Media

【色褪せない】80s~90sハードロック20選!ギターソロがたまらない

音楽が大好きな元バンドマンの太郎(@motekispace)です。

80s〜90sのハードロック黄金期へタイムトリップしませんか?

長髪にタフなギターリフ。
ロック好きなら誰しも一度はハードロックに目覚めたことがあるはず!

本記事では、未だ色褪せることになり80s〜90sのハードロックミュージックを洋楽限定で20曲紹介します。

ウィスキーやビール片手に爆音で楽しんじゃってください!

80s~90sハードロック20選!

早速、80s〜90sのハードロックを20曲紹介します。

私的たっぷりに厳選したので、共感できるロックバンドがいたら、動画を流しつつ当時を思い出してノリノリになってくださいね!

1.Van Halen – Panama

Van Halen – Panama

ハードロック好きのギタリストなら、誰もがイントロのリフをコピーしたであろう「Van Halen」の「Panama」

この弾けてる感じが最高ですよね!?

笑顔で抜群のギターリフを刻むヴァン・ヘイレンは、今見ても「カッコいい!」と思ってしまいます。
これぞハードロックと言いたくなるようなフィーバー感がたまらない1曲です。

2.Mr. Big – Take Cover

Mr. Big – Take Cover (MV)

日本人に大人気のハードロックバンドと言えば「Mr. Big」

中でも「Take Cover」は「簡単そうに聴こえて難しいギターリフ」として有名です。
このギターリフを一曲通してバッチリ弾けるギタリストって少ないんじゃないかな?

残念ながらドラムのパット・トーピーが亡くなってしまいましたが、ハードロックのテクニカルな部分とキャッチーなメロディーを融合させた最高のバンドだと思います!

3.Extreme – Rest In Peace

Extreme – Rest In Peace

フロント・ピックアップのストラト風サウンドが心地良い「Extreme」の 「Rest In Peace」

天才的なリズム感を持ったヌーノ・ベッテンコートのギターリフやソロは、どの曲も聴き応えがあります。
ゲイリー・シェローンの荒いボーカルもワイルドでカッコいい。

それにしてもヌーノのサラッとした黒髪は本当にセクシーですよね(笑)
未だに新しい音楽を追求している所も尊敬しちゃいます。

4.AC/DC – Back In Black

AC/DC – Back In Black (Official Music Video)

SGサウンドがたまらない「AC/DC」の「Back In Black」

歯切れの良さがたまらない1曲で、今聴いてもカッコよすぎます。
この曲を聴いてると思わず飛び跳ねたくなる。

当時のCDでこの迫力ですから、ライブはさぞかし迫力があったんでしょうね!
調子の良い朝に爆音で流したいハードロックソングです。

5.Bon Jovi – It’s My Life

Bon Jovi – It's My Life

イケメン「Bon Jovi」の大ヒット曲「It’s My Life」

ハードロックを知らない人でも「It’s My Life」を知ってる人は多いはず。
ギターソロのトーキングモジュレーターは印象的で、今でも頭に残っています。

リッチー・サンボラが反町とコラボしたことには賛否両論あると思いますが、間違いなくハードロック史に名を刻んだバンドの1つと言えるでしょう。

6.Aerosmith – Dude

Aerosmith – Dude (Looks Like A Lady) (Official Music Video)

声が激渋なハードロックバンドと言えば「アルマゲドン」「Aerosmith」

「Dude」はスティーブン・タイラーの声にハードロックサウンドがマッチしたノリノリの1曲ですね。
渋いギターチョイスと圧巻のパフォーマンスのボーカルが印象に残りまくりです。

今でも現役でシャウトするスティーブン・タイラー。
一体どんな精神状態なのでしょうか(笑)最高すぎるハードロックバンドですね。

7.Guns N’ Roses – Sweet Child O’ Mine

Guns N' Roses – Sweet Child O' Mine (Official Music Video)

見た目カッコいいハードロックバンドNo.1にしたいのが「Guns N’ Roses」

「Sweet Child O’ Mine」のスラッシュのイントロ半端ないですよね!
アクセル・ローズの甲高い声がまた良いんだわ(笑)

