Work

【必見】初心者ライターがライティング速度を上げるためにやるべきこと

webライターはどれだけ早く執筆できるかによって1日に稼げる金額も大きく変わってきます。

今回は初心者ライターが執筆速度を上げるために、まずやるべきことをシンプルにお伝えします。

ここで紹介することを実践すれば現状よりも確実に早く書けるようになるので、是非実行してみてください!

初心者ライターが執筆速度を上げるためにまずやるべきこと

今回は大きなメディアサイトなど、執筆がマニュアル化されたwebライター向けに執筆速度を上げるコツを紹介します。頭を悩ませる時間を減らしてスラスラ書けるようには、執筆手順を仕組化するのがポイントです。それでは、見ていきましょう。

一番はじめに見出しの構成を決める

記事を執筆する際に見出しは骨格の役目を果たします。

読者にとっても一目で内容が分かる見出しをはじめに作ってしまうことで「何を書くべきか」が明確になるので、その後のライティングがスムーズに進みます。

メディアサイトなどで、まとめ記事を執筆しているライターさんの場合、見出しの数にノルマがあったりする方も多いでしょう。記事のテーマに沿った見出しを事前に作ることはライターにとっては常識です。見出しを作らずに記事を書いていた方は、まず見出しを作るクセをつけましょう。

これだけでかなりの時間短縮に繋がります。

ショートカットキーを駆使する

飲食店のまとめ記事なら「〇〇周辺でおすすめの〇〇スポット1:」などの見出しをコピペして見出しを作る 住所や電話番号の雛形をコピーして型を完成させてしまう。 PCで記事を執筆する際は最低限のショートカットキーを理解するべきです。

  • コピー:mac「command + C」win「ctrl + C」
  • カット:mac「command + X」win「ctrl + X」
  • ペースト:mac「command + V」win「ctrl + V」
  • やり直し:mac「command + Z」win「ctrl + Z」
  • 全選択:mac「command + A」win「ctrl + A」

最低でもこの5つの操作を覚えておきましょう。

これで「〇〇周辺でおすすめの〇〇スポット1:」のような同じ見出しタイトルのまとめ記事や住所と電話番号などのテンプレートをスムーズに量産することができます。

Google日本語入力を活用する

これ入れてる人とそうでない人で、ライティングのスピードにかなり違いが出てくるはず。

「Google日本語入力」は、スマホのキーボードにあるような予測変換機能が利用できるようになる変換ソフトです。

これを利用することによって英語のスペルが分からなくても日本語で入力して英語に変換してくれたり、TABキーをクリックすることで変換とは別に使用頻度の高いテキストを表示してくれるのでライティングの速度は飛躍的にアップします。

検索エンジンで培った情報が常にアップデートされるので、流行りの著名人の名前がすぐに変換できたり、感じ変換が難しい地名などもスムーズに変換してくれます。ライターでなくともインストールしておいて損はない非常に便利な変換ソフトです。

Google日本語入力

1つ1つの作業は自分なりに流れを作るべき

ちょっと抽象的な見出しで分かりにくいかもしれませんが、全ての作業は流れ作業のように仕組化した方が良いです。

  1. 見出しを作る
  2. 導入章を作成
  3. 画像を取得
  4. テキスト執筆

こんな感じで自分なりの流れを作っておくとストレスも少なく作業することができます。ポイントは見出し、画像の取得など同じ作業を一括で作業することです。これはメディアサイトの執筆ルールによっても変わってきますが、まとめ記事などには有効な方法ですので、是非実行してみてください。

慣れてくると、ほとんど考えなくても記事を作成することができます。その場その場で考えながらライティングをするのは時間的にも精神的にもしんどいので、仕組化できるところはどんどん実行していきましょう。

自分の中である程度の執筆ルールを仕組化したら、記事を作成する度に速度を計ることをおすすめします。現在の自分が何分でどれくらいの文字数の記事を作成できるのかを把握しておくと、1日のライティングの時間の目安が分かります。

ライティングスピードを貪欲に追求するプロブロガーのイケダハヤトさんの本が非常に参考になっておすすめです。

一番のポイントは【毎日書くことです】

ライティングの速度を早くしていきたい方に一番おすすめの方法は、とにかく書くことです。なんだかんだ言っても行動に勝るものはなく、流れや仕組みについても執筆を継続している方なら勝手に身についてきます。

それから様々なクライアントと仕事をすることもライティングスピードを上げるポイントになります。知識のインプットが必要な記事の作成などは事前に理解しなければならないことやリサーチが必須になることもあり時間がかかりますが、結果としてリサーチ力も上がり執筆の精度も上がります。

ある程度ライターとして経験を積めば、まとめ記事のようなシンプルな記事の作成は何の苦もなくできるようになりますので、まずはしっかりとライティングを継続することを意識しましょう!

ライターとして稼いでいきたい方は国内最大規模のクラウドソーシングサイトであるクラウドワークスランサーズ の登録は欠かさずしておきましょう。

副業にも最適なwebライターでお金を稼いで見たい方は主婦の副業にも最適な【在宅webライター】で初月から5万円稼ぐ方法を参考にしてみてください。

▼ライターの方におすすめの参考書▼