Travel

海外旅行を快適にするあると便利な持ち物やデジタルグッズを特集!

12月 23, 2017

海外旅行に行くのって本当に楽しいことですよね!

 

全く知らない世界を肌で感じることができて、現地の人たちの文化に触れることができる。

こんな素晴らしい体験ってないと思います。

 

今回は旅好きの僕が海外旅行に行く際に必ず持っていく持ち物を紹介。

最低限持っておくべき物と、旅をより楽しくしてくれるガジェットを特集します。

海外旅行に最低限持っていく物

まずは海外に行く時に最低限必要な物を紹介します。

 

パスポートは当たり前なので外しておきました(笑)

防水バックパック

以前、台湾の九份に行った時、夕立のような大雨に襲われました。

 

何とか必死で観光しましたが、帰りのバスで思ってもいなかったようなことが起こったんです。

それまではグレゴリーのバックパックを愛用していたのですが、雨がバックパックの中に溜まっていたんです(笑)

 

Taro Motekiさん(@moteki_taro)がシェアした投稿 -

雨が溜まってしまうほど降っていたとは・・・

 

この事件によってリュックの中に入れておいたデジタル機器は壊れ、パスポートはぐしゃぐしゃになってしまいました。

海外旅行では日本では考えられない大雨が突発的に降る地域も沢山あります。

 

そんな場所ではバックパック用のレインカバーでは正直対応しきれません。

なので僕は防水のバックパックを購入しました!おすすめはアークテリクスですね。

 

完全防水で作りがかなりしっかりしています。

形がある程度固定されているのでパッキングにコツがいりますが、慣れると快適です。

 

おすすめのパッキング方法は衣類圧縮袋を使わずにバックパックの形に合わせて収納することです。

クレジットカード

海外で高額な商品を購入しようとした時に、日本円を現地通貨に換金してとかしてる人はものすごい損をしてる可能性が高いです。

 

クレジットカードならポイントも貯まるし、万が一トラブルが起きてもしっかり対応してくれるから安心ですね。

 

僕のおすすめは楽天カードです。

楽天ポイントがバンバン貯まるので、ポイントで何か買ってメルカリやヤフオクで販売したりもしています。

 

新商品なら一瞬で売れるのでおすすめです。楽天ブックスで電子書籍を購入する時にも使えます。

プレミアムカードにすると海外旅行の際のカード盗難保険や傷害保険もついてきます。

 

国内旅行ならラウンジを無料で使えたりもしちゃいます。

MasterCard、JCB、VISAと選べますが、海外で使うならVISAがベストです。

 

 

デビットカード

デビットカードの存在を知らない人も結構多いですが、これあると本当に便利なんですよ。

 

デビットカードで買い物すると、事前に登録した銀行口座から瞬時に引き落とされるんです。

しかもVISAやJCBなど各種カード会社から発行できるので海外でも普通に使えます。

 

そして海外のコンビニなどのATMで現金を下ろすこともできます。

もちろん手数料はかかってしまいますが、銀行口座から瞬時に引き落とされるので使いすぎる心配もありません。

 

デビットカードのおすすめも楽天ですね(笑)

楽天銀行の口座も作っておけば、アプリから残高の確認ができたり入金や支払いのメールもその都度確認できます。

 

楽天銀行同士なら24時間365日振込ができるのも便利です。

現地のカードが使えるレストランとかは、デビットカードで支払いを済ませれば現金を沢山持っている必要もないので楽ですよ!

 

 

ボールペン

ボールペンは絶対に必要です。

 

機内とかで出入国カードを渡された時とかボールペンないと書けないですからね。

空港で記入しようと思っても、治安があまりよろしくない国ではボールペンが盗まれていたり、そもそもなかったりしますので僕は必ず持っています。

 

特にこだわりはないですが、ジェットストリームのボールペンをずっと愛用しています。気温の影響なども受けにくい滑らかな書き味が魅力ですね。

財布

僕は高城剛さんに影響を受けて、財布を持たない生活をはじめて5年以上経ちます。

 

はじめは普通の輪ゴムを使っていたのですが、輪ゴムって結構頻繁に切れてしまうんですね。

そんな時に高城さんが勧めていたのが、モビロンバンドという特殊な素材でできたバンドです。

 

