Work

【不変】仕事のやりがいは心から「ありがとう」を言われた時という話

Gimonさん
Gimonさん
仕事のやりがいってどんな時に感じるんだろう?もう長いことやりがいを見出だせずにいるなぁ…もっと楽しく仕事がしたいな。

こんな疑問に答えます。

僕は仕事が好き!というわけでもありません(笑)しかし、仕事をした後にお客さんから「本当にありがとう!」と心から言われた時、僕は仕事が大好きになるのです。ということで、仕事のやりがいがいまいち分からない方は、この記事を読んでみてください。

仕事のやりがいは心から「ありがとう」と言われた時という話

結論、仕事のやりがいって、他者から「ありがとう」って言われた時かなと。
それも心からのありがとうですね。

なぜなら

  • 他者からのありがとうが仕事の原動力になる
  • 数字が出てもありがとうがなければ寂しい
  • 結局は人間関係に終始する

という流れがあるからです。

他者からのありがとうが仕事の原動力になる

あなたは仕事を完了した際、誰かにマジの「ありがとう」を言われたことがありますか?

  • ありがとう!本当助かったよ!
  • ありがとう!素晴らしい出来だったね
  • こんなに細かい仕事してくれてありがとうね

社交辞令ではなく、本気で誰かにありがとうと言われると、それだけで「明日も頑張ろう」と思えるものです。

どんなに辛い仕事でも、やり切った後の「ありがとう」があるからこそ、モチベーションを保てるのかなと感じます。

我慢をして乗り切った後の「ありがとう」は格別

僕はライターをしていますが、クライアントから時たま無理な依頼をされることがあります。

この際、逆算して「何とかできそうだな」という依頼はもちろんOKしますよね。
しかし仕事には予想外がつきもので、寝れない日々を過ごすことも。

心の中では「何で無理な依頼に無理を重ねてくるんだよ」と苛立っている自分がいます。
でも、ここでグッとこらえて仕事を完遂することに集中する。

  • 納期ギリギリに納品
  • 心の中はまだ苛ついてる

上記のような心持ちの中、クライアントから「本当にありがとうございました!!」と感謝のメッセージが届くと、、、

「こちらこそ!またよろしくお願いします!」

なんて答えてたりします。

さっきまでイライラしていたにも関わらず、本気で人にありがとうと言われると全て吹っ飛ぶんですね。

この時、僕は心から仕事のやりがいを感じます。

数字が出てもありがとうがなければ寂しい

どんなに結果が出ても、ありがとうがないとやり切った感が得られません。

何でしょう、、、仕事は終わってるのに満足感が足りないというか「あれっ?まだ何かやり残したことがあるんじゃ…?」と困惑します。

これは僕だけかもしれませんが、数字として結果が出てるのに相手から「ありがとう」がないと「僕の仕事が気に食わなかったのかな?」と心配になるんです。

クライアントが終わってる場合もある

モンスタークライアントとかは、ありがとうなんて期待したらあかんですね。

むしろこちらの期待を超えて

  • もっと早く仕事して!
  • でも、もっと安くできないかな?
  • 誰か格安で請け負ってくれる人知らない?

などのリクエストをされることも(汗)

こうなっちゃうと、どんなに結果を出してもやりがいを感じれないものです。
過去に何度もこういったクライアントに遭遇しましたが、今は対等に話せる人に限定しています。

結局は人間関係に終始する

ということで、仕事のやりがいを最高に感じれる時って心から「ありがとう」と言われた時であり、すなわち人間関係に終始してるのではと思います。

もちろん数字で結果を出すことも重要ですが「いつやりがいを感じたんだ?」と自問すると、誰かにありがとうと言われた時が圧倒的に多いですね。

ブログでありがとうと言われた時は泣いた

今までにこのブログを通じて、何名もの方から「参考になった!ありがとう!」的なメッセージをいただきました。

ブログって簡単に結果が出るものじゃないんで、収益が立ちだす前に挫折する人も沢山いるんです。

このブログも、未だに月収5万円ほどしか稼げていません。

しかし、記事を読んでくれた人から「ありがとうございました!」って言われると涙が出るほど嬉しいんですよね。
コツコツ記事を書いてきた苦労が「ありがとう」の一言で全て報われる。

ブログというオンラインでしかないメディアで、他者からありがとうを言われた瞬間「このブログも人間関係でなりたってるんだ」と自覚できます。

「ありがとう」

これが欲しくて仕事してるんじゃないでしょうか。

仕事のやりがいを感じる「ありがとう」を引き出す方法

いやらしい話ですが、相手からマジの「ありがとう」を引き出す方法を冷静に考えてみました。

仕事のやりがいを感じたい方は、試してみてください!

