Health

【30代オフィスワーカー】が最低限やるべき筋トレメニューはこれ!

仕事ではほとんど動くことがないIT系のオフィスワーカーや、自宅で全て完結してしまうフリーランスの方などは30代になってくると、年々体力が落ちていくのが分かると思います。

肩こりや腰痛なども増えてくるものですよね?

今回はそんな30代の方に向けて体力を維持するためにやるべき最低限の筋トレを紹介します。

今回、紹介する筋トレは自宅ですぐに始められるものばかりです。尚、男性でも女性でもOK。痩せるとか筋肉を肥大させたいことが目的ではありません。あくまでも30代の健康のためのメニューとして紹介しています。それでは、いってみましょう!

体幹トレーニング

身体の芯を鍛える体幹トレーニングは、健康に生きていく上で、非常に大切トレーニングと言えます。特にオフィスワーカーなどの座り仕事で悪い姿勢で、長時間仕事をするような方には必須トレーニングと言えるでしょう。

具体的な方法は色々な方が紹介しているのですが、全く運動をしていなかった方が安全に始められる方法は、サッカー選手の長友佑都に体幹トレーニングをレクチャーした木場 克己さんの体幹力を上げるコアトレーニングがおすすめです。

この本には初級、中級、上級とトレーニングメニューが分かれているので、力の弱い女性の方にも安心して始めることができます。

全てのトレーニングに言えることですが、自分の身体を過信して無理をすると筋や関節を痛めてしまい、トレーニングできない身体になってしまうので、決して無理をしないようにしてくださいね。

体幹トレーニングをすることによるメリットは?

体幹部は、人間の全ての動きの元になる部分です。

体幹部の筋肉を鍛えることで日常の動きがより安定します。オフィスワーカーの方なら自然に良い姿勢で仕事ができるようになり、腰痛がなくなります。

僕が体幹トレーニングを始めたきっかけも腰痛からでした。

結構な痛みでストレスになっていたため、本屋でこの本を購入して実践することにしたんです。そしたらびっくり。腰痛はもちろん、それまで抱えていた猫背も改善されました(笑)

身体の芯を鍛えるって目に見えないようなことですけど、生きていく上で本当に大事なことなんだなぁって感じますね。今回紹介するトレーニングの中でも一番大切なトレーニングです。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

プッシュアップは大胸筋や上腕三頭筋、肩などが一度に鍛えられるトレーニングです。
腕を広げる間隔によって鍛えられる部位が変わるのも特徴です。

腕を肩幅よりも拳1個分くらい広めに開くと大胸筋を重点的に鍛えることができ、肩幅くらいの間隔でプッシュアップすると肩と上腕三頭筋を集中的に鍛えることができます。

プッシュアップって本当に奥が深いトレーニングで沢山のバリエーションがあるんですが、最低限やるべきの筋トレはスタンダードな肩幅よりも広めの間隔の腕立て伏せでOKです。

プッシュアップをする時のポイントは背筋をまっすぐに保ったまま上下すること。

姿勢を維持するのが辛い方はヒザをついてもOKです。変な姿勢でプッシュアップするよりもずっと効果的ですよ。

回数は10回を3セットで十分。それを週2回から3回やりましょう。

プッシュアップをすることによるメリットは?

大胸筋、肩、上腕三頭筋を鍛えることができるプッシュアップは、二の腕の引き締め効果や肩こりの改善ができます。男性なら胸板を厚くするとか、逆三角形の体型を目指すことができますね。

30代の健康の視点からすると肩こり解消が一番のメリットだと思います。プッシュアップで鍛える筋肉は日常生活では鍛えることができないので、オフィスワーカーの方は年々衰えていくので、健康のためにもトレーニングした方が良いです。

よくある間違えとして私って筋肉つきやすい体質だから腕とか太くなるの嫌なんだよねぇって誤解(笑)

そんな簡単に腕が太くなる女性は存在しません。心配しないでトレーニングして問題ありません。まして普段動くことのない30代以上なら何も気にすることありません。

より強度を増したくなった男性にはこちらがおすすめです。

ダンベルカール

ダンベルカールは上腕二頭筋をメインに鍛えられます。

プッシュアップなどの押す筋トレは器具が無くてもできるのですが、引く運動はダンベルなどがあった方が効率的ですね。

ダンベルカールの最もシンプルなやり方は肘を胴体に固定して腕を上げ下げするというもの。

この時イメージとしては上腕二頭筋を伸縮させたからダンベルが持ち上がったっていう発想です。このイメージがあると勢いで上げようとする考えがなくなるので。

回数はフォームを維持したまま10回程度できる重さで3セットくらいがベストです。上げる時に3秒、下げる時も3秒くらいゆっくりした動きにしましょう。週2回程度でOK。

