LifeStyle

【30代】人生を少しでもハッピーにしたい人に贈る「7つの生き方」

1月 10, 2018

30代になってくると、人生の進路を決めるような決断が多くなってきますよね。

 

結婚、出産、転職、起業などなど、あらゆる決断を目の前にして「どうするべきか」と悩んでいませんか?

今回はそんな方に、日々を少しでもハッピーに過ごせるような生き方をまとめて紹介します。

悩み多き30代に贈るハッピーになる「7つの生き方」

30代になると責任を問われることが増え、本当にやりたいこととは違うことで埋め尽くされている人も多いはず。

 

キャリアアップして前に進む人を見て、嫉妬してしまう自分に落ち込む人もいるでしょう。

何だか周りの人や環境に左右されてしまって、自分は何をやってるんだろう?って生き方に悩んでしまう方も沢山いると思います。

 

そんな方は、以下で紹介する方法を試してみてください。

30代が楽しくなる生き方1:時間の使い方を変える

人それぞれ時間の使い方は違うのは当然ですが、一度冷静に考えてみてほしいことがあります。

 

あなたは自分のために1日どれくらいの時間を使えていますか?

 

「自分のため」というのは次のようなものです。

  • 明日の自分が少しでも楽しくなれること
  • 将来の自分のために学習する
  • 没頭できる趣味

会社での仕事が楽しいとか明確な目標を持って挑んでいる方は、それも自分のための時間と言えるでしょう。

 

家族のためだったり、上司のためだったり、友達との誘いを断れなかったりなど、自分の時間を浪費してしまうのは非常にもったいないことです。

疲れて家に返ってきてテレビなんて見ていませんか?

 

大切なあなたの時間をテレビに搾取されていると考えてみてください。

明日をもっと楽しく生きたいと願うなら、自分と向き合う時間を作ってみたり、ノートに気持ちを書き出したりして整理するのがおすすめです。

 

生き方は人それぞれですが、充実している人は時間の使い方が上手です。

30代にもなると毎日があっという間に終わっていくように感じますよね?

 

だからこそ大切な時間を自分の成長のために使っていきましょう。

30代が楽しくなる生き方2:無駄なものを捨てる

仕事もプライベートでも、無駄なもので溢れていませんか?

 

例えば人間関係。

一緒に居たいとも思えない人と無理に話しを合わせて笑顔を作っていませんか?

 

そんな人間関係は捨てましょう。

案外、相手もそう望んでいるかもしれませんよ。

 

次に物。

部屋の中や服、カバンの中や財布の中のポイントカードなど、日常生活で使わないものは抱えていても仕方ありません。

あったらいいなぁ位の物は全て処分して身軽な自分を取り戻しましょう。

 

ついつい自分は仕事をしているとアピールしようとして、メールの整理やファイルの整理なんかをしていませんか?

そんな習慣は自分を嫌いになってしまう原因になるので捨ててしまいましょう。

 

30代にもなると気がつかないうちに無駄なものを抱えがちです。

そんな自分に気づいたら、ホコリをはらうように不要なものを捨ててあげることで、心身共に身軽になってハッピー感が増しますよ。

30代が楽しくなる生き方3:早起きする

もしも今のあなたが毎日7時に起きているなら、1時間早い6時に起きるようにする。

 

たったこれだけのことですが、1ヶ月も続けてみると自分の中で変化を感じることができます。

いつもより1時間早く起きると、朝の時間を作れますよね。

 

1時間早く起きて何をするのか悩んでしまう方も多いと思いますが、自分の好きなように過ごせばいいんです。

というのも、あなたはいつもより1時間も早く起きるという目的を達成しています。

 

本来ならあと1時間寝ていられるところを、自分の意志で起きることを決断しました。

とても素晴らしいことです。朝一番から素晴らしいことをしたと思えばハッピーですよね。

 

1時間早く起きることに慣れてきたら、自分が本当にやりたいことや挑戦してみたいことに時間を使うとよりハッピーになります。

30代が楽しくなる生き方4:朝一番は瞑想とストレッチ

早起きをすると身体が眠った状態のままの人は沢山いるでしょう。

 

30代になってくると身体もなまってきます。

そこで朝起きたらストレッチをすること。

 

