Work

【基本】ライターとして質の良い文章を書くコツ:ライティングの基本

ライターは副業、フリーランスの収入源として始めやすい仕事。

しかし、ライター経験のない人がクラウドソーシングで受注できる案件は単価が安いものです。

  • 質の良い記事って何だろう?
  • 分かりやすい文章書いてるつもりなんだけど…
  • 何がダメなのか分からない

上記のような疑問を持っている駆け出しライターも多いはず。

そこで今回は、ライターとして分かりやすい記事を書くコツについて紹介します。

僕はライター歴3年以上で、過去に旅行メディアの運営をしていたこともありました。現在は文字単価3円ほどで仕事をしています。そんな背景の僕が最低限ライターとして分かりやすい文章を書くコツについて紹介します。

ライターが分かりやすい文章を書くコツ

まずはライターとして分かりやすい文章を書くコツについて見ていきましょう。

結論から言えばやるべきことはシンプルで、後は場数を踏むことが大切かなと。

ライターが分かりやすい文章を書くコツは

  • ペルソナを明確にする
  • 主張を論理的に展開する:結論ファースト
  • Webならでは読みやすさを意識する

などがあります。

ペルソナを明確にする

クライアントから記事テーマをもらった時に、まずやるべきことがペルソナ設定です。

ペルソナとは、あなたが書く記事のキーワードを検索するユーザーのこと。簡単に言えば記事の読者ですね。

全てのキーワードには、それぞれ特徴の異なるペルソナがいます。
ここを意識すると読者(ペルソナ)にとって分かりやすい文章を書けるようになります。

全てのペルソナは疑問を解決するために検索する

例えば「ライター コツ」というキーワードで検索するペルソナは以下のような疑問を抱えているはず。

  • 上手に文章が書けない
  • 分かりやすい文章を書くコツが知りたい
  • 仕事依頼が来るライターになりたい

上記の疑問を解消するために「ライター コツ」と検索して上位に表示されるメディアに訪れるわけですね。

こういった疑問を抱えるライターからイメージできることは

  • ライター初心者
  • 思うように稼げていない
  • 1記事書くのに時間がかかる

というようなペルソナを設定できます。

ペルソナがどんな人間なのかを想像することで、記事の方向性や盛り込む内容が分かってくる。

本来、上記のペルソナ設定はいくらでも深堀するのですが、不慣れな人は「どんな人がこの記事を読むんだろう?」と想像することから始めると良いでしょう。

Yahoo!知恵袋も活用しよう

疑問や悩みの宝庫であるYahoo!知恵袋は、メジャーな疑問からマイナーな疑問まで参考にできます。

例えば「ライター コツ」に関する疑問を検索するなら

  • 文章 書く コツ
  • Webライター コツ
  • 質の高い記事

などのキーワードを探ってみると良いですね。

多くの人が抱える疑問を解消できるような記事が書けると、読まれる記事になり、結果検索上位に表示される記事ができあがります。

主張を論理的に展開する:結論ファースト

分かりやすい文章には必ず論理が展開されていて、かつ結論から先に述べるという特徴があります。

論理的な文章かつ、結論ファーストの文章展開は以下の通りです。

  • 結論:〜である
  • 根拠:なぜなら〜だから
  • 結論:すなわち〜ということ。

あなたの文章に最低限上記のような構造を持たせることで、分かりやすさを演出できます。

文章には必ず具体性が必要です

具体性とは「なぜなら〜である」という根拠となる部分ですね。

ここが欠けてしまうと単なる意見になってしまい信憑性が出てきません。疑問を解決したいユーザーにとって、根拠のない文章は読まれない記事になるということです。

分かりやすい文章を書きたいなら、まずは結論を述べて、その後に説得力のある根拠を提示していきましょう。

論理的な文章を書くコツ

論理的な文章を書くには、まず下書きをするのがおすすめです。

全ての文章に大枠を用意して視覚化すれば、試行錯誤もしやすくなりますよ。

  • 結論:
  • 根拠:
  • 結論:

まずは大枠となる文章を書いた後に、上記の構造に当てはめればOKです。

根拠はググって正しい情報を見つけるべし

自分が知らない記事を書く際は正しい情報をググって見つけましょう。

注意点としては必ずしも検索上位に表示される記事が信頼できるとは限らないことです。

情報には一次情報、二次情報、三次情報などと階層が分かれていますので、しっかり出処を探るのもライターの仕事と言えます。

【大事】信頼度の高い情報源は何?情報の良し悪しを判別する方法解説 この記事はこういった人に向けて書いています。 ライターとして日々様々な情報に触れている僕ですが、質の悪い情報があまりにも多...

