Work

【成長】ライターとしてスキルアップする行動リスト!文章力の鍛え方

ライターとして仕事をしていく中で、いまいち自分の文章に自信が持てない方も多いのではないでしょうか?

文章力を鍛えたいと思っているものの、具体的にどんな行動がスキルアップになるのか分からないという方も少なくないはず。

本記事ではライターとしてスキルアップするための行動リストをまとめました。

僕はライター経験3年以上で、現在は文字単価平均3円ほどで仕事をしています。そんな背景の僕が、過去を振り返った時にスキルアップに繋がったと感じた行動を紹介していきます。

ライターとしてスキルアップする6つの行動リスト

それでは早速ライターとしてスキルアップするための行動リストを見ていきましょう。

ライターとしてスキルアップしたいなら

  1. 様々な案件をこなして場数を踏む
  2. 納期が近い案件を受注してスピードアップ
  3. 限界突破するために想定外の量をこなす
  4. インプットとアウトプットの質にこだわる
  5. 意識的に誰かの真似をしてみる
  6. 疑問をすぐに解決するクセをつける

という6つの行動が大切かなと。

様々な案件をこなして場数を踏む

ライターとしてスキルアップしたいなら、まずはいろんなクライアントと仕事をするのがおすすめです。

複数のクライアントと仕事をすることで、あなた自身の視野が広がり結果的にスキルアップできます。

クライアントによって求められる文体や書き方は異なります。

  • ですます調
  • ひらがな多め
  • 会話っぽく
  • リストの多様
  • 文字装飾の多様

上記はあくまで一例ですが、様々な案件をこなすことであなたができることが格段に広がります。

失敗や挫折の先にスキルアップがあります

ライターとして成長したいなら、失敗や挫折をさけてはいけません。

失敗から学べることは沢山あり、次の成長に繋がるキッカケになるからですね。

僕も過去に何度も失敗してきました。

  • クレカのクライアントにダメ出しされまくる
  • 記事のテイストが違い過ぎてフェードアウトされる
  • たった1記事の失敗で大事なクライアントに切られる

当時はめちゃくちゃヘコミましたが、とは言えこの経験があったからこそ今の僕があります。

まずは失敗を恐れずに場数を踏みまくること。
これはスキルアップするために最も大事なことかもしれません。

納期が近い案件を受注してスピードアップ

納期が近い案件を受注するのもスキルアップできるのでおすすめです。

短い納期の仕事をすることは、無駄な思考や行動を排除するキッカケになります。物理的に時間のない案件は高い集中力が求められるからですね。

  • 納期が長い案件:明日でいいかな
  • 納期が短い案件:今やんないとヤバイ

上記のように納期が短いと精神的に追い込まれるので、自分では想像できなかった速さで仕事を完了させることもできるでしょう。

あまり無理するのは良くないですが、時には自分のコンフォートゾーンから飛び出すことがスキルアップになると感じます。

限界突破するために想定外の量をこなす

自分が限界と思っている仕事量よりも沢山の仕事をこなすことでスキルアップできます。

ほとんどの人が「これくらいしかできないだろう」と自分で限界を決めてしまいますが、人間追い込まれた時こそ真価を発揮するものです。

自分で限界を決めるのはNGすぎる話

ライターって1人で黙々と仕事してるので、他者と比較しにくいですよね。

この時、自分で自分の限界を決めてしまうと、ライバルよりも低スペックなライターになってしまうリスクがあります。

  • あなた:1日1記事が限界だよな
  • ライバルA:1日5記事は絶対書く

上記は極端な例かもしれませんが、とは言え世の中には凄まじい量の仕事ができるライターもいるものです。

不可能と思える環境に身を置いておくと、人間は自然とスキルアップします。

居心地の悪い場所にあえて自ら飛び込むことで、過去を振り返った時に「あぁ自分普通に成長してたんだな」と気がつくことができるでしょう。

インプットとアウトプットの質にこだわる

質の良い記事を書けるようになりたいなら、インプットとアウトプットの質にこだわりましょう。