マジな不良がハードロックをカマしてる感じが最高すぎる1曲です。
各メンバーの個性が爆発した唯一無二のハードロックバンドです。

8.Nirvana – Smells Like Teen Spirit

Nirvana – Smells Like Teen Spirit

「ニルヴァーナはグランジだろ!」と突っ込まないでください…

「Nirvana」の「Smells Like Teen Spirit」のリフはどこまでもハードロック的でしょ。
ハードなリリックにハードなギター、ベース、ドラム。

この頃からデイヴ・グロールは「俺歌いたい…」って思ってたのでは?
シンプルな演奏ながら心に響いてくるハードな1曲ですね。

9.Steve Vai – The Crying Machine

"The Crying Machine" (Full Song) – Steve Vai

出ました「Steve Vai」

「The Crying Machine」は、変態的なスティーブ・ヴァイのギターがかっちりしたメロディーと融合した名曲です。
どこかオリエンタルな雰囲気を感じさせるギターが何とも言えないですね。

ハードロック黄金期に突如として現れた天才的ギタリスト。
この人を超える才能の持ち主は未だ現れていないのでは?

10.Yngwie Malmsteen – Far Beyond The Sun

Yngwie Malmsteen – Far Beyond The Sun HD

スキャロップのストラトと言えば「Yngwie Malmsteen」

「Far Beyond The Sun」は、クラシカルなイングヴェイの良い所が凝縮されています。
何でこんなに早く弾けるんでしょうか?

焦げ焦げになったステーキとストラトを何よりも愛するイングヴェイ。
これぞハードロックギタリストと言えますね。

11.Dream Theater – Pull Me Under

Dream Theater – Pull Me Under [OFFICIAL VIDEO]

テクニカル思考でプログレッシブな「Dream Theater」

「Pull Me Under」は全員の職人的テクニックが伝わってくる名曲ですね。
全メンバーが最強なテクニックを持っているのはドリーム・シアターならでは。

ジョン・ペトルーシのギターサウンドって本当に個性的。
自在にベースを操るジョン・マイアングの静かな感じもハードロック的です。

12.Metallica – Master Of Puppets

Metallica – Master Of Puppets ~ Watch in HD ~

メタルですけどね「Metallica」

「Master Of Puppets」はハードロック好きなら体が動いて仕方ないでしょう。
ジェイムズ・ヘットフィールドのいかつい声、、、カッコよすぎです。

カーク・ハメットのどこまでもギターを探求する感じも最高ですよね。
未だにハードな音楽を貫いている数少ないバンドの1つです。

13.Pantera – Walk

Pantera – Walk (Official Video)

はい、来ました「Pantera」の「Walk」

ダイムバッグのソリッドなギターはヘヴィメタながらハードロックに入れさせてもらいます。
フィル・アンセルモの不良丸出しのスタイルもアドレナリン噴出ですね。

2004年に射殺されて亡くなってしまうダイムバッグ・ダレルですが、最後までロックな生き様なのが何ともカッコいい。
リズムのタイトさがたまらない数少ないバンドの1つです。

14.Ozzy Osbourne – Bark At The Moon

Ozzy Osbourne – Bark At The Moon

丸縁のサングラスに長髪と言えば「Ozzy Osbourne」

「Bark At The Moon」はザックワイルドのザクザクリフサウンドが堪能できる1曲です。
ハーモニクスバチバチで速弾きが織り交ぜられたギターオリエンテッドな曲調がたまりません。

歌よりもギターがうるさいのに、オジーの歌声がメインに来るってやっぱりオジーの存在感がスゴイってことですよね。

15.Motörhead – Ace Of Spades

Motörhead – Ace Of Spades (Official Video)

オールドスクール感が泥臭くて良い「Motörhead」の「Ace Of Spades」

レミー・キルミスターのダミ声は、多くのファンの間で語り継がれていることでしょう。
2015年に惜しくも他界してしまいましたがハードロック史から消えることはありません。