モビロンバンドは非常に耐久性があって、滅多なことが無い限り切れることもありません。

なので、自転車やバイクなどの日常的に日光や雨に晒されるような場所での使用にも適しています。

 

僕はモビロンバンドを気張って2袋購入しましたが、このままのペースで使うと人生2回分くらいはもちそうです(笑)

スポーツサンダル

Tシャツで過ごせるような国へ旅行に行った時、スニーカーやブーツではもったいないです。

 

ただ親指と人差し指の間に引っ掛けるタイプのビーチサンダルは絶対にやめた方がいいですね。

僕は朝、散歩に出かけて途中でホテルの場所が分からなくなってさまよった時に、指と指の間が擦れて非常に痛い思いをしました。

 

旅慣れている欧米人の方に多いのは、やはりスポーツサンダルです。

ビーチサンダルと比較すると少々高額ですが、その分耐久性もあり履き心地が最高です。

 

なるべくコンパクトになるものをチョイスすると良いですね。

モバイルバッテリー

USB経由で充電できるモバイルバッテリーは旅の必需品ですね。

 

万が一の時に備えて持っておいて損はないですし、僕の場合、旅先でデジカメの充電がバッテリーがなくなった時は予備のバッテリーに交換するのではなく、デジカメに直接USBケーブルを繋いで充電しながら使っています。

 

ポイントは程よい大きさであること。

モバイルバッテリーは容量と重さがほとんどの場合比例するので、容量重視で商品を選ぶよりも軽さと形で選んだ方が良いです。

 

おすすめはANKERのモバイルバッテリーです。

僕が使っているのはこれです。

PC

僕の仕事はPCとインターネットがあればできる仕事がほとんどです。

 

逆にいうとインターネットが繋がっていない or めちゃくちゃ遅い国や場所に行くと非常に不安になります。(笑)

 

デジタルノマドと呼ばれる働き方をする人が年々増えているのをご存知でしょうか?

場所に囚われない働き方や生き方を追求していて、物価の安い国で生活しながらインターネットを介して仕事をするのは非常に健康的で楽しい人生ですね。

 

僕も海外旅行に行った時は仕事をしやすそうなカフェなどを探しては入って、その国のコーヒーを味見しながら仕事をしています。

 

興味のある方は場所にとらわれない働き方〜ノマドワーカーに最適な職種10選〜を見てみてください。

旅を快適を快適にする便利グッズとデジタル機材

ここからは僕が個人的におすすめする旅を、より楽しくしてくれるデジタルデバイスを紹介します!

カナル型イヤホン

一人で旅に行く際や飛行機の機内で熟睡 or 集中したい時におすすめなのが遮音性の高いカナル型イヤホンです。

 

ヘッドホンはかさばるしメガネの僕にとっては、フレームとヘッドホンが擦れて痛いんです。

カナル型イヤホンはそんなこともなく耳にフィットするのでおすすめです。

 

ノイズキャンセリングシステムがついたイヤホンも良いのですが、電気を消耗するのが僕は嫌いなのでSHURE製のイヤホンを使っています。

こちらは耳にかけるタイプのモニター型のイヤホンで低音も高温もバランス良く、遮音性も非常に高いです。

 

スポンジのような感触のイヤーフォームが付いてくるので、そちらに交換することでより耳にフィットして素晴らしい音を楽しめます。

僕は朝焼けや夕暮れ時にチルアウト系の音楽を流しながらジョギングしたりして、それぞれの国で楽しんでいます。

Bluetoothキーボード

ライターやブログ執筆など、何かとテキストを入力することの多い僕にとってBluetoothキーボードは旅を非常に快適にする便利グッズです。

 

折りたたみ可能なBluetoothキーボードをデニムの後ろポケットに忍ばせて散歩して、ふとアイデアが浮かんだ時にすぐにPCがなくても快適にテキストを入力できます。

 

コピーやペーストなんかのちょっとしたショートカットキーも動作するので文章入力が多い人には本当におすすめです。

Bluetooth選びのポイントは折りたたみ式なので、折れる部分がどうなっているかが重要なんです。

 

違和感なく使える商品はキーボードの配列が均一で通常のキーボードと同じように使えますが、ダメな商品はおりたたまれる場所からキーを避けているので、使いづらいんです。

 

Taro Motekiさん(@moteki_taro)がシェアした投稿 -

絶対的におすすめのBluetoothキーボードは「ilepo flyshark2」という機種なのですが、日本では販売していません。

 

僕は海外で購入しましたが、何度か壊れてしまいました・・・

でも形も使い心地も全く一緒の商品がAmazonで販売されています(笑)

 

しかも安い!

