Work

【価値あり】新卒フリーランスが無謀な理由と成功させるためのポイント

Gimonさん
Gimonさん
新卒でフリーランスになるのは無謀なのかな?やっぱり特別な才能とかないとダメだよね?就職したくないし在宅で仕事したいからフリーランスに興味あるんだけど。新卒フリーランスとして生きていく方法があるなら知りたいな。

こんな疑問に答えます。

僕は28歳で日雇い派遣のバイトからフリーランスに転身しました。新卒ではありませんが、社会人経験はありません。この記事では、新卒でフリーランスになるのは無謀だけど、挑戦する価値がありすぎな件について解説します。

新卒でフリーランスになるのは無謀な理由

新卒でフリーランスになるのが無謀な理由は以下の通り。

  • スキルがない状態で独立するから
  • 仕事に対する責任感が薄いから
  • 社会人の基礎的なマナーができていないから

スキルがない状態で独立するから

新卒フリーランスのほとんどが際立ったスキルがないでしょう。

世間一般的な常識では「フリーランス=スキルのある人」というイメージのはず。

そのため、新卒者が周りの人に「フリーランスになろうと思うんだよね」と相談したら「無謀すぎるからやめとけ」と言われるのがオチですね。

成果型のフリーランス市場は、基本スキルのある人が優遇されます。

新卒で未熟なスキルしか持っていない場合、以下のような苦労があるでしょう。

  • 低単価な案件しか取れない
  • 継続案件に結びつかない
  • 悪質なクライアントに利用される

新卒者の中には「フリーランスになれば金が稼げる」と思っている方も多いはず。

しかし、実際はスキルのない状態でフリーランスになっても稼げません。
この現実を把握していないと、無謀に感じてしまうかなと。

仕事に対する責任感が薄いから

社会人経験がない新卒者の場合、責任感が薄い傾向にあります。

クライアントからすると、責任感のないフリーランスに仕事を依頼したくはありません。
新卒者=チャラい」といったイメージを持つ人も多いので、案件獲得に苦労するかなと。

僕自身、フリーランスを6年以上続けていますが、結構な下剋上だなと感じます。

  • 信頼関係の構築
  • 納期厳守
  • +αでクライアントの要望を先回りして実践

単に仕事を完成させれば、継続して案件をもらえるわけではありません。

上記の通り、意外にもやるべきことは多いものです。
学生気分が抜けていない状態でクライアントとやり取りすると悪い印象を持たれますね。

僕自身、若いフリーランスに仕事を依頼した経験がありますが、、、

  • 納期守らない
  • 連絡が遅い
  • 自己中な予定変更

などなど、頭を抱えたことが何度もありました。

責任感に自信がない人は、フリーランスになること自体が無謀と言えるかもしれませんね。

【ガチ】フリーランスで後悔する人の特徴:解決策もお伝えします こんな疑問に答えます。 僕はフリーランス歴6年以上。過去に何度も後悔してきたからこそ、今はまともに稼いでいます。今までの経験か...

社会人の基礎的なマナーができていないから

新卒者のほとんどが社会人マナーができていない点で苦労するかなと。

フリーランスの世界でも社会人マナーは大切です。
そのため、マナーがなってない状態で案件を獲得しようとするのは無謀と言えるかもしれません。

  • 言葉遣いがなってない
  • 納期を守れない
  • 連絡のレスポンスが遅い

上記のような人は、クライアントからフェードアウトされます。

フリーランスは自分の振る舞い次第で寿命が決まるんですね。
一度でも悪い印象を持たれると、他のフリーランスに仕事が飛んでいきます。

「なってない人」には「なってない人」しかよってこない

残念なことにマナーがなってないフリーランスには、マナーがなってないクライアントしかよってきません。

  • 超低単価案件を強要される
  • 修正が異常に多い
  • 報酬の未払い

「こんな人とは仕事したくない」みたいなクライアントが集まりやすいということ。

僕自身、社会人経験がないので過去は大きなミスを何度も犯してきました。
変なクライアントに出会う度に「やっぱ無謀すぎるのかな」とか思ったり。

ちょっとした言葉遣いのミスで、案件が流れてしまうこともあるのでマナーは超大事ですよ。

【本質】フリーランスのマナー対策:よくあるNG例も解説します こんな疑問に答えます。 僕はフリーランス歴6年ほど。過去にマナーがなっていないせいで良質なクライアントを失ってきました。フリー...

無謀だからこそ価値があるという話し:人と比べるな

「新卒フリーランスは無謀」と散々言ってきましたが「」のも事実です。

事実、現在では新卒はもちろん中学生や高校生でもフリーランスとして働いている人が沢山います。
「若いからダメ」というデメリットは、働き方次第でどうにでも覆せるんです。