ハードロック過渡期に確実に影響を与えたバンドの1つであり、リアルで激しいサウンドは今の若手ロックバンドには到底出せない深みを持っています。

16.Skid Row – Youth Gone Wild

Skid Row – Youth Gone Wild (Official Music Video)

「The Hard Rock」という感じがたまらない「Skid Row」の「Youth Gone Wild」

ブロンドヘアー、長髪、革ジャン、革パンは日本人ロックミュージシャンが真似したものですが、ことごとく気持ち悪かった…

ツインギターでギターソロを交互に弾く感じもロックそのものですね。
各メンバーのミュージシャンとしての素質の高さもSkid Rowならではの特徴と言えるでしょう。

17.Dio -Stand Up And Shout

Dio -Stand Up And Shout Live At Spectrum Philadelphia 1984

声の伸びとパワフルさNo.1でしょ!「Dio」の「Stand Up And Shout」

年々、おでこがハードロックな感じになっていましたが、それでも声の伸びは保っていました。
僕はフェスでライブを見ましたが、迫力のスゴさに感激しましたね。

残念ながら2010年にロニー・ジェイムス・ディオが他界して解散しました。
ストレスを吹き飛ばしてくれるような力強いサウンドがたまりません。

18.Whitesnake – Still Of The Night

Whitesnake – Still Of The Night

数々の著名プレイヤーが出入りしてきた「Whitesnake」

「Still Of The Night」は、MVからしてハードロックと言った感じが素敵です。
ダミ声、ギターリフ、ギターソロ、テクニカル志向というハードロックに不可欠な要素が目一杯盛り込まれていますね。

エインズレー・ダンバーのドラムが抜群のロックグルーブを醸し出しているのも特徴的。
官能的なギターソロも忘れられません。

19.Poison – Talk Dirty To Me

Poison – Talk Dirty To Me

キャッチーなメロディーのハードロックバンドと言えば「Poison」

「Talk Dirty To Me」は、ドラッグで狂った感じが何ともロックな印象です。
もうバブリー極まりないパーティー感。

ギターのテクニックはそこまで高くありませんが、このギターソロをしっかり弾きこなすところがプロなんですよね。

20.Mötley Crüe – Wild Side

Mötley Crüe – Wild Side (Official Music Video)

トラブルが絶えなかった悪党ハードロックバンド「Mötley Crüe」

当時、小さな子供を持つ親が子供に対してハードロック禁止令を出すのも理解できますね。
ただこの16ビート聴いたら子供でも興奮しちゃいます。

なんてたって「Wild Side」ですから(笑)
リズムが変わる感じも最高なハードロックな1曲です。

往年のハードロックを定額で聴きまくる方法

どんなに時代が変化しても色褪せることのないハードロックを定額で聴いてみませんか?

時代が進化した今なら、当時買えなかったあのアルバムも月額1,000円以下でダウンロードし放題なんですよ!

数ある音楽聴き放題サービスの中でも、僕がおすすめしたいのがAmazon Music Unlimitedです。

Amazon Music Unlimitedは、月額月額380〜1,480円で約6,500万曲の楽曲を聴き放題になるサービスです。

往年のハードロックが聴き放題で、スマホやPCにダウンロード可能。インターネットが繋がらない場所でもハードロックが聴き放題になるんです。

ハードロック好きで今からアルバムを買い直すのはお金がかかるもの。
でも、Amazon Music Unlimitedなら月額制だから、お金の心配をする必要なく音楽をダウンロードできます。

しかも、今らな30日間無料体験実施中です。
30日以内に解約すればお金がかかることなく、80s〜90sにタイムトリップできます!

興味のある方は、ぜひAmazon Music Unlimitedを試してみてくださいね!

>>Amazon Music Unlimited30日間無料体験はこちら

\より詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください/

【不満なし】Amazon Music Unlimited レビュー!みんな使ってる聴き放題サービス この記事はこういった人に向けて書いています。 今回は、無数にある音楽聴き放題サービスからAmazon Music Unlimi...