Work

Webライターの単価相場と単価の上げ方を解説〜初心者から脱出しよう〜

Webライターって誰でも気軽に始められる仕事だけど単価って低いですよね?

文字を書いてお金を貰えるなんて素晴らしいと思うけど、1文字0.5円じゃ生活できないなぁ…

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?今回は初心者Webライターの方や経験者にも関わらず文字単価が1円未満で悩んでいる方にWebライターの単価の相場と単価を上げていく方法をお届けします!

Webライターの単価相場はあるの?

まずWebライターの単価に関するお話ですが、初心者ライターさんは文字単価0.5円位の仕事が多いのではないでしょうか?クラウドワークスやランサーズでも0.5円位の仕事って募集人数に制限がない案件も多くて大量に採用してくれる案件がほとんどなので、Webライターを始めるきっかけとしては良いでしょう。

では実際Webライターの単価相場ってあるのかといわれれば「ありません」となります。

Webライターとして活動している方の中には日給で10万円を超える方もいますし、有名な方でも1文字1.5円程度で案件を受けている方もいます。基本的には専門的な知識を必要とする記事の方が単価が上がる傾向にあります。

グルメ、旅行、ニュース、アプリレビューなどは誰でも書けるので悪い言い方ですが「あなたの代えはいくらでもいます」というスタンスになっているのが現実ですね。こういうテーマのメディアサイトで単価を上げる努力は時間の浪費をしているだけなのでやめた方が良いでしょう。

低単価でも生活費を稼ぐことは可能

Webライターは単価が安いと言われることが多いですが、低単価でも1日中部屋にこもって執筆作業に専念すれば生活費を稼ぐことは十分可能です。

例えば月収20万円を稼ぎたい場合、文字単価0.5円の人なら月間で40万字書ければOKです。これを1日に落とし込むと文字数2000文字の記事なら1日6記事から7記事書けば月収20万円達成です。

1日6記事はWebライターとして活動していくなら普通の数字ですね。

初心者ライターは低単価の仕事から始めるべき

Vector Design by vecteezy.com

Webライターには資格も何もありませんので、誰でもその日から「私はWebライターです。」と名乗ることができます。だからこそ全く文章力のないライターから多くの人の共感を集める素晴らしいライターまでピンきりになっています。

そんなWebライター業界で初心者ライターがまずやるべきことは、低単価の案件を受けまくることです。低単価な仕事をこなすことによるメリットは以下の通りです。

  • 経験値が得られる
  • クライアントからの評価が貯まる
  • 評価数が上がって信頼感が増える

低単価の案件はほとんどの人が採用されます。この中でWebライターという仕事がクライアントから、どのようなことを求められているのかや記事作成のコツやポイントを学ぶことができます。苦手なテーマも克服したりするとWebライターとしても自信がつきますね。

経験値と同時にもらえるのが評価です。低単価の案件はクライアントから高評価を高確率でもらえます。なのでいろんな案件をどんどんこなしてクライアントからの評価数が増えていけば「良いライターさんいないかなぁ〜」とワーカーサイト内を探しているクライアントの目につきやすくなりますし、信頼感を与えることができます。

時給で考える視点も大事

この視点を無視している方も多いのではないでしょうか?例えば文字単価0.5円で2000文字の案件を1時間で執筆することができれば時給1000円になります。

1日7時間で7000円なら30日働けば21万円になります。これは決して無理な数字ではありませんよね?

文字単価を気にすることは大切なことですが、時給で考えることも非常に大切です。これは自分がWebライターという仕事を真面目にやっていこうと思った時のスケジュール管理にも繋がっていきます。 

執筆速度が飛躍的にアップすれば、文字単価は上がらなくても時給換算した時の価格は上がっていることになります。速く書けるようになりたいという方は【必見】初心者ライターがライティング速度を上げるためにやるべきことを参考にしてみてください。

Webライターの単価を上げたいなら交渉力を上げるべき

単価相場があってないようなWebライターの世界では交渉力が何よりの単価アップに繋がります。

単価の安い記事をいくつも執筆して評価もたまった状態なら過去に自分が書いた記事もネット上に公開されていることでしょう。その記事は全て自分のポートフォリオになります。

尚且つ、ワーカーサイトのアカウントには複数のクライアントからの高評価がついています。これはどう見ても初心者ライターには見えませんね。あなた自身にもここまでくればWebライターとしての一定のスキルが身についてるはず。

でも、クラウドワークスやランサーズでは文字単価0.5円位の案件ばかりで1円以上の案件がほとんどないこともありますよね。そんな時は文字単価0.5円の案件に交渉するんです。

「以前は〇〇というサイトで記事の執筆代行をしいました。文字単価1円以上で執筆していたので、同じような条件のところを探しています。」

こんな感じで交渉すればOKです。この時に過去に書いた記事のURLも複数添えておくと良いでしょう。一定のレベルの理解力と納品力、そして執筆力のあるライターは意外と少ないもので、そんなライターを運営側は求めています。

「1ヶ月で20記事〜30記事位は納品できます。」とか「1日5時間稼働できて1時間の文字執筆目安は2000文字です。」など明確な数字を付け足しておければクライアントからしても非常に魅力的なので交渉に応じてくれる確立も上がります。

この流れで、まずはテストライティングに進みます。この時しっかりとした記事を作成できるように全力を費やしましょう。クライアントに一番アピールできるポイントです。

テストライティングに合格すれば具体的な単価についての話しに進みます。一発で1円以上でOKしてくれるクライアントもいれば「はじめの1ヶ月は文字単価0.7円で2ヶ月目から1円でも可能でしょうか?」という流れになるクライアントもいます。

あとは自分で案件を受けるかどうかを判断すればOKです。

クライアントが相場を理解していないことも多い

Webライターに仕事を依頼する方の中にはライターの単価相場を全く理解していない方も沢山います。

アフィリエイト目的でサイトを立ち上げた個人の方なども多く、それ故、専門性の高いテーマにも関わらず文字単価0.5円位で仕事を依頼してくる方もいます。

こういった方の依頼が合った場合も「過去に〇〇というサイトで専門性の高い記事を作成した経験があります。こちらの案件を受ける場合は最低でも文字単価1円以上になります。」とクライアントに明確に伝えましょう。

クライアントによっては、即OKしてお仕事に繋がることも多いです。個人からの依頼と分かったら積極的に交渉するのもありですね。

Webライターとして最低限のスキルが身についたら交渉して上を目指そう!

Vector Illustration by Vecteezy!

誰でも簡単になれるのがWebライターの特権ですが、その先でしっかりと仕事として大きくしていきたいと考えた場合に必要になってくるのが交渉力です。

ただし交渉をするには自分の武器となる実績が必要不可欠になります。

そんな実績のあるWebライターになるためにも、まずは低単価の案件で修行して評価も沢山もらっておきましょう。高評価が10個もついてくればクライアントからのイメージもかなり良くなるので、積極的に交渉していくと良いでしょう。

低単価の案件すら自信がないと言う方は【断言】webライターに必要なのは「才能ではなく経験値」という話を参考にしてみてください。

まだクラウドソーシングサイトに登録してもいないという方はクラウドワークス “”ランサーズ は絶対に登録しておきましょう。

▼Webライターとして文章力を鍛えたい方におすすめの本はこちら▼