ストレッチは柔軟体操のように身体をゆっくり動かすのがポイントです。

凝り固まった身体をほぐすようなイメージで行いましょう。

 

ストレッチが終わったら瞑想をします。

ストレス解消にも効果的な瞑想は、朝一番にやるのがポイントなんです。

 

初めは5分くらい目を閉じて深呼吸を繰り返すだけでOK。

 

人間、普段の生活の中で深く呼吸することが非常に少ないんですね。

特にオフィスワークの方は、浅い呼吸で1日を過ごしてしまうというデータも出ています。

 

浅い呼吸はストレスにもなりますし、脳に酸素が行き渡らずに決断力も鈍ります。

そんな方にも瞑想はおすすめです。

 

日常生活の呼吸の質を変えることで人生はハッピーになりますよ。

関連記事
瞑想の効果を解説!〜現代人に最適な方法と考え方〜

30代が楽しくなる生き方5:体力を意識的につける

「病は気から」と言いますが、実は「気は身体から」きています。

 

これは当然の考え方ですよね。だから「心身共に健康」という言葉があるんです。

 

30代になると体力が著しく落ちていきます。

普段の生活で使う筋肉の動きよりも筋肉が衰えるスピードが早くなっているんですね。

 

この状態が続くと精神的にも落ち込んでいきます。

 

実は頭で悩んでいることは、身体を動かすことで解消することができるんです。

頭で考えても仕方ないなんてよく言いますが、これは身体を動かすべきということですね。

 

体力がなくなると精神的にも打たれ弱くなります。

人間の根本的な生命力が弱くなるといったイメージですね。

 

なので、意識的にトレーニングすることが非常に重要になってくるんですね。

 

特に1日中座ったままのオフィスワークの方などは、健康な身体を取り戻すためにもすぐにでも始めるべきです。

関連記事
【30代オフィスワーカー】が最低限やるべき筋トレメニューはこれ!

30代が楽しくなる生き方6:やめることを決める

ついついやってしまう悪い習慣はないでしょうか?

これは自分でもダメだなぁと思っていることです。

 

例えば晩酌、喫煙、暴飲暴食などが典型的ですね。

 

やめたいと思っているのについつい繰り返してしまうことは、自分のことを嫌いになる大きな原因になります。

やるべきことがあるにも関わらず違うことがしたくなってしまったりすることもあるでしょう。

 

でも30代になったらそれではダメと気づくべきですね。時間がもったいないですから。

ただ悪い習慣も良い習慣も同じ習慣です。

 

つまり習慣化するまで頑張れば解決します。

 

「そんな事知ってるわ!バカ」って声が聞こえてきそうですね(笑)

 

▼僕はこの本でかなり改善しました▼

30代が楽しくなる生き方7:環境を変える

もしも金銭的にも余裕があるなら、思い切って環境を変えることで人生をガラッと変えることができます。

 

本当に嫌で仕方がないような環境にいるなら、そこから脱出しましょう。

嫌だった場所から離れるほど人生を大きく変えることができます。

 

それは海外でもOKです。

今まで就職してサラリーマンをしていた方には信じられない話しかもしれませんが、今の時代、特別なスキルがなくても個人で仕事をすることもできます。

 

フリーランスの中でも場所に囚われることなく楽しい生き方をしている30代は沢山いるんですよ。

スキルなんて実践でつけていけば問題なしです。

 

人生を大きく変えることは大変かもしれません。

でも大変って漢字は「大きく変わる」ことを意味しています。

 

不満だらけの生活を脱出して自分の人生を歩んでみませんか?

関連記事
場所にとらわれない働き方〜ノマドワーカーに最適な職種10選〜

無駄と思うような行動に幸せは隠されている

一見、そんなことをしても意味がないだろうと思うことにこそ、人生を幸せにする生き方が隠されているのは間違いありません。

 

今までの自分の行動に不満を持ったまま30代に突入して人生への不安が大きくなってしまった方は、今回紹介した7つの生き方の中から好きなものを実践してみてください。

 

日々の生活を少しだけ変化させることで先の人生が大きく変わるのは確かです。

 

今をどう生きるかを少しづつ意識して変えてみることが大切なのではないでしょうか。

 

▼生き方を根本的に見直すことができるおすすめの本はこちら▼

-LifeStyle
-

© 2021 Taro Moteki