Webならでは読みやすさを意識する

Web上の記事を作成するライターの場合、Webならではの読みやすさを意識した記事を書くことも重要です。

Webならでは特徴としては

  • スマホでも読みやすい→文章が詰まっていない
  • 箇条書きがある→理解しやすい
  • 文字の装飾がある→大事なポイントが分かりやすい

などがあります。

ここはクライアントの要望によっても変わってきますが、上記のポイントは最低限覚えておくと良いですね。

文章が詰まっているとスマホの離脱率が上がる

想像してみると分かりますが、スマホで記事を閲覧した際にディスプレイを文章が埋め尽くしていたら「読みづらい」と感じて他の記事に飛んでいきますよね。

<読みづらい例>

Web上の記事を作成するライターの場合、Webならではの読みやすさを意識した記事を書くことも重要です。Webならでは特徴としては、スマホでも読みやすい→文章が詰まっていない、箇条書きがある→理解しやすい、文字の装飾がある→大事なポイントが分かりやすいなどがあります。ここはクライアントの要望によっても変わってきますが、上記のポイントは最低限覚えておくと良いですね。

<読みやすい例>

Web上の記事を作成するライターの場合、Webならではの読みやすさを意識した記事を書くことも重要です。

Webならでは特徴としては

  • スマホでも読みやすい→文章が詰まっていない
  • 箇条書きがある→理解しやすい
  • 文字の装飾がある→大事なポイントが分かりやすい

などがあります。

ここはクライアントの要望によっても変わってきますが、上記のポイントは最低限覚えておくと良いですね。

上記のように改行や箇条書きを使うことで、スマホで閲覧した際も読みやすくなるものです。

昨今では、メディアに訪れる7割程度がスマホユーザーなので、スマホファーストなレイアウトを考えて文章を書いてみると良いでしょう。

\Webライティングの基礎が理解できる一冊/

ライターが意識するべき3つのポイント

分かりやすい文章を書く最低限のコツを紹介したところで、ライターが意識するべきポイントも見ておきましょう。

初心者ライターがミスしがちなポイントでもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ライターが意識するべき3つのポイントは以下の通りです。

