Work

Webライターで【月10万円】稼ぎたいなら絶対読むべき目標達成プロセス

「Webライターって仕事を実際に始めてみたけど思うように稼げないよ〜」って方は沢山いるはず。

もちろん僕も初めはそうでした。

今回は初心者Webライターにとっての壁でもある月10万円を稼げるようになるまでの現実的なプロセスを紹介します!

Webライターで月収10万円達成するためのクライアント選び

クラウドワークスやランサーズなどのワーカーサイトでライティングの案件を見ていると様々な条件の仕事があることに気が付くと思います。低単価な案件から高単価な案件まであり、なかには非常に怪しい案件まで表示されています。

沢山ある案件の中からWebライターとして月10万円を達成するためにはどのようなクライアントを選ぶべきなのか?以下に複数のパターンを紹介します。

月収10万円達成パターン1:1つのクライアントにガッツリ

ワーカーサイト上には個人から法人の大手メディアまで様々なクライアントがライターを募集しています。

この案件の中で募集人数がかなり多いメディアサイトや「インセンティブあり」と書かれた案件は初月の記事単価が安くても記事の納品数がノルマを達成すればインセンティブとして記事単価が上がったりすることが結構あります。

このようなクライアントの元でガッツリ記事を納品すれば低単価の案件でも月10万円は難しくありません。

例えば文字単価0.5円で、2000文字で1000円の案件の場合、1ヶ月に100記事納品すればOKです。

1日に換算すると3.5記事程度ですね。

月収10万円達成パターン2:複数のクライアントで収益を分散する

記事を依頼されるスピードが遅いクライアントや、個人のクライアントからの案件を複数抱えるのも1つの手段です。

複数のクライアントをかけもつことで、万が一、1つのクライアントから契約終了を告げられても、他のクライアントの案件で記事を多めに執筆すれば目標達成できます。

Webライターとして成長していきたい方は複数のクライアントを持つべきです。クライアントによって要求される執筆スタイルも異なるので、様々なクライアントの要望に答えられる人間になればWebライターとしても重宝されます。

月収10万円達成パターン3:高単価の案件で仕事をする

初心者Webライターの方にとっては少々ハードルが高いですが、高単価な案件に応募してみるのも1つの手ですね。

ただし単価が高い案件というのは文章構成や納品期日などがしっかりと決まっているものが多いので、十分承知した上で挑戦してください。

あるジャンルに特化して専門的な知識を持っている方ならWebライターとしては初心者でも優遇されることもあります。例としては消費者金融に努めていた方やプログラミングスキルのある方などです。

Webライターの単価相場と単価の上げ方を解説〜初心者から脱出しよう〜Webライターって誰でも気軽に始められる仕事だけど単価って低いですよね? 文字を書いてお金を貰えるなんて素晴らしいと思うけど、1文字0...

Webライターで月10万円稼ぐならスケジュール管理が重要

Free Vector Art by vecteezy.com

好きな時間に働けるのもWebライターという仕事の魅力ですが、月10万円以上稼いでいこうと思うならスケジュール管理をできるようになった方が絶対良いです。ここでは具体的にどのような時間管理をするのか解説していきます。

1記事完成するまでの時間を計る

自分が1つの記事を完成させるまでに平均どれくらいの時間がかかっているのか把握していますか?

記事完成までの時間の目安が分かっていないとスケジュール管理はできませんね。

今までアバウトにしか把握していなかった方はストップウォッチなどで記事が完成するまでの時間を計ってみてください。この作業を定期的に行うことによって自分の執筆速度が上がっていることも分かるのでモチベーションの維持にも繋がります。

朝一に予定を立てる

仕事を始める前に1日の予定に目を通して見ましょう。無理なスケジュールを組んでいないでしょうか?

予定を立てるコツは十分な余白を空けておくことです。

予定はあくまでも予定でして、急な仕事が割り込んできたり、記事が思うように書けないということもあるはずです。十分な余白を空けてスケジュールを組んでおけばトラブルが起きても安心です。スムーズに進むなら前倒しで仕事を終わらせて遊びましょう!

