したいならポジティブとか、ネガティブとか無視してOKです。

理由は以下の通り。

  • 目的は結果を出すこと→気分とか関係ない
  • ポジティブかネガティブか考えるのは暇な人
  • 「できる人は〇〇思考」という間違い

間違った情報に流されないで結果にコミットしましょう。

目的は結果を出すこと→気分とか関係ない

「仕事をポジティブに捉えたい」と思っている方の根本的な目的は「結果を出すこと」ではないでしょうか?

結果が出ないから落ち込んでるわけで、裏を返せば結果が出ると自然に嬉しくてポジティブになれるかなと。

結果が出るまでは、何かと不安になりますが信じて進めるかどうかが問題ですね。

ポジティブだから結果が出るわけじゃない

前向きに考えられるから結果が出るとか思うかもですが、決してそんなことないです。

例えば、転売で稼ぎたい場合、以下の作業が必要になります。

  • 価格差のある商品を見つける
  • 商品ページを作って出品
  • 商品が売れたら発送

ざっくりこんな感じですが、どこかの工程に「ポジティブじゃないとできないこと」があるでしょうか。

もちろんありませんね。
価格差を見つけるには、淡々と商品をリサーチするだけです。

職種によってまちまちですが、本質はこんな感じなのではと思います。

ポジティブかネガティブか考えるのは暇な人

過去の自分もそうでしたが、「ポジティブ思考が良い」とか「ネガティブ思考は悪」とか考えてる時点で暇ですね。

暇だから余計なこと考えるんですよ。
忙しすぎたら、考える暇もなく結果を出さなければいけませんからね。

結論、ポジティブだろうがネガティブだろうが結果を出してる人はいますよね。
成功者でも意見が分かれて「私は〇〇さん派」とか派閥ができたりすることも。

ポジティブとネガティブは結果を出すことに関して関係ないことが分かるはず。

暇な人は無駄な思考を繰り返して結果が遠のいていく

例えば、以下のような思考です。

  • 成功するには早起きが良いらしい
  • 根性よりも理論が大切なんだ
  • 生きる意味って何だろう

どんなに深く考えても、例え答えが出たとしても結果には繋がりません。

そんなことを考えるよりも、PCを開いて案件に応募した方が結果にコミットできますよね。
以前の僕は自己啓発の塊で、上記のような思考を繰り返してました。

もちろん結果は出ませんでしたよ!

「できる人は〇〇思考」という間違い

ネットの情報とか、成功者を分析してる本とか「できる人がやっている〇〇の習慣」みたいな奇抜なタイトルつけて売るじゃないですか。

こういった情報を鵜呑みにしちゃうと、本質である「仕事で結果を出すこと」は遠のいていきます。
なぜなら、誰かの成功体験を読んでテンションが上がっても、具体的な行動に繋がっていないからです。

「仕事ができる人はネガティブ思考だ!」
「なぜなら不安症で何度も確認するから」

例えば、上記の情報を見て「そうなんだ!じゃあネガティブになろう!」っていったところで急にネガティブになれますか?

そもそも論として薄っぺらい情報なんですよ。

「仕事で結果を出す」が目的なら、ポジティブな時でもネガティブな時でも行動できなければ意味がありません。

僕はフリーランスですが「今日はネガティブで…」って言って「そうですか、では次のポジティブな時にお願いします」なんてクライアントはいません(笑)

どんな時でも同じパフォーマンスができる人が強い

やっぱりどんな時でも、同じような結果が出せる人が強いですよ。

こういう人を目指すなら「仕事はポジティブ思考が良いかも」みたいな思考を捨てましょう。
やるべきことを普通にやれる人間になるのが先決かなと。

【仕事にやる気はいらない】モチベーションに頼らない仕事術を身に着けろ この記事はこういった方に向けて書いています。 仕事で集中できない時とか、いまいち気が乗らない時ってありますよね。今の僕も全く同...

