LifeStyle

【意外】継続できない理由とは?続かない人が考えるべき原因と解決策

User
User
自分で始めたことなのに続かない。やりたいことを見つけても良くて2週間くらい。いつも道半ばで諦めてしまうのは何故だろう?何かを続けてる人から継続するコツを聞きたいな。

この記事はこういった人に向けて書いています。

僕はフリーランス5年以上で現在はブログの毎日更新を4ヶ月以上継続しています。わりと続けることは得意なのですが、以前は何も続きませんでした。ちょっとしたことがキッカケで継続できる人になったので、本記事で原因と解決策をシェアします。

継続できない理由とは?原因は意外な場所にある

何も続かない人には意外な原因があると思います。もちろん「明確な目標を持つ」とか「計画を立てる」とか重要です。でも、それ以前にあなたが気づいてないところに原因があったとしたら?

僕が考える継続できない原因は

  • インターネットと繋がって全てが簡単になった
  • 注意が散漫になっている
  • 頭で考えるが体は動かさない

などがあります。

インターネットと繋がって全てが簡単になった

継続できない原因の1つにインターネットが身近になったからという問題があるかなと。

小さな疑問はググれば解決するし、買い物もできて、お金も稼げるようになりました。しかし、これこそが継続できない原因を作っているのかなと感じます。

インスタントな世界に僕たちは慣れてしまった

どんな情報でも手軽で簡単、しかも無料で手に入るようになりました。

これって良いことなんですが、気がつかないうちに「何でも簡単」と頭に刷り込まれていませんか?

例えば「継続できない理由を探そう」と思ってググるとかもそうですね(笑)

簡単に答えが分からないことが苦痛に感じる

インターネットに慣れすぎてしまうと、難しい問題や解決策が見つからない時に苦痛を感じますよね。

「なんで答えがないんだよ」みたいな感じで、機嫌が悪くなってしまうことも。でも、本来は疑問って自分で解決することですよね?

まずは自分で考える←ができてない

継続できない人って、自分で考えられていない人が多いです。何か嫌に感じた時に感情的になって、すぐにやめてしまったり。

問題に直面した時に「どんな解決策があるのか?」を自分自身で考えられれば、ほとんどの場合正しい選択ができると思います。

本当の答えはインターネットにはないもので、実は常の自分の心の中にあるんです。

注意が散漫になっている

継続できない原因の1つに、注意が散漫になって集中できないことがあると思います。

これはインターネットも関係していますが、そもそも情報を取りすぎて雑念が増えてしまっているのかなと。雑念が浮かびまくったら何事も集中できないですからね。

雑念は集中したい時こそ湧いてくるもの

例えば、仕事に集中しようと決めて作業を始めたにも関わらず気づけばYouTube見てたりしませんか?

これは全部雑念が原因になっています。

  • ちょっと背中かゆいな
  • 昨日格闘技やってたらしい
  • お腹空いたな

こんな小さな雑念があなたの集中を妨げているんです。

雑念は絶えず湧いてくる

雑念が湧いてくるたびに「集中しなきゃ!」と気持ちを切り替えられる人って多くないですよね。

僕も気がつくと本読み出したり、ネットで無駄な情報を検索してたりします。自分で意識してそうしてるわけじゃなくて、絶えず湧いてくる雑念にコントロールされてる感じですね。

雑念は継続の大敵です

ということで、雑念が多いと何を続けるのも難しい。例えば「今日飲み行こうよ!」と1回言われただけなら「ごめん今日は行けないや!」と言えますが、何度も誘われると「わかったよ!」とかなるじゃないですか?