あくまでも基礎体力をつける&維持することが目的なので無理のないように実践してください。

女性の方やそこまで力のない方にはセラバンド 2m (ブルー (強度:エクストラヘビー))がおすすめです。

ゴムみたいな素材で伸縮するようになっていてダンベルカールの動作もできるし身体を痛めることもありません。部屋の場所も取らないのもGOODですね。

ダンベルカールをすることによるメリットは?

普段はなかなか鍛えることのできない上腕二頭筋を鍛えることができるので、スッキリした腕を目指せます。同時に前腕も鍛えることができるダンベルカールは、年々衰えていく腕に刺激を与えるのに最適なトレーニングと言えるでしょう。

細い腕でも健康的なシルエットを維持した方が良いですよ。それが自然なスタイルのはずなので(笑)

オフィスワークなどの動かない仕事は、人間の健康面からすると非常に悪いことなんですね。というのも人間は動くようにできているから。

ダンベルカールは、人間がサバイブしていく上でとても大切な筋肉をつけることができるトレーニングなので、欠かさないようにしましょう。

スクワット

スクワットは太ももの筋肉を鍛えるトレーニングです。座りっぱなしのオフィスワーカーは、意識して鍛えない限りどんどん衰えていくのは間違いありません。

太ももの筋肉が衰えてくると関節に負担がかかってヒザの痛みなどに繋がってしまいます。筋肉は鍛えることができますが、関節を一度痛めてしまうと元に戻すことは難しいのでスクワットをして対策をしておきましょう。

肩幅くらいに足を開き、背筋を伸ばして正面にまっすぐ手を伸ばします。その体制のまま、ゆっくり下りていきます。この時、上半身を倒してしまわないように注意しましょう。

ヒザが90度くらいまで曲がるまで下りたら元の位置までゆっくり上がっていきます。太ももに力が入っていることをしっかりと感じるようにしてください。

回数は10回位で3セットでOK。下りる時5秒、上がる時5秒程度を目安に週2回位の間隔でトレーニングしてみてください。

スクワットをすることによるメリットは?

身体の筋肉の中でも大きな筋肉である太ももを鍛えることによって、基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がると身体で燃焼するカロリーが多くなるので、同じ量を食べても太りずらい身体になります。

その他にも太ももを刺激することによって、セロトニンという体内物質が出るという科学的な証明があります。

セロトニンとは精神安定や睡眠障害などを改善する効果があります。睡眠の質が悪い方やいつもイライラしてしまう方は、セロトニンの分泌量が足りていない恐れがあるんです。

これも元々活発に動いていた人間の構造上仕方がないことなんですが、オフィスワークが多くなった現代社会では精神的に不安定になってしまう人が非常に多いです。この原因の1つにセロトニンが関わっています。

スクワットでセロトニンをバンバン出して、ゆっくり眠ってストレスを解消しましょう(笑)

瞑想の効果を解説!〜現代人に最適な方法と考え方〜現代社会で生き抜いていくにはストレスや欲望と常に戦わなければいけません。 「こんな自分になりたい!」そう決意して心に決めたはずなのに、...

30代から始める身体の再起動!

普段、全く動かないようなライフスタイルを送っている30代の方が最低限やるべき筋トレ方法を紹介しました。

定期的に筋トレすることで、脳にも良い刺激が伝わりストレス解消にも効果があります。見た目を変えたいという目的以前に筋力を維持しようぜってことですね!

注意点は筋トレをして筋肉痛になったら、しっかりと痛みが引くまで同じ部位を鍛えないこと。筋肉が完全に回復するまでは筋トレしないようにしましょう。

定期的に身体のメンテナンスをして健康な生活を目指しましょう。

身体を鍛えることで心の病が良くなるって知ってました?

【爽快】HIITトレーニングで人生を好転させる!ネガティブ感解消 この記事はこういった人に向けて書いています。 僕は2日に1回の頻度でHIITトレーニングを行うようになって、精神的にポジティブ...