Work

【副業ではなく複業】という働き方パラレルワークの魅力と方法を解説

User
User
最近「複業」って言葉を聞くけど、これって具体的にどんな意味なんだろう?副業とは違うのかな?具体的な意味や複業がなんで注目されているのか知りたいな。

この記事はこういった人に向けて書いています。

パラレルワークとも呼ばれる「複業」ですが、具体的にどんなことを指すのか今一理解できていない人も多いはず。そこで今回は、3つの本業を持っている複業家の僕が副業ではなく複業をおすすめする理由について解説します。

副業ではなく複業という働き方

副業と複業は読み方は同じでも、意味合いが全く異なります。具体的な違いから、あまり知られていない複業の魅力について紹介します。

副業と複業の違いはどこ?

まず、副業と複業の具体的な違いですが、以下のような違いがあります。

  • 副業:サブ、サイドビジネス、副収入
  • 複業:本業、同時並行、やりがい

副業は完全なサイドビジネス

副業は本業の傍らで行うのが特徴です。企業に所属するサラリーマンが副業でお小遣い稼ぎをするイメージですね。本業の前後や休日を使って副業を行うのが一般的で、会社の給料とは別の副収入を得るために行われるものです。

複業は全てが本業でやりがいがある

複業は各仕事を同時並行して行うようなイメージです。全てが本業で副収入のためではなく、やりがいやリスク分散の意味合いが強くなっています。フリーランス、正社員に関係なく複数のビジネスを本業として行っていることを複業と言います。

複業が選ばれる理由

副業ではなく複業が注目を集める理由には、現代に生きる社会人としての問題を解消するような側面があるからと言えるでしょう。

1つの企業に依存しない働き方

複業することで、1つの企業に依存する働き方からら脱することができます。

終身雇用という神話がなくなってしまった今、各個人でリスクヘッジをしていかなければならないのは分かりきったことです。複業をすることで収入源を分散させることはもちろん、1人の社会人として複数の側面を見せることができます。

例えば

  • 大手製薬会社に務める営業マン
  • 営業マン×Webデザイナー×ライター

という2人の社会人がいた場合、単純に営業マンだけをしている人よりもWebデザイナーとライターを複業として行っている人間の方が戦闘力が強いと言えるでしょう。

大手製薬会社の営業マンは会社が潰れたら終了ですが、複業家であれば依存することなく立て直しできます

結果として収入アップに繋がる

複数のビジネスを並行して行う複業家は、結果として収入アップに繋がることが多いです。

一般的なサラリーマンは1つの企業から給料を受け取ります。しかし、複業家の場合は複数のクライアントや企業から収入を得ることができます。各仕事で成果を出すことで収入をコントロールできるのも複業家ならではの特徴です。

複数のスキルを融合できる

いくつもの仕事を並行する複業家は、各仕事で培ったスキルを融合させることができます。

例えば、コンサルタント、プログラマー、翻訳家の仕事をしている人であれば培ったスキルを融合させて新しいサービスを生み出すこともできるでしょう。

どんなに関係ない仕事を複業として行っているとしても自然とスキルが融合される。これも複業家ならではの魅力ですね。

複業OKの企業も出てきている

魅力の多い複業ですが、企業の中には「複業禁止」としているところもまだまだあります。そんな中、複業という働き方に対してOKを出している企業もあるのです。

ここでは複業や副業を認めている代表的な企業を紹介します。

専業禁止「エンファクトリー」

専業禁止というユニークな規則を掲げているエンファクトリーは、複業を勧めるだけでなく独自のサポート体制を設けています。組織としてだけでなく個人へのフォローを考慮した方針が特徴的です。

 

副業禁止を禁止「サイボウズ」

副業と複業の禁止を撤廃したことで有名なのがサイボウズ。社員それぞれの働き方を尊重する方針に切り替えることで働きやすい環境を整えています。社名を出さなければ複業をする際、会社に報告する義務がないのも現代企業らしいですね。

 

Dual Work推奨「JAM」

複業を「Dual Work」という言葉に置き換えて、推奨しているのJAM。社会人として優れた人材が複数の領域で活躍するのは当然と考え、他企業の仕事を抱えることを企業として許可しています

 

メンバーシップオプション「LiB」

他社もしくは、自身がCEOの人でもプロジェクトへ参加する形で仕事ができるようになっているLiB。複業家としてプロジェクトに参加するにも関わらず、待遇面は正社員と同様というところも新しい働き方に協力的なのが分かります。

 

複業的に働く人の事例【パラレルワークの可能性】

ここでは複業という新しい働き方の事例を紹介します。正社員、フリーランスと分けて解説するので参考にしてみてください。

正社員プラス他社の仕事を請け負う複業家

日本企業に正社員として雇用されているプログラマー。

  • オフィスに通うことはなく、完全なリモートワークで業務を行う
  • 企業とは週に1度、スカイプによるミーティングを行う
  • 複業としてWebコンサルタントを兼業
  • 英語によるコンサルティングで世界中の企業と仕事をする
  • 拠点:タイ・バンコク

僕が実際に会った日本人プログラマーです。

彼はバンコクでWebコンサルタントをしていますが、同時に日本企業に正社員として雇用されています。複業を選んだ理由は「オフィスに通わなくていいなら正社員のメリットは大きいと思ったから」ということです。

確かに通勤する必要もなく仕事も安定的に入ってきて正社員としての待遇が受けられるのは魅力ですね。

正社員としてはWebアプリ開発に携わっていまして、そこから得た経験がWebコンサルタントに活かせているようです。これは複業ならではのメリットと言えます。収入は正社員の給料に加えてコンサルタントの報酬もあるので、かなり大きいです。