雑念もそれと同じで、集中を邪魔しながら何度も誘惑してくるんですね。これが本当に手強くて、継続できない原因になっているのかなと感じています。

頭で考えるが体は動かさない

物事を続けられない人の中には、頭で考えるばかりで行動しないパターンも多いですね。

いろんな情報を頭に入れすぎてしまうと、身動きが取れなくなってしまいます。体を使うことを意識できてないと、途中で諦めやすくなるかなって思います。

情報は取りすぎると太る

食べすぎたり、飲みすぎると体は太りますよね?体が太ると動くのが面倒になって行動量がへったりします。

情報も全く一緒で、取りすぎると動けなくなるんです。

例えば、ライターを目指しているとして

  • ライターの始め方
  • ライターの平均収入
  • ライターのメリット・デメリット
  • ライターに対する批判的な情報
  • ライターよりも良い仕事

みたいな感じで検索して情報をインプットしたら、結構な人が挫折するのではと思います。

なぜなら、実際に挑戦する前の段階で人の意見に耳を傾けているからです。本来なら、自分で考えて挑戦して、分からないことがあるからググるんですね。

ここを飛ばしてライターに関する情報ばかりを摂取して、体を動かさない(行動しない)でいると、やってみようと思ったけどやめたという状況が生まれます。

体を使わないと経験が貯まらない

行動しないと、何事も自分の経験値になりません。継続できに人の多くが行動量が少なすぎると思いますね。

例えば、テレビやYouTubeの旅行番組を見まくってる人で「ベトナムは良いぞ〜。特にホーチミンはおすすめ」みたいなこと言う人がいますが、信頼度ゼロですよね。

頭で経験した気になれてしまうのも、インターネットの悪い使い方なのですが、体を使って経験を積み重ねることって本当に大事なんです。

行動量は自分を裏切ることがありません。

継続できない人がやるべきたった3つのこと

継続できない原因は、インターネット、雑念、行動量だとするなら、まずはここから強制していくことをおすすめします。

継続できない人は

  • インターネットと距離をおく
  • 瞑想とプチ断食でデトックス
  • 体を動かす習慣を作る

という3つのことをやってみてください。

以前の僕は何事も続かない人でしたが、この3つの行動をするようになって継続力が高くなりました。

インターネットと距離をおく

まずはインターネットと距離をおきましょう。

インターネットは本来、必要な時に使うものであって暇な時に使うものではないのです。

  • YouTube
  • ショッピング
  • SNS

これらと距離をおくことで、無駄な洗脳から逃れることができます。

インターネットと離れても死にません

人によっては「でもSNS見なかったら、何すればいいの?」とか「YouTube見なかったら、死んじゃうかも」みたいなことを考えると思いますが、大丈夫です。

人間は、常に何かをしていなければ死んでしまうようにできていません。

むしろ、インターネットから離れて、何もしない時間を味わってみると良いかなと。

無駄な情報をいれなければ雑念も生まれにくい

今まで入れすぎていた無駄な情報をカットすれば、雑念自体の数も減ってきます。

雑念が減ってくれば、仕事中に集中力を欠くことも少なくなりますよ。僕が初めてインターネットをカットした時は衝撃でした。

大体1週間くらいで、自分の中に湧いてくる雑念が少なくなっていることに気づくと思います。

瞑想とプチ断食でデトックス

溜まりに溜まった無駄な情報は、あなたが成し遂げたいことの邪魔しかしないのでデトックスしましょう。

頭の中を空っぽにするには、瞑想がおすすめです。僕は1日5分ほど瞑想をする生活を続けています。

瞑想すると雑念にNoと言えるようになる

瞑想って簡単に言えば、目を閉じて深呼吸するだけなんです。

でも、目を閉じてあぐらかいて5分間深呼吸していると雑念が沢山湧いてくるんですよ。ここで大事なのが「5分間は深呼吸に集中しよう」ということ。

真暗な世界の中にいろいろな空想や雑念が浮かんでくるんですが、その度に深呼吸へ意識を戻していきます。これってやるべきことをやってる時に雑念が浮かんだ時も自然と使えるんです。

雑念は雑念でしかありません

雑念に対して「お前には興味ないんだよ」と言えるようになると、何事も継続しやすくなります。

例えば、新しい仕事を始めた時に

  • 雑念:その仕事今からやっても儲からないらしいよ
  • 僕:あっそ。
  • 雑念:もっと楽して儲かる仕事みつけたら?
  • 僕:興味ないよ

という感じで雑念を雑念として流すことができちゃいます。

イメージとしてはサラッと流す感じですね。雑念は絶えず生まれてくるので、その都度「バカ野郎!」なんて言ってたら疲れてしまいます。

瞑想をすることによって、雑念をサラッと流すことができるようになります。更に、瞑想を継続すれば頭に溜まっていた無駄な情報をデトックスすることも可能です。

詳しい瞑想の方法は下記記事を参考にしてみてください。

>>【無料】集中力を上げるなら瞑想がおすすめ!コスパ最強の理由と方法

体を動かす習慣を作る

最後はやっぱり作業量ですね。

無駄な情報をカットして、雑念を流せるようになったら、作業しまくりましょう。あなたが継続したいことを淡々とこなせばOKです。

どんなことでも作業量で一定の結果は出せる

僕はどんなに頭が悪くて知識がない人でも、圧倒的に作業をすれば一定の結果が出せると思っています。

一定の結果とは、仕事で言えば生活費が稼げるくらいというイメージです。

最も大事なことに時間を使うべき

あなたが今最もやり遂げたいと思うことに対して時間を使うべきです。

副業で稼げるようになりたいなら、副業に時間を割くべきですね。副業に対してできることをどんどんこなしていけば必ず結果は出ますから。

>>仕事で結果を出す努力とは何だ?【結論:作業量でしかありません】

作業と同時に筋トレもしよう

作業と同じくらい大事なのが筋トレです。

筋トレは筋肉をつける目的だけでなく、体中に血液を巡らせることができるのでリフレッシュ効果があるんですね。

僕は最低限の筋トレをしていますが、おかげでデスクワークにありがちな肩こりや腰痛になることも全くありません。

筋トレについては下記記事を参考にしてみてくださいね。

>>【30代オフィスワーカー】が最低限やるべき筋トレメニューはこれ!

まずは3日間チャレンジで新しい自分を知ろう

継続できないと悩んでいる人の多くが、無駄な情報を摂取してしまったり、雑念の誘惑に負けていると感じます。

自分で考えて、行動を積み重ねることはググって答えがすぐ分かるような簡単なことではありません。だからこそ、継続することが大事ですし目標達成できた時の満足感が大きいんです。

「何も続かない」という方は、まずは3日間だけ、今回紹介した方法を試してみてください。きっとちょっとした嬉しい変化が起こるはずですよ!