予定から逆算して1日の行動を修正していく

計画通りに仕事が遂行する日は珍しいもので、ほとんど毎日、予想外のことが起きたりするもんですよね。想像以上に難解な記事テーマだった時とか情報がなかなか見当たらない時などなど。

そんな時は、カレンダーを見直して残っている仕事の作業時間の目安を逆算しましょう。そのまま仕事を進めても問題ないのであれば良いですが、ダメそうな場合は予定を変更することも必要です。

目的は月10万円達成することですから、その目標を達成できるために柔軟に考えて1日のノルマをクリアできるようにしましょう。

これができれば仕事をどんどんスムーズに終わらせることができるようになります。

記事執筆中は最大限ライティングに集中する

ライティング作業は時間との勝負でもあります。1時間でどのくらいの文字数を執筆することができるのかということはそのままお金に直結してきます。

初心者Webライターの方で文章力も大切にしたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、文章力は考えるよりも書いた方が圧倒的に身につきます。頭の中で考えるのではなくキーボードを叩くことの方が重要です。

理想は1記事完成するまで他の作業を一切しないこと。これが一番早く終わります(笑)

どうしても集中できないって方はGoogleChromeの拡張機能であるウェブサイトブロッカー (Beta) 0.2.7を使って誘惑されがちな動画サイトなどをブロックしましょう。

Macユーザーの方にはSelfControlというアプリがおすすめです。

【必見】初心者ライターがライティング速度を上げるためにやるべきことwebライターはどれだけ早く執筆できるかによって1日に稼げる金額も大きく変わってきます。 今回は初心者ライターが執筆速度を上げるために...

得意なジャンルではなく検索のプロになる

Free Vector Design by: vecteezy.com

Webライターという仕事は自分の得意なジャンルや好きなジャンルを活かして収入を伸ばすよりも、正確な情報をターゲットとなるユーザーに対して最適な文章に再構成して記事にできる人の方が圧倒的に稼ぎやすいです。

好きなジャンルや趣味を活かした執筆をしたいというWebライターの方は沢山いますが、一個人として特定のジャンルの中で全国平均で自分を見た時に自分に武器となる知識が備わっている人は非常に少ないんです。

趣味は趣味であって、それを記事にしてより多くの人の共感を得られるようになるとは限りません。

一流の有名人の言葉なら多くの人が耳を傾けるでしょうが見ず知らずの人間の個人的な感想を聞きたいと思う人は少ないんですね。

Webライターにとって大切なのは検索スキルだったり、文章の再構成をする能力だったりします。Googleの検索画面から上位に表示されているライバルとなるサイトの記事を見て、自分が記事を作成する際にどのようなことが大事になってくるのかを判断できる能力ですね。

これって好きとか趣味とかは全く関係なくて数値的なものであって意見や感想とは全く逆のところにあるものなんですね。

読者が知りたいと思う情報を分かりやすい形で提供できるように情報をまとめてあげるのがWebライターの仕事と言えるでしょう。

この視点を冷静に持つことができればWebライターとしての単価は上げられます。是非、チャレンジしてみてください。

Webライターで月10万円稼ぐのは難しいことじゃない!

今回はWebライターの最初の大きな壁として立ちはだかる月10万円という収入をどうやって達成するのかを解説しました。

クライアント選びやスケジュール管理などは非常に大切なポイントになってくると思います。

現在、あまりにもあまりにも低単価な案件ばかり受けている方は一度、冷静に見直した方が良いかもしれません。文字単価0.5円以下の案件はそもそもあまりおすすめできませんね。

初月から10万円狙っていきたいという方は僕がディレクター業務を兼任する旅行サイトでの執筆も可能です。

数名限定ですが、このブログから登録してくれた方は初月から一番良い待遇で執筆できちゃいます!気になる方は僕のTwitterお問い合わせよりご連絡ください。

ランサーズクラウドワークス のどちらか片方にしか登録していないという方は必ず両方登録しておきましょう。これだけで可能性がかなり広がりますよ。