Work

webライターが個人ブログをはじめるべきメリットを解説します

「文章を書くのが仕事のwebライターが個人ブログをはじめることのメリットって何?」と思う方も多いでしょう。

今回は、webライターとして文章を書く方がお金になるのにわざわざブログをはじめる意味って何だろう?って疑問に答えます!

webライターが個人ブログをすることによるメリットは沢山あります

駆け出しのwebライターの単価は安いものですね。

クラウドソーシングによくある案件だと、アプリの使い方なんかをスクショで撮影して解説するような記事で2000文字程度で400円とかざらにあります。写真も撮る必要があるので完成するまでに2時間はかかったりしますね。僕もはじめはこんな仕事も沢山やってました。

そんなwebライターが単価を上げていくには主に2つの方法があります。

  1. 執筆速度を上げる
  2. 文章力を身につける

執筆速度が上がればその分沢山記事が書けるので限られた時間の中で稼げる金額も大きくなります。

文章力を身につければ初心者ライターにありがちなチグハグな文章がなくなって、どのサイトでも普通に仕事ができるようになります。

この問題を解決するための一番の近道は、webライターとして仕事をこなしまくることなのですが、そう上手くいくわけではありません。集中できずにテキトーな文章で構成された記事を納品しても、webライターとして成長できるわけないですしね。

ライターがブログをはじめると文章力が上がる

まとめ系のサイトで仕事をしているwebライターの方の中には、チグハグな文章の記事を平気で納品してくる方も多いです。

実際、各運営会社の執筆ルールはクリアしているので、しっかり報酬は稼げるので本人にとっては問題はないのでしょうが、読者にとってあまりに貧相な文章は読みたくなくなるでしょう。

【断言】webライターに必要なのは「才能ではなく経験値」という話 「自分はwebライターに向いているのかな?」 「私、文才全くないからライターとかできないよね?」 こんなふうに思...

ルールに従って執筆した記事なら報酬がもらえますが、ライターとして成長することはありません。もしもライターとして文章力をつけていきたいという方は、個人ブログをおすすめします。

自分でテーマを決めて文章を作るブログは、同じ文字で稼ぐwebライターの思考とは違った文章になるはず。結果として文章力が上がり、それはwebライターの仕事でも自然と活きてくるはずです。

ブログはライターにとって息抜きになる

webライターの仕事は、自分がどうしても書きたいと思っているテーマで執筆ができるわけではありません。

特にまとめ系やグルメ、旅行などのサイトで記事を執筆していると、ほとんどの場合は他者の情報をまとめて再構築した記事の作成になります。

これを一日中続けていると心が空っぽになってしまった感覚になってしまうんです(笑)

知らない場所や店の紹介ばっかしていて何になるんだろう?って良からぬ疑問が浮かび上がってきます。

もちろんまとめ記事を参考にしている方も沢山いるので、記事としては役立っていますが、自分にやる意味があるのかなと思うと、お金と自分の主張みたいなバランスが崩れてくるんですね。

そんな時に自分の好きなことを好きなだけ発信できる個人ブログがあれば、webライターにとってリラックスできる息抜きの場になるんです。

自分の中から生まれてきた言葉を文章にするのは、自分と向き合うことにも繋がってメンタルを整える効果もあるんですよ。

個人ブログはwebライターの名詞代わりになる

フリーランス、副業に関係なくライターにとって、個人ブログで情報を発信するということは、そのまま名刺代わりのようになります。

文章でお金を稼ぐライターのブログはそのままポートフォリオになるんです。そのため、ライターを探している企業の方が、何らかの理由でブログに訪れた時に「この人の文章いいなぁ」と思ってくれて仕事の依頼が来るということも。

好きなテーマで執筆した記事というのは、個人の意見や気持ちがこもっているものも多く、共感してくれるような人間に出逢えば仕事に繋がっていくことは珍しいことではありません。

この点はwebライターの仕事として書いた記事と、ブログで書いた記事で差が出るポイントでもあります。

しっかり人に伝わるように考えてブログで発信していれば、1年後には相当な力がついているはずです。webライターとしての記事ではなく、個人ブログとしての記事がインターネット上に沢山アップされれば、その分人に見られる確立も上がります。

ブログを使ってアフィリエイト報酬を得られる

ブログでお金を稼ぐことができるという事実を知らない方は意外に多くて「ブログ=自己満」と思っている人にちょくちょく行き会います。

webライターという仕事は、記事を完成させると報酬が発生します。これは自分で作った記事を運営サイトに買い取ってもらうという構図です。そのため報酬はもちろん1度のみで、買い取られた後の使われ方は運営側の自由って感じです。

個人ブログの場合はそうではありません。

自分で作った記事やブログサイトでアフィリエイトをすることによって報酬が発生し、お金を稼ぐことができます。アフィリエイトと言う単語を聞いた瞬間に「怪しいやつ」と思ってしまう方は本当に損をしています(笑)

ライターが自分の好きなテーマで情報発信をして、その中で関連する商品を紹介したり、サービスを紹介するというのは自然な流れであって、読者にとっても最適なサービスを知ることができるのは嬉しいことです。

アフィリエイトを通して何かを紹介することは両者にとってメリットがあるんですね。

多くの人が喜ぶような記事が書ければ、その分アフィリエイト報酬も上がっていきます。そうすると1つの記事で継続的にお金が稼げますよね。webライターのように記事を買い取られることなく報酬が継続的に入ってくるのって嬉しくないですか?

このブログは真剣に記事を書き出してまもないサイトですが、アフィリエイト報酬は少しづつ増えています。webライターなら、その文章力を活かして個人ブログでもお金を稼ぐべきです。

【ブログでアフィリエイト】を始めたい方に必要なサービスとは?ブログでお金が稼げるって聞いたけど、具体的にどんなサービスを使えばいいの?」って方の疑問に答えます。 これからブログを始める人に最低限...

webライターも個人ブログで0から1を生み出そう

テレビ、雑誌、インターネットというメディアは、情報というものを提供する代わりに多くの人から対価をもらっています。

ほとんどの人が意識していないので気がついていませんが、僕達は常に情報に対価を支払っているのです。対価はお金だけではなく、時間や感情など様々。

webライターは情報を提供する立場の人間です。情報を分かりやすい形で読者に届けるように記事を作る仕事をしています。

せっかくならその力をブログにも投下しましょう。すぐに報酬が発生しなくても焦ることはありません。好きなテーマで文章を書くだけでもOKです。

継続してブログを続けていくことで、ライターとしても個人としても成長できます。0から1を生み出すことが難しそうとか、そもそもそんな事ができるのか?って思う方はこちらの本を読んでみてくださいね。

ブログに興味がある人はブロガーで圧倒的な存在感のあるイケダハヤトさんの本がおすすめです。