Work

Webライターの単価相場と単価の上げ方を解説〜初心者から脱出しよう〜

1月 6, 2018

Webライターって誰でも気軽に始められる仕事だけど単価って低いですよね?

 

文字を書いてお金を貰えるなんて素晴らしいと思うけど、1文字0.5円じゃ生活できないなぁ…

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、文字単価が1円未満で悩んでいる方に、Webライターの単価の相場と単価を上げる方法をお届けします!

Webライターの単価相場はあるの?

初心者ライターさんは、文字単価0.5円位の仕事が多いのではないでしょうか?

 

クラウドソーシングは0.5円ほどの案件が多く、Webライターを始めるきっかけとしては良いでしょう。

では実際Webライターの単価相場ってあるのかと言われれば「ありません」となります。

 

Webライターの中には日給10万円を超える方もいますし、有名ライターだけど1文字1.5円程度で案件を受けている方も。

基本的には、専門的な知識を必要とする記事の方が単価が上がる傾向かなと。

 

グルメ、旅行、ニュース、アプリレビューなどは誰でも書けるので、いくらでも替えがきくのが現実です。

誰でも書ける記事で単価を上げるのは難しいという点を覚えておきましょう。

低単価でも生活費を稼ぐことは可能

Webライターは単価が安い言われがちですが、低単価でも長時間労働すれば生活費を稼ぐことは十分可能です。

 

例えば月収20万円を稼ぎたい場合、文字単価0.5円の人なら月間で40万字書ければOK。
文字数2000文字の記事なら1日6記事から7記事書けば月収20万円達成です。

 

簡単なテーマなら、1日6記事は達成可能な数字かなと思います。

初心者ライターは低単価の仕事から始めるべき

Vector Design by vecteezy.com

Webライターに資格はなく、「私はWebライターです」と名乗った時点で始まります。

 

だからこそ全く文章力のないライターから、多くの人の共感を集める素晴らしいライターまでピンきりなんです。

そんな業界で初心者ライターがまずやるべきことは、低単価の案件を受けまくること。

 

低単価な仕事をこなすことによるメリットは以下の通りです。

  • 経験値が得られる
  • クライアントからの評価が貯まる
  • 評価数が上がって信頼感が増える

低単価の案件はほとんどの人が採用されます。

 

この流れの中でクライアントから、何を求められているかや記事作成のポイントが学べるはずです。

苦手なテーマを克服できれば、Webライターとしても自信がつくでしょう。

 

経験値と同時にWebライターとしての評価も貯まっていきます。。

低単価の案件は、クライアントから高評価を高確率でもらいやすいです。

 

評価数が増えていけばライターを探しているクライアントの目につきやすくなりますし、信頼感を与えられますよ。

時給で考える視点も大事

例えば、文字単価0.5円で2000文字の案件を1時間で執筆できれば時給1000円です。

 

1日7時間で7000円なら30日働けば21万円になります。

これは決して無理な数字ではありませんよね?

 

文字単価を気にするのも大切ですが、時給で考えることも非常に大切です。

Webライターを専業でやっていこうと決めた時のスケジュール管理にも繋がります。

 

執筆速度が飛躍的にアップすれば、文字単価は上がらなくても時給自体を上げられるんです。

関連記事
【必見】初心者ライターがライティング速度を上げるためにやるべきこと

Webライターの単価を上げたいなら交渉力を上げるべき

交渉力があると、案件の単価を上げやすいです。

 

ある程度の執筆歴があれば、過去に自分が書いた記事がネット上に公開されているでしょう。

その記事は全て自分のポートフォリオになります。

 

尚且つ、ワーカーサイトのアカウントには評価が蓄積しているはずです。

ここまでくれば脱初心者と言えるでしょう。

 

経験値と同時にライティングスキルも習得できているかなと。

 

でも、クラウドワークスやランサーズでは文字単価0.5円位の案件ばかりで1円以上の案件がほとんどないこともありますよね。
そんな時は文字単価0.5円の案件に交渉するんです。

 

「以前は〇〇というサイトで記事の執筆代行をしいました。文字単価1円以上で執筆していたので、同じような条件のところを探しています。」

 

こんな感じで交渉すればOKです。

この時に過去に書いた記事のURLも複数添えておきましょう。

 

一定レベルの理解力と納品力、執筆力のあるライターは意外と少ないので、そんなライターをクライアントは求めています。

  • 月20〜30記事ほど納品できます
  • 1日5時間は稼働できます
  • 1時間で2000文字ほど執筆可能です

上記のように、明確な数字を示すことでクライアントも交渉に応じてくれやすくなるケースも。

 

テストライティングで良質な記事が作成できるように全力を費やしましょう。

クライアントに一番アピールできるポイントです。

 

テストライティングに合格すれば具体的な単価についての話しに進みます。

1円以上でOKしてくれる時もあれば「初月は文字単価0.7円で2ヶ月目から1円でも可能でしょうか?」といったクライアントもいます。

 

あとは自分で案件を請けるか判断すればOKです。

クライアントが相場を理解していないことも多い

クライアントの中には、ライターの相場を全く理解していない方も沢山います。

 

アフィリエイト目的でサイトを立ち上げた個人のクライアントも多く、専門性の高いテーマにも関わらず文字単価0.5円位で仕事を依頼してくるケースも。

こういったモンスタークライアントをフィルタリングするためには、自ら明確に文字単価を伝えることが大切です。

 

過去に書いた記事を見せて「このような記事は文字単価〇〇円から請け負わさせていただきます」と伝えましょう。

 

クライアントによっては、即OKしてお仕事に繋がることも多いです。

個人からの依頼と分かったら積極的に交渉するのもありですよ。

Webライターとして最低限のスキルが身についたら交渉して上を目指そう!

Vector Illustration by Vecteezy!

誰でも簡単になれるのがWebライターの特権ですが、しっかりと仕事として大きくしていきたいなら交渉力が必要です。

 

ただし交渉するには自分の武器となる実績が不可欠になります。

実績のあるWebライターになるためにも、まずは低単価の案件で評価を沢山もらっておきましょう。

 

高評価が10個もあれば、クライアントからのイメージもかなり良くなるので、交渉しやすくなるはずです。

 

低単価の案件すら自信がないと言う方は【断言】webライターに必要なのは「才能ではなく経験値」という話を参考にしてみてください。

まだクラウドソーシングサイトに登録してもいないという方はクラウドワークス “”ランサーズ は絶対に登録しておきましょう。

 

▼Webライターとして文章力を鍛えたい方におすすめの本はこちら▼

-Work
-,

© 2021 Taro Moteki