また、普通に考えれば「無謀かどうかはともかく、何かを始めるなら若い方が良い」に決まってます。

無謀だからこそ今すぐに始めるべきってことです。

ポイントはあなたがどう動くかのみ

フリーランスとして生き残れるかどうかは、あなたの行動にかかっています。

  • 無責任で自己中な人→嫌われて終了
  • 責任感が強くギブできる人→信頼される

結論、クライアントの役に立てる人間であれば、年齢や経歴は全く関係ありません。

何度も絶望を味わう→強くなる

フリーランスになってから1〜2年ほどは、何度も絶望を味わう覚悟を持っておきましょう。

「無謀すぎたな…」と泣けてくるような悔しい経験をすることは、あなた自身の成長に繋がります。
絶望を味わうなら若いに越したことはありません。

今すぐにでもフリーランスに挑戦して、数々の失敗や挫折を経験しましょう。
苦しい思いを経験している人だからこそ、物事の大事さが理解できるのです。

無謀な新卒フリーランス転身を成功させるポイント

最後に無謀と言われる、新卒フリーランス転身を成功させるために覚えておくべきポイントをお伝えします。

  • 自己管理を徹底する
  • 若いからこそ自分の事業を立ち上げる
  • 営業スキルを磨いて高単価案件を獲得する

自己管理を徹底する

責任感のあるフリーランスになるには、自己管理を徹底するのがおすすめです。

結論、自己管理ができている人はクライアントからも信頼されやすいですからね。
若いうちから自己管理できるようになれば、フリーランスライフは決して無謀なものではありません。

  • 時間管理
  • 体調管理
  • 雑念を遮断

自分との約束を守れれば、クライアントとの約束を守るのも楽になるはずです。

逆に自己管理ができないと人から信頼されるのは難しいですね。
自由なフリーランスだからこそ、自分を律することが重要になります。

自己管理はスキルとして捉えよう

自己管理と聞くと根性論として捉えがちですが、完全にスキルです。

自分を管理するのは簡単なことではありません。
何度も絶望して悔しい思いをしてください。

あなたにとって最適な自己管理術が見つかれば、新卒フリーランスで稼いでいくことは無謀ではないですよ。

【必読】フリーランス向け6つの自己管理術:思考停止でも成果を出す方法 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はフリーランス6年目で、何度も自己管理能力のなさに絶望してきました。そこから少...

若いからこそ自分の事業を立ち上げる

若いうちからフリーランスになるなら、あなたならではの事業を立ち上げていきましょう。

自分の事業を持つことで、あなたが何かしらの理由で働けない時でも収入を得ることができます。
フリーランスは労働しすぎな傾向があるので、事業でカバーできるようにしておくと安定します。

ちなみにおすすめの事業は、コストをかけずにリターンが得られるもの。

  • ブログ
  • YouTube
  • サービス開発

時間はかかるものの、大きなリターンが得られる可能性を秘めたビジネスは事業として優秀です。

体力のある若いうちに、クライアントワークと事業を並行すれば、1年後には大分かっこいいフリーランスになっているはずですよ。
無謀とか言われても、継続していれば周りは「お前ならできると思ってたよ」と言うようになるでしょう。

営業スキルを磨いて高単価案件を獲得する

新卒フリーランスに、歴6年以上の僕が言えることは「営業スキルを磨け」ですね。

フリーランスって「1人で働きたい」みたいな体質の人が多いので、営業が苦手だったりします。
しかし、営業スキルがないと「良質な案件」はゲットできません。

  • ライタースキルはあるけど営業スキルがない
  • ライタースキルはそこまでだけど営業が得意

上記の2名がいた場合、高単価案件を獲得できるのは後者です。

適切に営業できるスキルを持ったフリーランスは、案件獲得に困ることはありません。
「スキルがないから無謀だよ」とか言われても、営業できれば仕事は取れますからね。

営業はクライアントの要望を的確に汲み取るスキルです

では、営業する際に最も重要なことは何かと言えば、それはクライアントの気持ちを理解することです。

  • 案件の概要を把握
  • +αでクライアントが喜ぶことを考える
  • クライアントに自ら提案する

「言われたことだけやればいい」と考えて営業するのは無謀です。

できるフリーランスは、クライアントの要望を先回りして考えて自ら提案しています。
その結果「この人に仕事を依頼してみたいな」と思うわけですね。

営業スキルは全ての仕事で役に立つので、若いうちからガンガン磨いていきましょう。

【海外ノマドの営業方法】仕事を取り続ける秘訣&営業テンプレ公開! この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は現在、フランスの田舎街で海外ノマドしています。仕事はライター、輸入物販、ブロ...

新卒フリーランスは無謀だけど未来が明るすぎますよ

結論、新卒でフリーランスになることは、決して無謀ではありません。

大事なのは、あなたがどんな振る舞い方をするかです。
責任感を持って仕事に取り組めば、むしろ若いことがメリットになりますよ。

今すぐ副業としてフリーランスデビューしよう

新卒でフリーランスになろうと考えているなら、今すぐ副業としてフリーランスデビューしましょう。

副業として実際に案件をこなしていけば、学校を卒業するまでにある程度のスキルを習得可能です。

  • 気になる職種をリストアップ
  • 興味のある案件に応募
  • 案件を実践→失敗→改善→実践

無謀と言われる未熟者のうちに経験を積んでおけば、それこそ強いフリーランスになれるはず。

周りの意見を気にすることなくガンガン行動して、フリーランスとして明るい未来を掴めるようになりましょう。

【副業在宅ワークおすすめ15選】将来性や稼ぎやすさも解説します こんな疑問に答えます。 僕はライター、ブログ、輸入物販などパソコンのみで完結できる仕事をしつつ海外ノマド生活を送っています。副...