ライターは何かしらの情報をもとに、クライアントが想定するペルソナに対して最も分かりやすい文章を書く必要があります。

例えばあなた自身が記事テーマに対して中途半端な知識しか持っていなければ、読者にも中途半端な情報しか伝えられません。

インプットする情報の質=アウトプットの質

上記の法則が崩れることはないので、しっかり理解してから記事にすることが大切です。

読書を日常に取り入れると良い話

読書は網羅的に知識をインプットできるおすすめの方法ですが、ライターにとって他のメリットもあります。

それは言葉のストックを作れること。

本の中には、今まであなたが使ったことのない言い回しや表現方法が散りばめられているはずです。

つまり読書をすることで良質な情報をインプットするだけでなく、新しい表現方法もインプットできるということ。

本から得られた情報をもとに記事としてアウトプットすることができれば、スキルアップしやすいと言えるでしょう。

読書のインプットとアウトプットを効果的に行う方法【試す価値あり】 この記事はこういった人に向けて書いています。 自己啓発書やビジネス書を読む目的は、インプットとアウトプットから自身の成長に繋げ...

意識的に誰かの真似をしてみる

誰かが書いた記事を真似ることはスキルアップに効果的です。

  • 分かりやすい記事
  • 個性的な記事
  • 硬い文章の記事

など、今のあなたにない記事を真似て書いてみると、新しい発見がありますよ。

ライターとして成長していきたいなら、他者の記事を読むだけでなく「なんでこういう構成にしてるのかな?」と考えつつコピーするのもおすすめです。

まずは人気メディアの記事を真似て書いてみよう

どの記事を真似るかは個人の自由ですが、どうせなら検索上位に表示されるメディアを真似るのがおすすめです。

どちらかというと、あなたが目指す記事を見つけるのではなく、検索上位に表示される記事を書けるようになった方がライターとして価値がありますよね。

複数のレパートリーを持てるとグッド

当然ですが、1つの記事を真似るよりも複数の記事を真似て書いてみる方が経験値が貯まります。

柔軟で対応力のあるライターになれれば、仕事の幅はかなり大きくなるはずです。

人気メディアや検索上位に表示される記事を真似て、自分の血肉として活用できることを目指しましょう。

疑問をすぐに解決するクセをつける

最後は、分からないことをそのままにしないことです。

記事テーマに関して、分からない単語や専門用語が出てきた時、そのままにして記事を書いてしまうと質の低い記事になりやすいですね。

疑問はその場で解消して「分かった上で書く」を徹底すると、ライターとしてスキルアップできますよ。

ググり方はライターにとって大事なスキルです

検索スキルはライターにとって1つの武器になります。

的確な情報を迅速に引き出すには、検索キーワードの選び方はとても大事になってきますね。

Googleは検索キーワードに対して最適な情報を提示するようにできています。

  • 青汁 評判 悪い:評判の悪い情報が出る
  • 青汁 ダイエット:青汁で痩せる方法が出る
  • 青汁 効果なし:効果がないという情報が出る

上記のようにあなたがどんなキーワードで検索するかによって、同じ商品でも全く異なる情報が出るということ。

あなたの疑問点を明確にして検索できるようになれば、その分正しい情報を書けるようになるはずです。

疑問点を迅速に解決する検索スキルを身につけると、ライターとしてのスキルアップにもありますね。

ライターとしてスキルアップしたいなら実践しつつ学びましょう

結論、ライターとしてスキルアップしたいなら、勉強ではなく実践しつつ学んでいくのが良いかなと。

常に実践を優先していけば、経験値が貯まり自然とスキルアップしていくものです。

いろんなクライアントや案件に触れつつ、新たなノウハウをインプットしてスキルアップに繋げていきましょう。

【徹底解説】稼げないライターに試してほしい実践的ノウハウまとめ!太郎(@motekispace)です。 ライター、ブログ、輸入物販をしつつ海外ノマドをしています。 今回はライターで稼げないと悩んで...