  • 自分よがりな意見を書いていないか
  • 事実ベースで記事が書けているか
  • タイトルや大見出しにキーワードが入っているか

自分よがりな意見を書いていないか

ライターにありがちなのが自分の意見を書いてしまうこと。

特に好きなテーマで記事を書いている場合によく見られるミスですね。

ライターに大切なのは読者の問題を解決することであり、自分の意見を述べることではありません。

ペルソナの疑問を迅速かつ分かりやすく解説できる記事を書くことを意識してください。

質の良い記事には曖昧な表現がありません

もしもあなたが「ネクタイ 締め方」と検索した時に

  • 〜だと思います
  • 〜だそうです
  • 多分〜でしょう

という文章があったら「で正解は何なの?」って思いますよね。

自分よがりな意見は「〜だと思います」という表現になりがちですが、読者はそれを求めていないのです。

  • 〜です
  • なぜなら〜だから

上記のように言い切る文章を書くと読者の迷いを解消することができます。

信頼できる情報を見つけたら、あなた自身が信頼される書き方で伝える必要があるということです。

事実ベースで記事が書けているか

根拠のない情報を記事にするのは、記事単品でなくサイト全体の信頼度を欠いてしまう原因になります。

そのため、ライターとして仕事をするなら常に信頼できる情報をゲットしてから執筆に移りましょう。

事実と意見を切り分けて記事が書けないと、人に伝わる文章を書くのが難しくなりますね。

まとめサイトを情報源にしないこと

基礎中の基礎ですが、参考元をまとめサイトにしてしまうと信頼性を欠いた記事になりやすいです。

なぜなら、まとめサイトはテキトーな情報源が多く、ほとんどの場合、事実とは異なる意見が書いてあるから。

特に法律やダイエット、医療系の情報には注意してください。

事実を探るには法務省や医療関連の固い文献などを探るようにしましょう。

難しい文言で記載されている内容を、ペルソナのために分かりやすく解説するのもライターの仕事の一つです。

タイトルや大見出しにキーワードが入っているか

記事のタイトルや大見出しにキーワードを入れるのも基本です。

タイトルや大見出しにキーワードが入っていることで、Googleがあなたの記事を評価しやすくなります。

例えば、キーワードが「新宿 おすすめ 焼き鳥屋」だとした際に

  • 悪いタイトル:東京でおすすめの居酒屋10選
  • 良いタイトル:新宿でおすすめの焼き鳥屋10選

では大きな違いがありますよね。

最近のGoogleのSEOは、小手先のテクニックよりも記事の内容を重視する傾向にあるため、キーワードを盛り込まなくて良いと考える人もいます。

しかし、質の高い記事を書こうと思えば、自ずとキーワードは入ってくるものです。

キーワードに合った記事には、自然とキーワードが入るものなので、タイトルや大見出しを作る際は厳守するクセをつけましょう。

キーワードはなるべく先頭に配置する

ちょっとしたポイントですが、タイトルや大見出しにキーワードを入れる際は、なるべく先頭に配置してあげてください。

これにより読者は記事の内容を把握しやすくなり、読まれやすい記事になります。

些細なコツですが、検索上位に表示される記事の多くがキーワードを先頭に持ってきているので、意識すると良いですね。

ただしタイトルが被るのはNGです

キーワードを先頭に持ってくる時に注意したいのが、ライバル記事と同じタイトルにならないことです。

例えば、前述した「新宿でおすすめの焼き鳥屋10選」はすでに沢山のメディアが同じようなタイトルをつけているものです。

ここで少しでも個性を出すには

  • 先頭に一言添える
  • 最後に一言添える
  • 紹介する数を増やす

などの施策があります。

「新宿でおすすめの焼き鳥屋10選」の場合

  • 【コスパ最高】新宿でおすすめの焼き鳥屋10選
  • 新宿でおすすめの焼き鳥屋10選【待ち時間なし】
  • 新宿でおすすめの焼き鳥屋30選【飲み放題あり】

などですね。

全く同じタイトルで記事を書いてしまうと、Googleからパクリ判定を受けてしまうリスクがあるので、独自の個性を出すのがおすすめです。

はじめはタイトルや見出しを考えるのも大変かと思いますが、経験を積むうちにスムーズに書けるようになるので、諦めずに進んでいきましょう。

ライターとして文章を書くコツは経験で身につきます

ここまで紹介したノウハウは経験を積んでいく上で養われるものたちです。

はじめから全てを実行できる人は一部の天才を覗いていません。

だからこそ、少しでもライターとして経験を積みつつ考えて行動するのが良いかなと。

  • ペルソナを明確にする
  • 主張を論理的に展開する:結論ファースト
  • Webならでは読みやすさを意識する

今現在、上手に文章が書けない人も落ち込む必要はありません。

「やってるうち上手くなる」と気楽な気持ちを持ちつつ、今回紹介したコツを意識して記事を書いてみてくださいね!

【徹底解説】稼げないライターに試してほしい実践的ノウハウまとめ!太郎(@motekispace)です。 ライター、ブログ、輸入物販をしつつ海外ノマドをしています。 今回はライターで稼げないと悩んで...
【脱搾取】クラウドソーシングの問題点まとめ:解決方法も紹介します この記事はこういった人に向けて書いています。 僕はクラウドソーシングを活用しつつライターとして仕事してます。はじめての案件はめ...