ポジティブじゃなくても仕事で結果を出す方法

ということで、ここからはポジティブかどうかに関係なく仕事で結果を出す方法をお伝えします。

  • 最も結果を出したい仕事を厳選する
  • 頭で考えなくてもできるレベルまで習慣化
  • とにかく作業量を増やす

最も結果を出したい仕事を厳選する

仕事にもいろいろありますから、まずは「最も結果を出したいこと」を厳選しましょう。

  • 自分で事業を立ち上げたい
  • 副業で月10万円稼ぎたい
  • 会社で成績トップになりたい

おすすめは結果を出したい仕事を1つに絞ること。

1つのことなら、ポジティブな時でもネガティブな時でもブレにくいです。
複数のことを同時にこなそうとすると、スマホのマルチタスクみたいな感じで効率悪くなります。

よく考えて1番辛そうな道を選ぶと良い

自分が望んでいる結果を出そうとすると、大抵「めちゃくちゃ大変な道」を選ぶことになります。

僕の場合は「ブログで稼ぎたい」という目標があったため、当時1番大変だと思った「ブログの毎日更新」を選択しました。

おかげで毎日12時間以上、働く日々をかれこれ10ヶ月以上続けています。

簡単な道は、得られるリターンも少ないので、最初から覚悟決めた方が良いです。

頭で考えなくてもできるレベルまで習慣化

目標が定まったら、次にやるべきことは習慣化です。

結果を出すための行動の前に毎回「何からやろうかな」なんて考えていたら、精神的に疲れて挫折します。

そうならないためには、歯ブラシと同じレベルで習慣化するのがベストです。

僕のパターン

僕は朝1番にブログを書きます。

最近は大体6〜7時くらいに始めて、下記終わるのが10〜11時くらいですね。
この時点でかなり消耗しています。

ブログが書き終わったら、クライアントから依頼された記事を執筆していきます。
大体1日に2記事くらいのペースです。

本当はもう少しペースを落としたいのですが、ノルマがあるので継続している感じ。

結果仕事が終わるのは、20〜22時くらいです。
仕事が終わった後は枯れてる感満載ですが、頭で考えることは一切していません。

「ブログ1記事とクライアントワーク2記事」

これを毎日継続しているだけ。
構造は至ってシンプルです。なので継続できてるのかなって思います。

あなたなりのルーティンを見つけて、習慣化してみてください。

とにかく作業量を増やす

最後は作業量を増やすことですね。
これが最も重要で最も大変です。

ちょっと極端な例ですが、気分や性格で仕事しようとしたら以下のような感じになるはず。

  • ポジティブ:今日は疲れたから明日でいっか!
  • ネガティブ:間違ってないかな、、、もう一回確認しよう

結論、どっちも仕事遅いですよね(笑)

作業量を増やせば、失敗と成功の数は飛躍的に上がります。
あと超疲れてても作業するんで、以前より強くなりますね。

結果に繋がる作業を大量にすれば、結果がついてくるのは当然なのです。

「目指す方向が間違っていると…」的な情報は無視しよう

よく「〇〇する方法」とかの教材のLPで「あなたの行動がゴールに向かってなければ努力はいつになっても報われません」とかありますよね。

でもね、全ての物事は「得てして」なので、どんなに時間がかかっても、最後に成功すれば、それこそが「〇〇で成功する方法」になるんです。

他人の口説き文句に踊らされないで、作業量を増やすのが本当に重要ということ。

自分を信じて作業してれば、結果は少なからず出ますので安心してくださいね。

仕事にポジティブ思考は関係ない:結果にコミットしよう

厳しい言い方ですが仕事で結果を出すのは大変です。

みんな努力してるもので、自分の物差しで「頑張ってる」と思っても、他人が同じように考えてくれるわけではありません。

ポジティブかどうか問題に逃げずに、目の前の作業に集中していきましょう。

【不変】仕事のやりがいは心から「ありがとう」を言われた時という話 こんな疑問に答えます。 僕は仕事が好き!というわけでもありません(笑)しかし、仕事をした後にお客さんから「本当にありがとう!」...