  • 相手の立場に寄り添って考える
  • 期待値を上回る結果を出す
  • 時には腹を割って話すことも重要

相手の立場に寄り添って考える

良質な人間関係の第一歩は、相手の立場になって考えることですね。

  • どんな問題を抱えているのか
  • どんな結果を出したいのか
  • 自分に求めていることは何か

上記3点を相手の立場に寄り添って考えることで、感謝してもらえる仕事ができるようになるのかなと。

「大体こんなもんだろう」という自分よがりな考えだと、人に感謝されることはなく、結果としてやりがいも感じにくいと思います。

人の気持ちを理解するのは難しい

相手の気持ちに寄り添うって決して簡単なことじゃないですね。

僕はいつも「面倒くさい」って思います。
ただ、今まで6年以上フリーランスやってきた経験から言えるのは、面倒くさいで終わらすと、クライアントもフェードアウトしていくってこと。

本質を言えば、選択肢があるようでない世界というか、人から本気で感謝される人間になれなければ「仕事=お金」は巡り巡ってこないと思います。

だからこそ、面倒でも相手の気持ちに寄り添うことが大事なんです。

それがやりがいとなって返ってくるのかもしれません。

期待値を上回る結果を出す

相手の立場を想像し理解できたら、できるだけ期待を上回る仕事をしましょう。

  • 相手の要望を理解→この時点でしんどい
  • 期待を上回る→自分にできるか分からない

上記のような感じで、相手の期待を上回るのって難しいですね。

でも、期待を上回るように努力することで、自分自身の成長に繋がっているのは確かです。

人間の可能性は無限かって話

常に期待を上回ろうとするとストレス全開になりますよね。

以下は僕のパターンです。

  • クライアントから「転職」について執筆依頼をもらう
  • しかし、、、僕には社会人経験がない
  • 期待を上回るために遠回り→時間かかる

僕はバイトからフリーランスになったので、社会人経験がありません。

それでも嬉しいことに、クライアントから転職案件をいただき奮闘しています。
知らないことを書くのは正直辛いですね。

でも、ライターとして奮闘していると1つの答えが見えてきます。

  • 転職の悩みを読み漁る
  • 自分が転職したことないと気づく
  • 自分は転職のド素人としてポジショントークできる

こんな感じで「転職の素人が分からないことを調べ上げました!」って記事を作ると、クライアントから「すごい!新しい視点で書いてくれてありがとうございます!」と感謝のメッセージが。

本気で「わかんねぇよ」と悩んだ結果、今の僕にできるベストの仕事をした時に、クライアントと気持ちがリンクする。

新しい視点に出会えたのも、無駄にもがいたからこそですよね。

期待を超えるのは簡単ではありませんが、人間何度でも壁を突破できて、何度でもやりがいを見いだせると思います。

時には腹を割って話すことも重要

人によっては、相手のために「相手が嫌がる話」をしなければいけないこともあるでしょう。

仕事で言えば

  • クライアントが本当に求めている結果をあぶり出す
  • 現段階の計画ではゴールにたどり着けないことを知る
  • クライアントと腹を割って話し合う

という感じですね。

クライアントと腹を割って話す時は、大抵気まずい雰囲気になります。
しかし、目指すゴールは一緒なのでこちらが知ってる知識をぶつけて調整です。

ここで半分以上のクライアントが消えた

クライアントが目指すゴールを分かっているのに、クライアント自身の行動が間違っていたら僕は指摘します。

というのも、僕にお金を払っているにも関わらずクライアント自身の指示ミスで、無駄遣いさせるのは絶えられないからですね。

結果として去っていく人もいれば、提案に乗ってくれる人もいます。

僕の提案を受けて辛抱強く待ってくれた人は裏切れません。
結果、より大変な道を進むわけですが、最後に待ってる「ありがとう」で全てが報われるんです(笑)

ありがとうのために仕事したらやりがいMAXですよ

仕事のやりがいは「ありがとう」という人間関係あってこそなのではないでしょうか。

仕事の本質は

  • 誰かが困ってること
  • 誰かが面倒に感じること
  • 誰かができないこと

などを代行することにあります。

自分のスキルを活かして、誰かの悩みを解決するって感じです。

この対価として「お金」がもらえるわけですが、お金の本質は「価値の可視化」にありますよね。
つまり元を辿れば仕事の対価は「ありがとう」なのかもしれません。

あなたが今、仕事のやりがいを感じられないなら、まずは徹底的に相手の気持ちを考えてみましょう。

  • 人から感謝されるような人間になる
  • やりがいMAXでモチベーションも上がる
  • 結果、お金も稼げるようになる

上記の順番を守って仕事に挑むと、ベターな人生が送れると思います!

この記事が誰かの役に立ったら幸いです。

【本質】仕事がつまらない理由と解決策:ポイントは止まらないこと こんな疑問に答えます。 過去の僕はどんな仕事も最終的につまらないと感じていました。そのため「仕事=憂鬱な時間」になって悩んでい...
【解決】仕事で腐りそうな人が取るべき行動:変化を求めて動くべき こんな疑問に答えます。 僕はバイト人生が長かったですが、最後は仕事で腐りかけてました。そんな自分に嫌気が指してフリーランスの道...