Tech

【検証】MOMENTレンズTELEとWIDEの違いを画像で解説!

12月 24, 2017

高性能スマホレンズとして人気のアメリカMOMENT社製レンズの中でも2トップの看板商品になっているのが、60mm望遠レンズの「TELE」と通常レンズの約2倍の画角になる広角レンズ「WIDE」です。

今回は2種類のレンズとiPhoneのノーマルレンズで撮影した写真がどのような違いがあるのか検証します。

MOMENTレンズTELEとWIDEの違いを検証!

それでは早速、写真を見てみましょう。

 

下の画像は通常のiPhoneレンズで撮影した写真です。

橋の中心がセンターにくるように撮影しました。

 

ちなみに撮影している場所は全く変えていません。

3つのレンズの画角の違いを見ていきましょう。

iPhoneノーマルレンズ

こちらはiPhone6sのノーマルレンズで撮影した写真です。

 

ピンボケすることなくクッキリした写真になっています。

言い方を変えると「普通のスマホの写真」といった感じですね。

MOMENT広角レンズ「WIDE」

同じ場所から撮影していますが、iPhoneのノーマルレンズよりもかなり広角になっているのが分かります。

 

高性能レンズと言われる所以にもなっているケラレが全くないのもポイントです。

安い広角レンズはケラレがあったり、魚眼レンズみたいに丸くなってしまいます。

MOMENT60mm望遠レンズ「TELE」

60mmの望遠レンズなので被写体にグッと近づいているのが分かります。

 

橋のセンターにピントを合わせているので、周辺は自然にボケているのも望遠レンズならではの味ですね。

桜の季節や紅葉の時期は迫力のある写真が撮れそうです。

MOMENTレンズ「WIDE」と「TELE」の特徴

広角レンズと望遠レンズによる画角の違いがよく分かったと思います。

 

ただ人によっては次のような疑問が浮かぶ方もいると思います。

これなら被写体から距離を離したり近づいたりするだけでいいんじゃないの?

 

僕もはじめはそう思っていたのですが、実は細かい点に違いが出ているんです。

ここからは、2つのレンズの特徴を解説していきます。

MOMENT広角レンズ「WIDE」の特徴

広角レンズの特徴は遠いものをより遠くに写すことなんです。

つまり写真に奥行が出ること。

 

一般的なスマホレンズというのは、どんなに画素数が高解像度になったとしても小型レンズという構造上、奥行の表現を克服することはできません。

 

ここが外付けレンズを購入する一番のメリットと言えますが、広角レンズを装着して撮影することで得られるのは画角の広さよりもむしろ奥行感なんですね。

 

Momentさん(@moment)がシェアした投稿 -

こちらの写真はMOMENTのWIDEレンズで撮影された写真ですが、かなり奥行を感じることができますね。

 

遠くのものがより遠くに映ることで、長い道がしっかりと写真の中に収まっています。

 

Momentさん(@moment)がシェアした投稿 -

この写真も下まで続く階段の奥行をしっかりと表現できています。

 

通常のスマホレンズだとここまでの表現は出せません。

色合いや画質というよりも距離感が全く変わるのが広角レンズの特徴です。

MOMENT望遠レンズ「TELE」の特徴

望遠レンズを使うと迫力のある写真が撮れます。

 

その大きな理由は近いものがより近くなることにあるんです。

広角レンズの特徴とは真逆の性質を持っているのが望遠レンズです。

 

尚、人間の目の画角は50mm程度と言われているので、60mmのTELEは通常のスマホレンズよりも人間の目で見た世界に近い写真が撮れるということでもあります。

 

よく「めちゃくちゃ綺麗な景色だなぁ!」と思ってスマホで撮影すると「なんじゃこりゃ・・・」と実際に見ている風景と撮影した写真の味気なさに衝撃を受けることがあると思います。

 

これも結局は距離感や奥行の問題が大きく影響しているんですね。

 

Momentさん(@moment)がシェアした投稿 -

この写真は一見、広角レンズで撮影した方が良さそうな写真ですが、正面にそびえ立つビルの迫力をより強調するために望遠レンズが使用されています。

 

望遠レンズの特徴でもある近いものがより近くになる性質が上手く使われており、人間の目で見た景色のような奥行感があります。

 

Momentさん(@moment)がシェアした投稿 -

被写体にグッと近づくことができる望遠レンズは独特のボケを利用することができるので、料理などの写真を撮影する際も活用できます。

 

人間の目もそうであるようにフォーカスが1つのものに集中するのが望遠レンズの特徴です。

例えば自分の人差し指を見た時に他のものはボヤケて視界に入っているだけですよね?

 

これが人間の目の特徴です。

広角レンズの場合は基本的に全てのものがクッキリと写りますが、望遠レンズはどこに視点があるのかが明確に分かります。

初心者に使いやすいのは広角レンズ

写真に奥行感を与えてより広い範囲を撮影できるWIDEは、通常のスマホでは表現することができないレベルの写真を撮影することができるので、カメラ初心者の方におすすめです。

 

なんだか自分の写真はしっくりこないんだよなぁ

こんな思いを抱いている方は一度MOMENTのWIDEを試してみると良いでしょう。

 

風景写真やおしゃれなカフェの店内の撮影なんかは、レンズをつけて普通に撮影するだけで良い感じに仕上がります。

 

Momentさん(@moment)がシェアした投稿 -

望遠レンズであるTELEは被写体から距離をおいて撮影する必要があるので、距離感を掴むまでに練習が必要です。

 

特に料理などの写真をお店で撮影しようとした時に、望遠レンズだと席を立つ必要があります(笑)

これだと恥ずかしいって思う方も多いですよね?

 

そういう時はノーマルのレンズでも十分綺麗な写真が撮れるので、普通に撮影しましょう。

MOMENTのレンズで魅力的な写真を撮ろう!

今回はMOMENTの売れ筋2トップのレンズのそれぞれの特徴を解説しました。

 

実際に同じ場所から撮影した写真を見てみると、違いは一目瞭然でしたね。

海外旅行と写真撮影が大好きな僕は、出かける際にMOMENTの2種類のレンズをポケットに忍ばせています。

 

2つのレンズを頻繁に使って撮影していると「この感じはTELEで撮った方がいいなぁ」とか直感で分かってくるんです。

普段の何気ない風景や街並みもMOMENTのレンズで魅力的な写真として残すことができるので、是非試してみてください!

 

MOMENTレンズがすぐに欲しい!って方はAmazonがおすすめです。

 

公式サイトより少々高額ですが最短即日届くのと、Amazonプライムの補償があるので不良品が届いた時に返金、交換など迅速に対応してくれます。

関連記事
高性能 iPhoneレンズ【MOMENT】アメリカ公式サイトでの購入方法を解説
関連記事
海外旅行を快適にするあると便利な持ち物やデジタルグッズを特集!

-Tech
-

© 2021 Taro Moteki