僕も購入して使っていますが、打ち心地も良く耐久性もあるので是非試してみてください。

 

サイズ、バッテリー駆動時間、重量などトータルで見るとBluetoothキーボードなら、この商品一択ですね。

スマホ用外付けレンズ

海外にはフォトジェニックな場所が沢山ありますよね?

 

綺麗な海に沈む夕焼けやナイトマーケット、現地の人の生活や超有名な観光スポットなどを写真に収めようとした時に「もうちょっと広角に撮れたらなぁ」とか「もっと臨場感のある写真が撮れないものか・・・」と感じたことはあると思います。

 

でも一眼レフは高いし重いし・・・そもそも一眼レフなら綺麗に撮れるなんて誰が言ったんだ(笑)?

 

僕が愛用しているのは、Momentというアメリカ製のハンドメイドレンズです。

このレンズ、実はAppleが「iPhoneで撮影した写真です。」って自社HPなんかで掲載していた写真を撮る際にひっそりと使われていたという裏話もあり、Appleがレンズのクオリティを認めています。

 

僕がMomentレンズで撮影した写真(iPhone6s + Moment wide)

 

Taro Motekiさん(@moteki_taro)がシェアした投稿 -

僕がMomentレンズで撮影した写真(iPhone6s + Moment tele)

 
 

Taro Motekiさん(@moteki_taro)がシェアした投稿 -

具体的にどのように変わるのかは下の動画を参考にしてみてください!

Moment Lenses REVIEW! - Next Level Mobile Photography

これをポケットに忍ばせているだけで、今まででは撮れなかった豊かな写真がスマホで撮れるようになります。

 

着脱は非常に簡単です。

専用のシールを事前にスマホ側に張っておいて、そこに捻ってつければOK。

 

国内だと結構高額で販売されていますが、届くまで10日ほど待っても定価で買いたいという方は高性能 iPhoneレンズ【MOMENT】アメリカ公式サイトでの購入方法を解説を参考にしてください。

スマホ動画撮影用ジンバル

カメラ好きやドローン好き以外の方で、ジンバルの存在を知っている方はまだ少ないでしょう。

 

ジンバルとはデジタル制御によって3つの軸を自動で補正して手ブレを修正する機能がついたもので、ドローンの普及で発達し、今ではスマホ用が発売されるまでになりました。

 

このようにスイッチを入れるだけで手ブレから開放されるんですよ(笑)

これ本当に便利で僕も海外旅行に行く時は絶対持っていってます。

 

現地でも欧米人のYouTuberが、これで自撮りしながら一人で撮影していて「あっ!お前もこれ使ってるんだ!」って話しかけられたこともありますね(笑)

 

トゥクトゥクとかボートに乗った時もブレることなく撮影できるので、海外旅行には絶対に持っていくべきでしょう。

 

ちなみに!このスマホ用のジンバルに先ほど紹介したMomentのレンズを合わせると映画みたいな映像が撮れます。これマジです。

iPhone 8 4K 60FPS Camera Test ft. Moment Lens & Zhiyun Smooth 3 Gimbal

ね、本当でしょ。

 

すごい時代ですよね。

トータルで3万円程度でこんなに綺麗な映像が撮れてしまうんですよ。

 

知らない人は是非、手にとってみてくださいね。

さぁ荷物を持って海外旅行に出かけよう!

如何でしたか?海外旅行に行く際に必ず持っていくべき持ち物と、より海外旅行を楽しむための便利グッズを特集しました。

 

必要最低限の持ち物と旅の思い出をより魅力的に撮れるデジタル機器や、ブロガーにも最適なBluetoothキーボードなどを持って出かければ、どこでも仕事ができて世界中に素敵な景色を発信することができますね。

 

是非、実際に商品を購入して海外旅行を楽しんでくださいね!

今回紹介した商品の多くは、旅するように生きている高城剛さんの持ち物リストがまるっと分かるこちらの本でも紹介されています。

 

是非読んでみてください。

-Travel
-,

© 2021 Taro Moteki