3つの仕事を行き来するフリーランス(僕です)

フリーランスとして3つの仕事を並行しているのが僕です。

  • ライター
  • ブログ
  • 輸入物販

上記3つの仕事を複業として行っています。

では、なぜ複業しているのかと言うとお互いのビジネスの弱点を補填できるからです。

輸入物販はライターやブログと比較して利益率が悪く不良在庫になるリスクがあります。ライターは執筆に時間がかかりますし、ブログ収益だけに依存することはできません

僕の感覚としては複業をすることはとても自然なことなんですね。それぞれのビジネスにはメリット・デメリットがありますが、複業をすることでフラットにすることができるんです。不安定なフリーランスとしては大切な考え方かなと感じてます。

と御託を並べていますが、本音はただ楽しいだけなんですけどね(笑)

複業はそれぞれの仕事に相乗効果を与える

正社員・フリーランスに関係なく複業のメリットと言えるのが相乗効果です。

例えば僕の場合

  • ライター:お金を稼ぎつるライティングスキルをつける
  • 輸入物販:世界を旅しつつ転売商品を見つける
  • ブログ:旅、ライター、輸入の情報を発信してマネタイズ

というような複業スタイルになっています。

ライターの仕事はブログ執筆に役立ちますし、ライターと輸入物販は、ブログの情報源になっているんですね。これに加えてをしているため、海外ノマドとして情報を発信したり、各地で輸入物販の商品を見つけることもできます。

複業はそれぞれのスキルを相乗効果的に伸ばすことができる新しい働き方です。個人的には複業した方が、人間として魅力的で強い人材になれると思っています。

今後は副業ではなく複業する時代へ

ということで、今後はサイドビジネスの副業ではなく、全て本業の複業がスタンダードな働き方になるんじゃないかと。もしも、あなたが「自分も複業してみたい」と思うなら簡単です。ここでは、複業を始めるためにやるべきことを紹介します。

複業するために活用するべきツール

企業に属しながら、またはフリーランスとして複業を行うにはクラウドソーシングサービスの活用がおすすめです。クラウドソーシングサービスを利用することで、複数の仕事や職業を兼業することができます。

おすすめのクラウドソーシングサービスは

  • ランサーズ :日本最大級のクラウドソーシングサービス。案件数が豊富で初心者向けの仕事も多いのが特徴。
  • クラウドワークス :ランサーズと同じく日本最大手のクラウドソーシングサービス。ランサーズにはない案件も多く、両方使うのが最適です。

の2つですね。

また、プログラミングスキルを持っている人であれば

あたりが単価も高く複業には最適です。

どのサービスも無料で利用できるので、まずは会員登録とプロフィールを作っておくと良いでしょう。これで複業をスタートする環境が整います。

でも自分には特別なスキルなんてないんだけど…

そんな人もいますよね?でも安心してください。ランサーズやクラウドワークスには「初心者OK」や「未経験者歓迎」のような案件も豊富に揃っています。もちろん単価は安いですが、初心者から脱却して複業を始めるには良いんじゃないかと思います。

【副業で月2万円】継続して収入を得るならクラウドワークスがおすすめ この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は現在ライターとしてクライアントワークをこなしつつブログを書き片手間で輸入物販...

複業家は発信することも1つの仕事

複業家としてデビューしたら、その経験をぜひ発信してみてください。

複数の仕事に対してスキルや経験を持っている人間は多くいません。だからこそ、あなたの持っている経験を、誰かが抱える問題解決に役立てることができるんです。それはクライアントかもしれませんし、今このブログを読んでいる読者のような人かもしれません。

発信する媒体は

  • ブログ
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube

など、パブリックな場であれば何でも構いません。

僕はブログをメインに複業の情報を発信していますが、お陰様でブログを通してライターの仕事を依頼されたり、輸入に関する相談を受けたりもしています。

でもさ、複業を始めたばかりの人間に発信する情報なんてないよ

このように思う人は「ちょっと前の自分にアドバイス」する感じで文章を組み立てるのがおすすめです。

  • なぜ複業を始めようと思ったのか
  • 今の職種を選んだわけ
  • 職種の魅力
  • 複業の苦労や失敗談
  • 複業を選んで良かったこと

こんな感じの情報を発信することで、誰かの役に立ったり、あなたと仕事したいと思ってくれる人に出会うキッカケを作ることができます。

今後は個人として発信力のある人間の方が有利になってくるはずです。発信することに失敗なんてありません。誰かの反応を引き出せるような複業家を目指していきましょう。

【ブログでアフィリエイト】を始めたい方に必要なサービスとは?ブログでお金が稼げるって聞いたけど、具体的にどんなサービスを使えばいいの?」って方の疑問に答えます。 これからブログを始める人に最低限...

複業家になって時代の変化に負けない人間になろう

複業家になるということは、企業に依存しない人間になるだけでなく、収入源の分散やリスクヘッジなど様々なメリットがあります。

各仕事から培ったスキルや経験は、あなただけのものかけがえのない価値になるはずです。

時代の変化は激しいもので、今までのように「大手企業だから安定」なんていう思考や風潮はリスクでしかありません。

複業家として新しい働き方を手に入れたいなら

という2つのサービスには最低限登録しておきましょうね。

古典的なビジネスや最先端のビジネスなど、複数の仕事をかけ合わせて仕事を楽しんでいきましょう!